LIFE STYLE

捨てられない方必見!服を上手に断捨離する方法

いざ断捨離をしようと決意しても、服に対する思い入れや、いつか着るかも……と、いろいろな思いが出てきて捨てられないことってありますよね。
今回は、そんななかなか捨てられない服の断捨離の方法と、捨てる際の基準を5つに分けてご紹介します♡
この機会に、クローゼットも心もスッキリさせましょう♪

 

断捨離の基準①状態の悪い服は捨てよう

服の断捨離のやり方で重要なポイントは、残す服と捨てる服の基準を決めることです。
そのあとは、その基準に沿って、服を区分けしていけば断捨離の完了です。

では、どんな基準で服を区分けしていけばいいのでしょうか?

まず一つ目は、
【基準①】状態の悪い服は捨てよう

お気に入りの服は、「いつか着るかも」「思い出の服」という思いから、古くなってもなかなか捨てられないものです。

しかし、ほつれや変色など、状態の悪い服はもう着ていくことが出来ませんよね。

ですので、この機会にありがとうの気持ちを込めて、思い切って捨てることをおすすめします。

 

断捨離の基準②最近着ているか?

「最近着ているか」は、服の断捨離のやり方の大きな基準となります。

服のトレンドは、毎年大きく変化します。一年で、何着も購入することは珍しくはないと思います。

その分、クローゼットの服は増え続けていくわけですから、定期的に断捨離をしていかないと、服の量は増えていく一方になり、クローゼットもやがてぎゅうぎゅうの状態になってしまいますよね。

一般的には、一年を通して着なかった服は断捨離の対象にすると、スッキリとした、快適なクローゼットになります。

 

断捨離の基準③好きな服か?

自分がその服を好きかどうかも、服の断捨離のやり方では大きなポイントになります。
好きな服は、日々のコーデでも何度も登場しますよね。

しかし、あまり好きではなかったり、自分には似合わない服、好みのテイストが違うなど、着たいと思わない服はなかなか出番はありません。
そのような服は、思い切って断捨離してしまいましょう。

クローゼットを開けた時は、やはり好きな服、着たいと思える服を選びますので、好きと思わない服も断捨離の対象にしてしまいましょう。

 

断捨離の基準④これから先、着るのか?

バーゲンで「いいかも!」と思って買った服がほとんど着る機会もないまま、クローゼットに
眠っていることはありませんか?

また、サイズが変わったり、服が若すぎるなどして、これから先に着ることはないだろうな……という服は、ただクローゼットのスペースを取っているだけです。

これから先、着ることはないだろうという服は、意外にクローゼットにあるものです。思い切って捨てたり、人に譲ったりしましょう。

 

断捨離の基準⑤悩んだときは……

悩んだ時、捨てる決断が出来かねる場合は、一旦その服を着てみましょう。

おしゃれのトレンドは繰り返すとは言っても、残す服ばかり多くては、結局うまく着こなせなかったりします。

サイズや見ため、デザイン、今のあなたの服のテイストなど、また来年も着る服だけを残していきましょう。

どうしても迷う場合は、断捨離のやり方としては、1年~2年着なかったら捨てるようにするといいかもしれませんね。

また、似たような服の量を減らすのも有効です。

 

どうしても捨てられない!そんな時は…

頭を抱える女性

もう着る機会がないと思っていても、大切な思い出が詰まっていたり、高かったりした服は捨てたくないと思うこともあります。断捨離を進めたいのに、捨てられない服が出てきたらどうすれば良いのでしょうか。

ここからは、捨てられない服の断捨離方法をご紹介します。

 

捨てられない服の断捨離方法①ネットオークションやフリマアプリを利用する

インターネットを使う女性

「まだ着られるのにもったいない」「高かったから捨てたくない」という時には誰かに服を売るのがおすすめです。服を売る手段はさまざまですが、自分の希望通りの値段でいらない服を売りたい時は、ネットオークションやフリマアプリを利用すると良いでしょう。

■ネットオークション
「ヤフオク」などのネットオークションはできるだけ高い金額で服を売りたい人におすすめ。最低落札料金は自分で決められるので、希望以上の値段で大切な服を買い取ってもらえます。

■フリマアプリ
フリマアプリは「メルカリ」や「ラクマ」が有名です。利用するアプリによって細かい売り方は異なりますが、基本的には商品の写真を撮って説明を記入し、価格を設定して販売します。

