BEAUTY

乳トレでバストアップ!<必見>理想の胸を作るやり方5つとポイント

ボリュームがある上を向いた美乳を手に入れたいと思っている女性は多いはず。乳トレをすると、大人でも理想のバストを目指せます。ここでは、美乳の条件や乳トレのやり方をご紹介します。

 

美乳の条件とは?

ふっくらとした上向きのおわん型バストは多くの人にとって憧れの的。しかし、実際は胸が垂れていたり、形が崩れていたりする人も少なくありません。まずは、美乳の条件を見ていきましょう。

■美乳の黄金比率
左右のバストトップと鎖骨の中心のくぼみを結んだ時に、正三角形ができるバストは美しいです。一方、両方のバストトップを結ぶ線と比べて、鎖骨の中心からバストトップまでの線が長い場合は、胸が垂れていると考えられます。

また、両方のバストトップを結ぶ線(底辺)が長い二等辺三角形ができる場合は、谷間ができにくい離れ乳です。

■バストトップの高さ
肩から肘までを結ぶ線の1/2の点にバストトップがある胸はハリがあり、上を向いています。その一方で、肩と肘を結ぶ線の1/2よりも下の位置にバストトップがある人は、胸が垂れている可能性が高いです。

■バージスラインがくっきりとしている
バージスラインは胸と胴の境目。バージスラインがくっきりとしている場合は、女性らしい美乳に見えます。反対に、脂肪がお腹や脇に流れてバージスラインがぼんやりとしていると、ブラジャーを取った時にボリュームが出にくく、バストが美しく見えません。

 

バストの構造をチェック!

美乳を目指している人は、まずバストの構造をチェックしておきましょう。

■バストの大部分は脂肪と乳腺
バストの約9割を構成しているのは脂肪です。脂肪は母乳を出すための乳腺の周りを囲むように付くため、乳腺が発達している人は胸がふっくらとしている傾向にあります。

■胸を支えるクーパー靭帯
バストを支える役割を持っているのは、クーパー靭帯と呼ばれる組織。胸を吊り上げて下垂を防いだり、胸の丸みをキープしたりしています。

クーパー靭帯はある程度の伸縮性を持っていますが、ゴムのように伸び縮みをすることはありません。そのため、バストが揺れると、クーパー靭帯が伸びたり、切れたりして胸が垂れやすくなります。

■バストの土台となる大胸筋
バストの下にある大胸筋は胸を支える土台です。大胸筋が衰えたり、凝ったりすると、胸が支えられなくなって下垂したり、胸の厚みが減ったりします。

 

大人でもバストアップはできる?

胸にコンプレックスを持つ女性は多いはず。特に、貧乳や垂れ乳の人はバストに関する悩みを解消し、上を向いたふっくらバストを手に入れたいと考えているでしょう。

ところが、「大人だからバストアップできない」「遺伝だから仕方ない」などと諦めている人も珍しくありません。成長期を過ぎた大人はバストアップできないのでしょうか。

■バストの形や大きさは生活習慣と関係している!
バストの形や大きさはある程度遺伝で決まりますが、生活習慣も大きく関係しています。そのため、「遺伝だからバストアップできない」と諦めている人も努力をすれば、美乳を手に入れられる可能性があります。

■現代人はバストに悪影響な生活を送りがち
最近は、猫背や運動不足の影響で血液やリンパの流れが悪くなり、乳腺や大胸筋に悪影響が及んでいる人が多いです。そのため、乳トレで血行やリンパの循環を促したり、大胸筋をほぐしたりすると、大人でもバストアップを目指せます。

 

乳トレのやり方【1】大胸筋を育てる乳トレ

大胸筋を育てる乳トレ

乳トレは「おっぱい番長」と呼ばれる経路整体師・朝井麗華さんが考案した胸のためのトレーニング。「理想の美胸が手に入る」「大人でも育乳できる」とブログやSNSで話題です。

乳トレで大胸筋を育てると、胸を支える力がアップし、バストの下垂を予防できます。また、大胸筋の筋力がアップすれば、血行やリンパの流れも良くなるため、胸を構成する細胞に栄養素や酸素が運ばれ、ふっくらバストにも近づけます。

■大胸筋を刺激する乳トレのやり方
1.右バストを右手で下から支える
2.左手の親指以外を使い、胸の上部を内側から外側にクルクルとさする
3.反対側も同じように行う

「イタ気持ちいい」と感じる程度の強さで、左右それぞれの胸を30秒間ずつマッサージしましょう。

 

