BEAUTY

股関節が柔軟だとメリットたくさん!今日からできるストレッチなど

股関節は硬いと痩せにくかったりと、ダイエットなどにも関係している重要な関節であることをご存知でしたか?そこで今回は、股関節が硬いとどういう影響があるのか、また簡単なストレッチや股関節の柔軟性を高める便利グッズをご紹介します。

 

股関節が柔軟であるメリットは?

股関節が柔軟であるメリットは?

まず、股関節とはどういう役割を果たしてくれているのでしょうか。

股関節は、人体の中で一番大きな関節で、両足の付け根にあり、骨盤と大腿骨をつなぐ関節にあたります。
日常の基本的な動作の中心にある大変重要な関節で、他の関節と比べ、色んな方向に動かすことができる分、故障してしまうと大きな影響を及ぼしてしまう関節です。

では、股関節が柔軟だとどういったメリットがあるのでしょうか。

股関節が硬くなっていると代謝を上げるための筋肉も硬くなるため、下半身まわりに老廃物が溜まり、脂肪がつきやすくなってしまいます。
ですので、股関節が柔らかいことで、多くの女性が悩む下半身太りに効果があるといえるでしょう。

また、血行やリンパの流れが良くなることで、体の代謝がアップして、ホルモンのバランスも正常になっていきます。

 

股関節が硬いことによるデメリットは?

股関節が硬いことによるデメリットは?

股関節が硬いことで血流やリンパの流れが悪くなります。
その影響で、老廃物が正常に出ずに溜まってしまうので、むくみやすく、代謝も悪くなり、太りやすくて痩せづらい体になってしまいます。

また、体に歪みが出ることで、下半身だけでなく、様々なところに脂肪がつきやすくなる原因となります。
重い物を持つような力仕事が難しくなり、爪切りや靴下を履くなどの日常生活のちょっとした動作が辛くなるといった症状も出てきます。さらには、長時間の歩行が困難になってしまうことも……。

股関節の動きが悪くなると、股関節を補うために腰に負担がかかるようになります。すると今度は、腰痛などを引き起こしてしまうこともあるのです。

 

股関節の柔軟に効くストレッチとは?

 

股関節の柔軟ストレッチ【1】ニーアップ(もも上げ運動)

股関節の柔軟ストレッチ ニーアップ(もも上げ運動)

お家で実践できる股関節を柔らかくする方法をご紹介したいと思います。

まずはじめにご紹介するのは、ニーアップと呼ばれる方法。インナーマッスル(腸腰筋)から太ももの筋肉まで、下半身全体の筋肉を伸ばすストレッチです。
家で寝ながら取り組めるので、お風呂上がりや寝る前などのちょっとした時間で取り組むことができます。

<ニーアップ(もも上げ運動)>
1. ストレッチマットやベッドなど柔らかい素材の上に仰向けで寝っ転がる
2. 右足の膝を胸に近づける
3. 2の時、両手で右足の膝を支える
4. ゆっくりと右足の膝を胸に近づけていく
5. 限界まで近づけたら20秒キープする
6. 元に戻し、左足も同様に行う

上半身はリラックスさせた状態で取り組むと無駄なところに力を使わず、より股関節に注力できるのでおすすめです。
また、時間の目安としては、左右20秒ずつ行うようにしましょう。

 

股関節の柔軟ストレッチ【2】腸腰筋と太もものストレッチ

股関節の柔軟ストレッチ 腸腰筋と太もものストレッチ

次は、股関節のインナーマッスルから太もも前部の筋肉を効果的に伸ばすことができるストレッチです。
椅子2脚、またはフラットベンチやベッドなど高さのあるアイテムがあればどこでも行えるので、お家でも気軽に取り組めるでしょう。

<腸腰筋と太もものストレッチ>
1. ベッドや椅子2脚など、高さのある物から50cmほど離れて立つ
2. 1の時、椅子を左に見た状態で直立する
3. 左足を椅子に寝かせるように置く
4. 右足を少しずつ前に踏み出していく
5. その後、ゆっくりと体を下げて、20秒間キープ
6. ゆっくりと元に戻し、右足も同様に行う

腸腰筋と太もものストレッチの目安は、左右20秒ずつです。

効果的にストレッチするポイントは、背中をまっすぐキープさせた状態で取り組むこと。
背中を後ろに反ってしまうと、腸腰筋を過度に刺激し、損傷させてしまう恐れがあります。
適度にストレッチさせるために、背筋はまっすぐ伸ばした状態で取り組むようにしましょう。

 

股関節の柔軟性を高める便利グッズとは?

 

股関節の柔軟性を高める便利グッズ【1】株式会社LPN ストレッチポール

ストレッチポールとは、ストレッチをサポートしてくれる耐久性に優れた素材を使用した太い筒状のポールのことです。
株式会社LPNという会社が商標登録しているストレッチグッズで、アスリートの間でも使用されているグッズになります。

ストレッチポールの魅力は、簡単にストレッチができること。
ストレッチポールの上に寝て、腕や足の位置を少し変えるだけで、ストレッチされる部位を自由に変えられます。
仰向けやうつ伏せ、座位などのさまざまな姿勢でストレッチを行えるので、使い方を自在にアレンジできるところも魅力です。

株式会社LPN ストレッチポール

¥9,180

販売サイトをチェック
 

股関節の柔軟性を高める便利グッズ【2】Chacott(チャコット) ダンスバンド

バレエに関する商品を中心に発売しているChacott(チャコット)のダンスバンドは、股関節のストレッチに効果的なアイテムです。
フェルトのようなふわっとした素材で覆われているので、手足になじみやすく、小さくまとめて保管してもくっついたりしないので扱いやすいです。

また、手を使わず足だけでストレッチすることができるので、上半身は別のことをしながらストレッチができる万能アイテムです。

Chacott(チャコット) ダンスバンド

¥4,173

販売サイトをチェック
 

股関節の柔軟性を高める便利グッズ【3】ALINCO(アルインコ) レッグストレッチャー

1人で股関節を開くストレッチができるアイテムとしてレッグストレッチャーもあります。
使い方は、左右の棒の先端に足をかけて、真ん中の持ち手を手前に引っ張るだけ。1人でも簡単にストレッチできますね。

中心の引っ張る部分を支点に可動するので、引っ張ればその分だけ開脚の角度が開いていくという仕組みになっています。
使わないときは折り畳んだ状態でしまっておけますので、場所を取る心配もありませんね。


ーーーーーーーーーー
◆ALINCO(アルインコ) レッグストレッチャー
定価:3,880円(税抜)
ーーーーーーーーーー


股関節を柔らかくすることで、体全体に良い影響を与えてくれることはお分かりいただけましたでしょうか。ダイエットをしてもなかなか痩せられない方は、実は股関節に原因があるかもしれません。今回ご紹介したストレッチやストレッチアイテムで股関節を柔軟にして、お悩みを解消していきましょう!