ネットオークションのように価格が変動しないので、気軽に服を売れることがメリットです。

 

捨てられない服の断捨離方法②フリーマーケットで売る

フリーマーケットに売られている服

ネットオークションやフリマアプリは簡単に商品を出品できますが、対面で販売できません。大切な服が他の人の手に渡るところをしっかりと見たいと考えている人は公園などで開催されているフリーマーケットを利用すると良いでしょう。

フリーマーケットはフリマアプリと同じように自分で値段を設定できるので「大切な服は自分の望む価格で売りたい」と考えている人にもおすすめです。

■フリーマーケットの出店方法
まずは、インターネットなどでフリーマーケットの情報を集めて、出店方法や出店料などを主催者に問い合わせましょう。出店したいフリーマーケットが見つかったら、出店料などを支払って、開催日を待ちます。

開催日までに売るものや商品の値段を決めたり、包装に使う袋を用意したりすると、スムーズに商品を販売できます。

フリーマーケットでは値下げ交渉をされることも多いので、始めは希望より少し高めに値段を設定しておくと良いかもしれません。

当日は、お客さんとコミュニケーションを楽しみながら、捨てられなかった服を販売しましょう。コミュニケーションを取りながら販売すれば、手元になくなって寂しいという気持ちが薄れます。

 

捨てられない服の断捨離方法③リサイクルショップを利用する

ネットオークションやフリマアプリ、フリーマーケットで服を売ると、希望の値段を決められますが、準備や発送などが面倒に感じることもあります。もっと気軽に捨てられない服を売りたい場合はリサイクルショップを利用するのがおすすめです。

リサイクルショップを利用する場合、店頭買取か宅配買取かで服を売ります。

■店頭買取
服を直接お店に持ち込んで買い取ってもらいます。季節に合った服やブランドの服などは高く買い取ってもらえることもありますが、アプリやフリーマーケットでの販売と比べると、買取料金が安くなることが多いです。

■宅配買取
最も簡単に服を売れる方法です。基本的には、送られてきた段ボール箱に服を積めて送り返し、査定をしてもらってから売ります。査定に満足できない場合は送り返してもらえるので、納得できない値段で服を買い取られることはありません。

とても便利で手間のかからない方法ですが、査定金額は安くなる傾向にあるので「できるだけ高い値段で服を売りたい」と考えている人は違う方法を選びましょう。

 

捨てられない服の断捨離方法④譲る

「お金はいらないけれど、捨てるのはもったいない」と考えている人は無料で服を譲るのがおすすめです。ただし、服を譲る時は次の点に注意しましょう。

■譲るのは相手に確認してから
どれだけ好みが似ている人でも、服を譲るのは相手に確認を取った後にしましょう。他人から貰ったものを着たくないと考えている人も珍しくないので、いらなくなった服を押し付けないように注意してください。

■汚れていないかチェック
大切に着ていたつもりの服でも、気づかないうちに汚れやシミが付いていることはあります。譲った人が不快な思いをしないように、譲る前は汚れがないかをしっかりと確認しておきましょう。

■できるだけ綺麗な状態で譲る
相手に喜んでもらうためにも、服はできるだけ綺麗な状態で譲るのがおすすめです。譲る前にクリーニングを済ませておくと、もらった人も嬉しいでしょう。

 

捨てられない服の断捨離方法⑤いったん保留する

段ボール箱に収納する女性

「誰かに売ったり、譲ったりするのは嫌」「昔に流行ったデザインの服だけど、捨てられない」などという場合はいったん断捨離を保留するのも一つの手段です。

いらないと思っても捨てられない服は段ボール箱やごみ袋などに詰めておいて、他のものの断捨離を進めましょう。段ボール箱やごみ箱にいらない服をまとめておくと、断捨離する気分になった時に、手間をかけずに捨てられます。

また、他の服と区別しておいておけば「本当に長期間着ないか」「なくても困らないか」などを判断できます。

断捨離を保留する場合、一定の保留期間を決めておくのがおすすめです。「1か月間段ボールから出さなかったら、思い切って売る」などと決めておけば、断捨離が進みやすいでしょう。


いかがでしたでしょうか。
服に対する思い入れや、買った時の価格などが邪魔して、服の断捨離はなかなか決断できないものです。
みなさんもぜひ、ご紹介したやり方を基準にして、断捨離をしてみてはいかがでしょうか♡