乳トレのやり方【2】胸の柔らかさを取り戻す肋骨ほぐし

乳トレを行う女性

ふんわりと柔らかいバストは女性からも男性からも憧れられます。胸が硬くなってしまった人は、柔らかさを取り戻す乳トレに挑戦してみましょう。

■肋骨ほぐしのやり方
1.左手を右胸の脇側に添える
2.右手をグーにして右脇からバストトップに向けて胸を寄せる
3.もう一度同じようにする

左右それぞれ30回ずつ行うと、ふんわりとした柔らかいバストになり、彼氏からも喜んでもらえるでしょう。

 

乳トレのやり方【3】谷間を作る乳トレ

女性のバスト

離れ乳の人や貧乳の人は谷間ができにくいです。胸を寄せる乳トレで理想のバストを目指しましょう。

■谷間を作る乳トレのやり方
1.両手でグーを作り、脇の下とバストの境目に当てる
2.外側から内側に向かって力を入れ、胸を寄せる
3.脇下、バスト上部、バスト下部に分けて10回ずつ行う
4.手を開き、胸を横から支えて中央に寄せる
5.30秒間キープ

胸の脂肪は脇や背中の方向に向かって流れやすいので、しっかりと力を入れて脂肪を集めるのが美乳に近づくためのポイントです。

 

乳トレのやり方【4】大胸筋をほぐす乳トレ

乳トレを行う女性のバスト

最近は、スマホやPCの使用で気づかない間に猫背になっている人が多いです。猫背になると、大胸筋などの筋肉が凝り固まり、胸に栄養が届きにくくなるので、大胸筋をほぐす乳トレを行いましょう。

■大胸筋をほぐす乳トレのやり方
1.左手で右胸のバストトップから胸の上部を押す
2.ブラジャーのベルトが当たる部分を押す

1か所につき3秒程度の時間をかけ、1と2それぞれで30か所程度押しましょう。大胸筋まで届くようにグッと押すのがコツです。

 

乳トレのやり方【5】胸を引き上げる乳トレ

寝転ぶ女性

年齢を重ねると、大胸筋の筋力が低下したり、クーパー靭帯が弱くなったりして胸が垂れてきます。垂れ乳が気になり始めたら、胸を引き上げる乳トレに挑戦してみましょう。

■胸を引き上げる乳トレのやり方
1.仰向けに寝転び、両手のひらを鼠径部に当てる
2.鼠径部からお腹や胸を通り、鎖骨まで脂肪を引き上げる
3.脇から胸に向かって脂肪を集める

片胸につき、それぞれ10回ずつ行いましょう。流れた脂肪を元に戻すイメージで乳トレしてください。

 

乳トレの効果を高めるポイント

女性のバスト

乳トレの効果を高めたい人は次のポイントを押さえておきましょう。

■タイミング
乳トレはお風呂上りやバスタイムなど体が温まったタイミングで行うのがおすすめ。体が温まっている時は血行が促進されているので、効果が表れやすいです。

■バストアップクリームを使う
乳トレを行う場合は、肌の滑りをよくするためにクリームやオイルを塗っておきましょう。イソフラボンやプエラリア、ボルフィリンなどが含まれたバストアップクリームを使うと、効率的に美乳を目指せます。

■5分以上かけるのがベスト
乳トレは一日5分以上かけるのがベストです。ただし、継続することが大切なので、忙しい人は無理のない範囲で行いましょう。

 

乳トレ以外にも実践したい!美胸の作り方

 

乳トレ以外でできる美胸の作り方【1】ナイトブラを使う

睡眠中は重力や寝がえりの影響で胸の脂肪が脇や背中に流れたり、クーパー靭帯がダメージを受けたりしやすいです。バストアップしたい人や胸の下垂を予防したい人は、ナイトブラを使用してバストを守りましょう。

ナイトブラは睡眠中の重力や動きからしっかりと胸を守る働きがあり、昼用のブラジャーと比べて着け心地も良いです。

 

乳トレ以外でできる美胸の作り方【2】生活習慣の見直し

生活習慣はバストの形や大きさに大きな影響を与えます。理想のバストを手に入れたい人は、乳トレに加えて生活習慣も見直しましょう。

■美胸を作る生活習慣
・睡眠時間を確保する
・栄養バランスの整った食事を摂る
・ストレスを発散する
・適度な運動を行う
・胸に合ったブラジャーを着ける


ふっくらとしたボリュームのある上向きバストは、女性からも男性からも憧れの的。理想の胸を手に入れたい人は、乳トレに挑戦してみましょう。コツコツと乳トレを続けていると、成長期が済んだ大人でもバストアップを目指せます。