BEAUTY

小鼻の黒ずみはなぜできるの?黒ずみの原因とおすすめケア

「イチゴ鼻をなんとかしたい」と思っている人はいませんか?ポツポツと黒ずみが残る鼻だと、素顔にあまり自信を持てませんよね。小鼻の黒ずみができる原因と対策、おすすめアイテムをご紹介します。黒ずみを自宅でケアして、自信の持てる肌になりましょう。

 

小鼻の黒ずみの原因は?

考える女性

小鼻の黒ずみは、いつの間にかできていることも多いですよね。小鼻の黒ずみの主な原因を4つご紹介します。

■汚れ
皮脂や古い角質の汚れが毛穴につまって、黒くなっている状態です。洗顔で落としきれない汚れがある場合、毛穴の黒ずみが起こります。またメイクを落としきれていない場合も、毛穴がつまる原因となるので気をつけましょう。とくにメイクを落とさずに寝てしまうと、毛穴づまりの原因になりやすいのでご注意ください。

■毛穴の広がり
乾燥肌の人は、肌がうるおいを保つために過剰に皮膚を分泌します。そのため皮脂が毛穴につまり、毛穴が広がります。乾燥肌の人は、とくにしっかり保湿を行いましょう。

■メラニンの蓄積
毛穴に汚れがつまっていなくても、メラニンが蓄積することで毛穴が黒く見えることがあります。メラニンは、紫外線を受けたり、洗顔をしすぎたりすることで蓄積されます。

■過剰な皮脂分泌
過剰に皮脂が分泌されるオイリー肌の人は、小鼻が黒ずみやすいです。どんどん皮脂が分泌されるため、皮脂が古い角質と混ざって毛穴がつまります。

オイリー肌の人は、メイク直しのときに、余分な皮脂をティッシュオフしましょう。あぶらとり紙は、肌に必要な皮脂まで取りのぞきます。そのため肌がうるおいを保とうとし、さらに過剰に皮脂を分泌する傾向があるのでご注意ください。

 

小鼻の黒ずみの対策法

綿棒

保湿や紫外線カットのほかにできる、小鼻の黒ずみケア方法をご紹介します。

■綿棒とオイルで汚れを除去する
綿棒とオイルで、簡単に黒ずみを除去する方法です。経済的で肌に優しいので、気軽にお試しください。やり方は、洗顔後に綿棒にベビーオイルをたっぷりふくませ、小鼻周辺にくるくる当てるだけ。綿棒で強く摩擦すると肌を傷めるので、ゴシゴシとこすらないように気をつけましょう。

オイルで小鼻の黒ずみをケアした後は、オイルが肌に残らないように洗顔を行います。洗顔後は冷たい水で肌を引き締め、しっかりと保湿してください。

■ピーリング効果のある洗顔料を使う
酵素洗顔などの、ピーリング効果のある洗顔料を使うことでも、小鼻の黒ずみ対策ができます。ただし肌への負担を減らすために、使用頻度は多くても週に1回までがおすすめです。使用しすぎると、肌のくすみや毛穴の広がりの原因となるので、気をつけましょう。

■毛穴パックを使う
はがすタイプや、塗って洗い流すタイプのパックで小鼻の黒ずみを除去します。ただし、はがすタイプは肌への負担が大きいので、月に1~2度程度のケアにとどめましょう。頻繁にパックをすると、肌を傷め、毛穴の広がりがひどくなることがあるのでご注意ください。

 

小鼻の黒ずみにおすすめのアイテム5選

小鼻の黒ずみケアにおすすめのアイテムをご紹介します。ぜひ、小鼻ケアの参考にしてみてくださいね。

■スイサイ ビューティクリアパウダーウォッシュ
小鼻の黒ずみや角栓を除去し、肌の透明感を引き出す酵素洗顔。1回ずつパック入りになっているので、使いやすいのがポイントです。

酵素洗顔は洗浄力が強い分、ゴシゴシ洗うと肌への刺激が強くなるので、しっかり泡立てて優しく洗いましょう。

■Dr.ハウシュカ クラリファイングクレイマスク
毛穴につまった汚れを除去し、透明感のある肌に仕上げてくれる、洗い流すタイプのパックです。中身は粉になっているので、水で溶かしてペースト状にして使います。パックの後は肌がしっとりし、顔色が明るく見えます。

Dr.ハウシュカ クラリファイングクレイマスク

¥5,184

販売サイトをチェック

■モナール VC リセットフェイスウォッシュ
泡立たないタイプのクレイ洗顔です。小鼻をマッサージしながらなじませることによって、小鼻の黒ずみケアにもなります。ピーリング剤を使用していないので、肌を傷める心配もありません。

モナール VC リセットフェイスウォッシュ

¥4,104

販売サイトをチェック

■ウエルネスボーテ ゴールドゲルパック
顔全体に塗ってはがすタイプのパック。小鼻専用パックよりも低刺激ですが、産毛はしっかりと取れます。ヒアルロン酸やコラーゲンなど、10種類もの美容成分が含まれているパックです。

■ビオレ 毛穴すっきりパック 鼻用 白色タイプ
貼ってはがすタイプの、ロングセラーの毛穴パック。はがした後にシートに角栓がプツプツついているのが確認できます。「毛穴の黒ずみを退治した!」という達成感を感じられるでしょう。

肌へのダメージを最小限に抑えるために、シートをはがした後は、冷水で小鼻を引き締めましょう。その後、すぐにしっかりと保湿してください。


小鼻の黒ずみができる原因と対策、おすすめアイテムをご紹介しました。黒ずみ対策には、正しい洗顔で汚れを落とすことと、保湿することが大切です。ピーリング剤入りの洗顔料や、はがすタイプのパックも効果的ですが、使いすぎると肌を傷めるのでご注意ください。