LIFE STYLE

招待状の返信アートにチャレンジ!やり方やおすすめデザインまとめ

近年SNSなどでも人気を集めている招待状の返信アート。自分でもやってみたい……と考えている方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、初心者さんでも簡単にできる招待状返信アートや描き方、おすすめのデザイン例などをご紹介します。

 

結婚式招待状の返信アートが話題!

結婚式の招待状の返信ハガキに絵を描いたりシールを貼ったりして返信する“招待状返信アート”が流行っているのをご存じですか?

通常、出欠や名前、住所などを記載するだけでOKな返信ハガキですが、ひと手間加えてイラストなどを描くことで結婚式に出席するのを楽しみにしている、という気持ちが伝わりやすいでしょう。受け取った新郎新婦にも喜ばれますよ。

ただし、招待状返信アートは親しい間柄の人にのみ行うのがマナー。会社の上司や部下の結婚式など、付き合いで参加する場合はやめておいた方が無難です。

 

簡単にできる招待状返信アートは?

凝ったイラストなどは描けないけど、招待状に返信アートをしてみたい……という方は、シールやマスキングテープを使うのがおすすめ。

御出席の“御”の字や、ご芳名の“ご芳”をシールで消すだけでも可愛いですよ。返信アートの場合は、失敗するとやり直しができないので、事前にデザインなどをきっちり決めてから始めましょう。

 

招待状の返信アートの描き方は?

招待状の返信アートでイラストを描きたい場合はどのようにすれば良いのでしょうか。

■返信アートの描き方

【1】鉛筆や色ペンなどの道具を用意する
【2】描きたいキャラクターを決める
【3】イラストのレイアウトを考える
【4】下書きする
【5】色を塗る
【6】周りを装飾する

新郎新婦に喜んでもらうためにも、イラストはできるだけ綺麗に仕上げてくださいね。描くのに慣れていない人は、他の紙やハガキで練習してから本番に臨みましょう。

 

招待状返信アートのデザイン例【1】マスキングテープ&シールデコ

不器用で招待状返信アートができるか心配……という人は、マスキングテープでハガキの縁をデコってみてはいかがでしょうか。

カラフルなマスキングテープを貼るだけで、シンプルな返信ハガキがポップで可愛い印象に。欠席の部分をシールで隠せば、出席することが分かりやすいですよね。見た目すっきり綺麗に仕上がります。

 

招待状返信アートのデザイン例【2】音楽モチーフ

音楽好きな新郎新婦への招待状返信アートは、音符モチーフがおすすめ。

“ご欠席”の部分を縦の線で消して、音符にしてしまうアイディアが素敵ですね。ト音記号や楽譜風の音符を描けば、楽しい雰囲気も伝わるでしょう。

 

招待状返信アートのデザイン例【3】フラワーアート

モノトーンのフラワーイラストは、ボールペン1本あれば簡単に描くことができますよ。

自分でデザインを考えるのが苦手な場合は、お手本を用意して真似して描くだけでOK。テクニックがあまり必要ないので、普段絵を描かない人もチャレンジしやすいでしょう。

色鉛筆などでカラフルにして華やかな招待状返信アートに仕上げるのも良いですね。

 

招待状返信アートのデザイン例【4】ラプンツェルのイラスト

結婚式の招待状返信アートのイラストのなかでもディズニー系は大人気です。

空いたスペースにラプンツェルを描けば、一気に凝った印象に。HAPPY WEDDINGの文字の字体をディズニー風にするのがポイント。

 

招待状返信アートのデザイン例【5】シンデレラのシルエットアート

絵を描くのが得意じゃない人は、ディズニーのシルエット風イラストに仕上げると良いでしょう。

シンデレラやミッキー&ミニー、アラジン、ティンカーベルなどのキャラクターは、シルエットで描いても分かりやすいのです。モノトーンなので派手になりすぎず、上品な招待状返信アートに仕上がりますね。

 

招待状返信アートのデザイン例【6】美女と野獣のイラスト

美女と野獣の招待状返信アートは、新郎新婦が美女と野獣カップル……などとネタになっている場合におすすめ。バラモチーフを描くことで、ロマンティックなイラストに。

ただし、場合によっては悪い印象を与えることもあるので注意してくださいね。

 

招待状返信アートのデザイン例【7】ミニオンのイラスト

招待状返信アートは、新郎新婦が好きなキャラクターを選ぶのが一番。

近年はミニオンのイラストを描く人も増えていますよ。ディズニーのキャラクターなどに比べると難易度が低いのでチャレンジしてみてくださいね。

 

招待状返信アートのデザイン例【8】ドラゴンボールのコミック風イラスト

ワンピースやドラゴンボールなど、少年漫画系のコミックイラストを描いた招待状返信アートはインパクト抜群ですね。名前や住所の部分を塗りつぶしてイラストを描く時は、どこか別の場所に書くスペースを確保しておきましょう。

 

招待状返信アートのデザイン例【9】ムーミンの刺繡アート

招待状返信アートに刺繡をするのも人気。

ムーミンと花の刺繡は、ほっこりした雰囲気が幸せムードを演出してくれますよ。時間に余裕がある時に試してみてくださいね。

 

招待状返信アートのデザイン例【10】ハートの刺繡アート

招待状返信アートの刺繡デザインのなかでも、ハートモチーフは人気ですよ。

凝った刺繡の返信アートは貰った新郎新婦も嬉しい気持ちになるでしょう。刺繡は下絵を描いて、その部分に糸を縫っていくだけなので意外と簡単。

 

招待状返信アートのデザイン例【11】マスキングテープアート

マスキングテープを適当に切って貼っていくマスキングテープアートを取り入れれば、オリジナリティのある招待状返信アートが作れますよ。

色の濃淡をつけることで立体的な仕上がりに。

 

招待状返信アートのデザイン例【12】和柄イラスト

縦書きの和風な招待状の場合は、返信アートで和柄を描くのも良いでしょう。

鶴と亀はお祝い事に最適なモチーフ。着物の柄のような模様は世代を問わず喜ばれそうですね。


招待状の返信アートのやり方やおすすめデザインなどをご紹介しました。結婚式に出席する時は、マナーを守りつつ返信アートでサプライズしてみてはいかがでしょうか。インスタなどにも見本が多数アップされているので、ぜひチェックしてみてくださいね。