BEAUTY

香水の種類と特徴が知りたい!時間によって香りが変化するって本当?

様々な香りが楽しめる「香水」。香水には香りだけではなく、香料の濃度や形状なども、幅広い種類が存在します。今回は香水について、種類や香り、つけ方、保管方法など、幅広くご紹介します。

 

香水の4種類の名前とそれぞれの特徴

様々な種類の香水のイメージ

普段何気なくつけている香水。実は濃度別に4種類に分かれていることをご存知ですか?
それぞれ持続時間も違い、濃度が高ければ高いほどキープ時間も長くなっています。

 

香水の種類【1】パルファム(香料濃度:15~30%)

パルファムのイメージ画像

香りの持続時間は約7~12時間程度。
一般的なスプレータイプではなく、液状のものを1滴垂らして使います。
香りがかなり強いので日常生活に向いておらず、日本では現在ほとんど販売されていません。

 

香水の種類【2】オード・パルファム(香料濃度:10~15%)

オード・パルファムのイメージ画像

香りの持続時間は約4~6時間程度。
パルファムを薄めたものですが、オード・パルファムもかなり強く香りますので、つけすぎには注意です。
特にオフィスなどで使用する場合には、香りが強すぎる場合がありますので、気を付けましょう。

 

香水の種類【3】オード・トワレ(香料濃度:5~10%)

オード・トワレのイメージ画像

持続時間は約3~5時間程度。
香りの強さも程よく、日本では一番香水としてメジャーなものではないでしょうか。1プッシュ程度であれば、オフィスでも問題なく使用できる香りです。

 

香水の種類【4】オーデ・コロン(香料濃度:2~5%)

オーデ・コロンのイメージ画像

持続時間は約1~2時間程度。
4種類の中で最も香料の濃度が低く、ほんのりと香る控えめな香水です。リフレッシュにつけてみたり、汗をかいた後などにもおすすめ。香水初心者さんにも試しやすいです。

 

香水は時間が経つごとに三段階の香りを楽しめる

香水の香りのイメージ画像

香水の香りは1つで1種類というわけではなく、つけてすぐ→しばらく経ってから→消える前の残り香、と大きく分けて3段階に変化します。
この3段階の香りにはそれぞれ名前が付いています。

 

香水の3段階の香り【1】一番最初の香り「トップノート(ヘッドノート)」

柑橘系の香料のイメージ

香水をつけてすぐ、一番最初に香るものです。アルコールが多く含まれており、すぐに揮発して香りが変化していきます。

柑橘系の香りがよく使われていて、アルコールと混ざったツンとした強い香りになっていることが多いので、苦手と感じることもあるかもしれません。しかし、香りが変化していくと好みの香りになることもあります。

テスターでつけてすぐ香るのはこの「トップノート」なので、つけてからしばらく様子を見てみるといいかもしれません。

 

香水の3段階の香り【2】ブランドごとの個性が出る「ミドルノート(ハートノート)」

フローラル系の香料のイメージ

つけてから30分~1時間ほど経ってから香り、3時間~6時間ほどは香り続けるので、その香水の一番メインとなる香りです。
各ブランドの個性やテーマがもっとも現れる部分で、華やかなフローラル系の香料が使われていることが多いです。

トップノートよりも落ち着いた香りで、トップノートが爽やかなものでもミドルノートになると甘めの香りに変わったりします。
外につけていくときは、ミドルノートの香りが出る時間を逆算してつけるとよいでしょう。

 

香水の3段階の香り【3】汗や体温で変化する残り香「ラストノート」

ウッディ系の香料のイメージ

香水の残り香となる部分です。付けてから6時間~半日ほどで、揮発性の弱い香料のみが残ります。ムスクやアンバーなどの動物性の香料や、バニラなどのウッディ系の香料が使われていることが多いです。つけている人の汗などと混ざったり、体温によっても香りが変化します。

そのため、同じ香水を使っていても、人によってラストノートの香りが違かったりするので、実際につけてみるまではわからないのも面白いところ。

 

香水の形状は主に3種類。それぞれのつけ方は?

香水のつけ方のイメージ画像

香水といえば、瓶に入っていてシュッと吹きかけるスプレータイプが思い浮かぶと思いますが、主に3種類の形状があります。

香水をしっかり香らせたい場合は手首やうなじ、耳の裏など体温の高いところにつけるます。ほんのり香らせたいときは膝の裏などにつけるのがおすすめ。ですが、形状によってつけ方は異なります。

 

香水の形状とつけ方【1】やっぱりおすすめは一番メジャーなスプレータイプ

スプレータイプの香水イメージ

最も一般的な形状です。デザインが可愛いものが多く、部屋に飾っておくだけでも気分が上がる香水です。

使い方は、香らせたい部分から20~30cm離して直接シュッと吹きかけるだけ。
手首に一度つけて、香らせたい部分になじませる方が多いですが、このやり方は摩擦で香りが変わってしまったり、香りが飛んでしまったりしてしまうのでNGです。

直接吹きかけたらなじませたりすることはせず、そのままにしておきましょう。

 

香水の形状とつけ方【2】コロコロと転がすだけのロールタイプ

ロールタイプの香水イメージ

ボトルの先端にボールのようなものがついていて、コロコロと肌に滑らせてつけるタイプです。つけたい部分に直接コロコロと転がせばいいので、簡単につけられるのが特徴です。

スマートな形状が多く、持ち歩きにも最適。どこでもさっとつけ直すことができるのも嬉しいですね。

 

香水の形状とつけ方【3】肌に優しく女性に人気の練りタイプ

練り香水のイメージ

缶などに入っている固形に近いクリーム状のタイプ。指でなぞるように取って、香らせたい部分になじませます。
アルコールを使っているスプレータイプやロールタイプと違って、練りタイプは香料をオイルやワックスに練り込んでいるため、肌に優しく女性に大人気。

香りも強くなくふんわりと香るので、いろんな場面で使うことができます。ロールタイプと同じく、持ち運びや付け直しに便利です。

 

香水はどう保管するのが正解?

香水を並べて保管してあるイメージ

香水を劣化させないためには、正しい方法で保管する必要があります。難しいことではないので、以下を守って保管するように心がけましょう。

 

香水の保管方法【1】しっかり蓋をする

蓋を閉めて保管している香水のイメージ

空気に触れることで香水が酸化してしまったり、エタノールが揮発して香りが変化してしまいます。
また、細菌が繁殖してしまう恐れがありますので、しっかり蓋をして空気に触れないように保管しましょう。

 

香水の保管方法【2】直射日光を避けて保管する

直射日光を避けて保管している香水のイメージ

直射日光を浴びることによって、紫外線の影響で香水を劣化させてしまいます。
また、蛍光灯の光も同じことが言えますので、部屋に置いておく場合も、光の当たらない場所で保管することをおすすめします。

 

香水の保管方法【3】温度変化の少ない冷暗所で保管する

冷暗所に香水を保管するイメージ

急激な温度変化は香水を劣化させる原因となりますので、温度が一定の場所に保管するようにしましょう。
さらに、冷暗所に保管するのが望ましいです。涼しい部屋の引き出しの中や冷蔵庫の中などが最適です。


今回は香料の配合量による種類や、形状による違いなど、様々な香水の種類をご紹介しました。香水は一つのものでも徐々に香りが変化していったりと、奥が深いものです。これから香水を選ぶ時の参考にしてみてください。