LIFE STYLE

諦めた方がいいかも!?男性から届く"脈なしLINE"の特徴とは

気になる男性とLINEをしていると「脈ありかも」と思って嬉しくなりますよね。しかし、LINEが続いていても内容次第では「脈なし」の可能性もあります。男性から届く、脈なしLINEとはどのようなものなのでしょうか?

 

脈無しLINEを返す男性心理【1】友達だと思っている

友達

「脈が無いのなら、期待を持たないようにいっそ返信してくれない方がいい!」と感じる人もいるでしょう。しかし、相手としては友達としてあなたとの関係を良好に保ちたいため、無視まではできない、と考えているのかもしれません。このような場合、こちらがLINEを送れば、返信までに多少時間がかかったり、そっけない内容だったりしても、関係を壊さないように返信だけはしてくれます。

友達だと感じてくれているというケースなら、嫌われているわけではないので、脈ありに変えることに希望は持てますよ。

 

脈無しLINEを返す男性心理【2】LINEが好きではない

スマホ

あなたのことが好きではないからではなく、LINE自体が好きではないため、なかなか返信をしなかったり、スタンプで終わらせてしまったり、という男性もいます。そのような場合は好意を持っている女性に対しても、一見脈が無いような返信になります。

実際に会って会話をするときは盛り上がる、電話では話題が尽きない、という場合はLINEが苦手な男性なのかもしれません。LINEでそっけないからと言って失望する必要はないでしょう。
 

 

脈無しLINEを返す男性心理【3】LINEの回数が多過ぎる

LINE

時々LINEでやり取りをするのは良くても、一日に何通もLINEが来ると対応を面倒に感じてしまう場合もあります。特に何か用事があるわけでもないのに送られてきたLINEは、リアクションに困ってしまい、短文やスタンプだけになっていたり、返信が遅れたり、ということが考えられます。

LINEを送る頻度が高かったり、用事が無いのにLINEを送ったりしている場合は、頻度を低くして用事があるときだけ送るようにしてみましょう。

 

脈無しLINEを返す男性心理【4】話題に興味がない

うんざりした男性

LINEでの話題が、相手の興味のないことだったり、よく知らない内容だったりすると、返信のしようが無くて短文で終わってしまうこともあるでしょう。特に自分の話ばかりをしがちな人は注意しましょう。リアクションがよくない場合は、相手が興味を持っていそうな話題に変えたり、相手の話を聞くように質問をしてみるとよいですね。

 

男性からの脈なしLINE【1】質問がない

気になる相手のことをもっと知りたいと思う気持ちは男性も女性も一緒。私たちが気になる相手にいろんな質問をするように、男性も気になっている人にはいろんなことを聞きたいと思っています。
そのため、LINEでいろんな質問が送られてくるときは脈ありと判断してOK。

「やっと仕事が終わって今から帰るよ。そっちは何をしているの?」などとLINEが来たら頑張って自分の魅力をアピールしていきましょう。

その一方で、男性から自分のことを質問されないときは脈なしの可能性があります。こちらからいろんな質問をしても、相手が自分について質問してくれないときは興味がないと思われているのかもしれません。

 

男性からの脈なしLINE【2】スタンプが少ない・多い

スタンプや絵文字、顔文字を使わない男性は少なくありません。しかし、相手のことが気になっているときは相手にLINEを楽しんでもらおうと頑張ってスタンプを使う男性が多いです。そのため、男性からほとんどスタンプが送られてこないときは脈なしの可能性を考えておくと良いでしょう。

その一方で、どうでも良い相手とのLINEはスタンプで適当に返事をするという男性も多いです。どんなに会話を広げようとしてもスタンプで返信が送られてくる場合は相手がLINEを面倒だと思っているのかもしれません。

スタンプで脈ありか脈なしかを判断したいときはグループLINEで様子を見てみるのがおすすめ。グループLINEと比べて極端にスタンプが多用されていたり、使われていなかったりする場合は脈なしの可能性があると言えるでしょう。

 

男性からの脈なしLINE【3】返信が素っ気ない

「LINEを送ると必ず返信が来るから脈ありかも」と思っている人は一度返信の内容を考えてみましょう。

例えば、「休日は何をした?」とLINEした時に、「友達とサッカー観戦に行ったよ。楽しかった」と返ってきたときは安心。このような話を広げやすい返信はあなたとのLINEを楽しんでいるサインだと考えて良いでしょう。

その一方で、「友達と遊んだ」などと素っ気ない返信しか来ない場合は脈なしかもしれません。LINEが面倒で簡単に返信を済ませていたり、自分のことを知られないように当たり障りのない内容を返信していたりする可能性が高いです。

 

男性からの脈なしLINE【4】いつも自分からメッセージを送る

気になっている男性とのLINEが盛り上がっても、話が途切れるとしばらくはメッセージのやり取りがなくなりますよね。脈ありか脈なしかを判断できるのはLINEが途切れた後。翌日に相手から「昨日は楽しかったね、そういえば……」とメッセージが届けば脈ありと考えて良いでしょう。彼はあなたとのLINEを楽しみ、もっと二人でLINEしたいと思っています。

反対に、数日経っても彼からLINEが来ないときは注意が必要。自分からメッセージを送ると返事をしてくれても、相手から連絡が来ないときはあなたに興味を持っていない可能性が高いです。

特に、いつもLINEのやり取りが自分から始まるという人は脈なしと判断できます。相手は返信をしてくれても、面倒に感じていたり、暇つぶしだったりすることが多いでしょう。

 

男性からの脈なしLINE【5】ほかの男性の話題が多い

多くの男性は独占欲が強いと言われています。そのため、好きな相手には自分の友達などほかの男性の話をしたがらない人が多いです。

LINE中に相手が何度も男友達の良いところを話してきたり、会社の同僚について教えてくれたりするときは男性があなたに独占欲を持っていないサイン。友達や同僚の話をして自分のことから話題を逸らそうと考えられていることもあるので、しつこくLINEを送らずに身を引いた方が良いかもしれません。

ただし、男性によっては信頼していない相手に自分の大切な友達や同僚のことを話したがらない人もいます。他の男性の話をされたらすぐに脈なしと判断するのではなく、それ以外のLINEの内容も考えて脈ありか脈なしかを判断してくださいね。

 

男性からの脈なしLINE【6】会話を終わらせる返信ばかり

「なるほど」「わかった」「そうなんだ」などと一言で会話を終わらせる返信ばかりが送られてくる場合も脈なしかもしれません。

男性にとって、どうでも良い相手とのLINEは面倒。「楽しくないけれど、相手のことを傷つけると申し訳ないから一応返信をしておこう」というときに一言で会話が終わる返信を送る人は多いです。

また、「今からお風呂」「そろそろ寝る」などとさりげなくLINEを終わらせようとする返信が重なるときも脈なしのサインです。本当にお風呂に入ったり、寝たりすることもありますが、そのような返信ばかりが続くときは彼にとってあなたとのLINEは楽しくないと考えられるでしょう。

 

男性からの脈なしLINE【7】さりげなくデートを断る

二人きりで会うことをさりげなく避けられている場合も脈なしと判断できます。

例えば「おいしいレストランを見つけたから今度、食べに行こうよ」とLINEを送った時に彼から「みんなで行こうね」と返信が来たら脈なしの可能性が高いでしょう。脈ありであれば、二人きりで食事に行ってくれます。

また、二人で会おうと提案すると予定が立て込んでいると断り続けられる時も脈なしでしょう。大きなプロジェクトを任されているときなどは本当に予定が詰まっていることもありますが、脈ありであれば、時間が空いた時にデートしてくれます。いつも予定が合わないと断られている場合は二人きりで会うのが嫌だと考えているのでしょう。

 

男性からの脈なしLINE【8】既読スルーや未読無視

そもそも、男性からLINEが来ない場合は脈なしと判断して身を引くのがおすすめです。LINEを送っても数日間未読無視されたり、既読がついたのに返信が来なかったりするときは男性にとってあなたとのLINEは憂鬱だったり、面倒だったりするのかもしれません。

また、既読スルーや未読無視をされた後に謝ってこないときも脈なしと判断できます。男性にとって大切な相手であれば、仕事が忙しかったり、やることが多かったりして返信が遅れても悪い印象を与えないように丁寧に謝ります。

しかし、どうでも良いと思っている相手には返信が遅れても罪悪感が起きないので、謝らずに簡単なメッセージを送ることが多いです。

 

脈なし男性を振り返らせる方法【1】彼の情報を集める

スマホ

LINEの話題に相手が興味を持てないため、そっけない返信になっている可能性があります。そのため、まずは彼の趣味や好きなことをさりげなく彼から聞き出してみましょう。LINEでその話題を持ち出すと、彼の反応がよくなるかもしれませんよ。もし、自分と好きなものが共通している場合は、それを伝えると彼が親近感を持ってくれて、二人の仲が進展するきっかけにもなるでしょう。

 

脈なし男性を振り返らせる方法【2】短文で送る

スマホを持つ女性

長文のLINEが送られてくると、読むのが面倒だったり、返信にも長文が要求されるようなプレッシャーを感じてしまったりしまいます。短文に留めておくと、彼も気軽に返信しやすくなり、LINEでの会話も盛り上がるようになるかもしれませんよ。

恋の駆け引きとしてはすぐに返信をしなかったり既読を付けなかったり、というテクニックも耳にしますが、彼のLINEの反応がよくない場合は、リアルタイムの会話を楽しむような感覚にするため、できるだけテンポよく返信をすることをおすすめします。

 

脈なし男性を振り返らせる方法【3】彼の使う絵文字やスタンプを真似する

スマホ

心理学上、相手が自分と同じ仕草や表情、言動をすると、その相手に対して好意を抱きやすいと言われています。これを「ミラー効果」または「ミラーリング」と言います。これをLINEでも応用して、彼がよく使う絵文字やスタンプ、口癖や彼独特の表現があれば、自分の返信にも取り入れてみましょう。彼との距離が知らず知らずのうちに近づくかもしれませんよ。


今回紹介したLINEのうち、3個以上に当てはまったら「脈なし」の可能性が高いでしょう。脈なしとわかったら、彼のことは諦めて次の恋を探してみるのも良いかもしれませんよ。