LIFE STYLE

おすすめの栄養ドリンクはコレ!効果や飲むタイミングもご紹介

栄養ドリンク(エナジードリンク)は疲れた時や風邪を引いた時に役立つドリンク。配合されている成分によって期待できる効果・効能が異なります。ここでは、栄養ドリンクを飲むタイミングや選び方、悩み別のおすすめ栄養ドリンクをご紹介します。

 

栄養ドリンクとは?

現代は仕事や家事、育児、介護などで何かと忙しい人が多いはず。疲れが溜まっていると感じた時や体調が良くない時はドラッグストアやコンビニ、スーパーなどで買える栄養ドリンクを飲むのがおすすめです。

栄養ドリンクとはビタミン類やアミノ酸、生薬などの滋養強壮作用のある栄養成分が配合されたドリンクのこと。「エナジードリンク」や「ドリンク剤」とも呼ばれています。

■栄養ドリンクと顆粒や錠剤の栄養剤との違いは?
栄養ドリンクは顆粒や錠剤の栄養剤と比べて体内に吸収されるスピードが速く即効性を期待できます。また、味付けされている栄養ドリンクは飲みやすいものも多いです。素早く効果を実感したい人や顆粒、錠剤が苦手な人はドリンクタイプの栄養剤を選ぶと良いでしょう。

 

栄養ドリンクの効果は?

栄養ドリンクの効果は配合されている成分によって違います。栄養ドリンクに含まれる主な成分と期待できる効果・効能を確認してみましょう。

■タウリン
タンパク質が分解される過程でできるアミノ酸に似た物質。消化や心臓の機能の向上を助けたり、体の状態を維持したりする働きがあります。

■ビタミンB6
タンパク質からエネルギーを生産したり、筋肉や血液を作ったりする働きをサポートします。皮膚や粘膜の健康維持や免疫力の向上にも効果も期待できます。

■ビタミンB12
赤血球を作るために必要な栄養素です。貧血を予防したい人におすすめです。

■アルギニン
血管を拡張させたり、成長ホルモンの分泌を促したりします。アルギニンを含む栄養ドリンクを摂取してから運動をすると、脂肪の燃焼や筋肉の成長が促進されます。

■カフェイン
覚醒作用や血管収縮作用があります。眠気覚ましや体脂肪の燃焼促進に効果的です。

 

栄養ドリンクを飲むのにおすすめのタイミングは?

一般的に、栄養ドリンクを飲むタイミングは決まっていません。「頑張りたい」「風邪を引いたかも」「風邪をひきそう」などと感じた時に栄養ドリンクを飲むと良いでしょう。

■お昼までの仕事を頑張りたいなら朝
栄養ドリンクの効果は4時間ほど持続すると考えられています。そのため、朝、出かける前に栄養ドリンクを飲むと、午前中からバリバリと仕事をこなせるでしょう。

■しっかりと栄養を吸収したいなら食後
栄養素をしっかりと吸収したいなら、食事の後に栄養ドリンクを飲みましょう。食事に含まれる栄養素と一緒に栄養ドリンクの栄養素が吸収されて効果が高められると考えられています。

■明日に疲れを持ち越したくないなら寝る前
疲れを翌日に持ち越したくない人は夜、寝る前に栄養ドリンクを飲むのがおすすめ。栄養ドリンクを飲んで寝ると、翌朝すっきりと目覚められるでしょう。ただし、カフェイン入りの栄養ドリンクを寝る前に飲むと、睡眠が妨げられて疲れが取れないので、注意してください。

 

毎日栄養ドリンクを飲んでも良いの?

栄養ドリンクに含まれている無水カフェインはコーヒー1杯分に相当する約50g。添加物や糖質も多く含まれています。

毎日飲んでもすぐに副作用が現れるとは言えませんが、飲みすぎると体に悪影響が及ぶ可能性もあるので、体調が悪い時や疲労回復したい時だけに飲むことを心がけましょう。本数も一日1本までにとどめておくのがおすすめです。

 

栄養ドリンクの選び方は?

 

栄養ドリンクの選び方【1】タイプ

栄養ドリンクは体に与える影響によって「医薬品」「医薬部外品」「清涼飲料水」の3タイプに分けられます。

■医薬品
病気の治療や予防のために服用するもの。体の機能を改善する成分が配合されています。薬局やドラッグストアでしか手に入らず、生薬入りのものは独特な風味がしますが、風邪の治療目的に栄養ドリンクを飲むなら、医薬品がおすすめです。

■医薬部外品
医薬品よりも効果・効能が低く、症状に対して緩やかに左右します。独特な風味がなく、飲みやすいものが多く、ドラッグストアやスーパーなどでも手に入ります。

■清涼飲料水
医薬品や医薬部外品の栄養ドリンクは薬事法に基づいて作られていますが、清涼飲料水は食品栄養法に基づいて作られています。効果・効能の表記はありませんが、スーパーやコンビニなどで買えて安いものが多いです。

 

栄養ドリンクの選び方【2】悩みに合った効果・効能

栄養ドリンクは配合されている成分によって効果・効能が違います。自分の悩みに合うものを選び、効率的に疲労や体調を回復させましょう。

■疲れが取れない
疲れが溜まっている時やだるい時はビタミンB1やビタミンB2、ビタミンB6、タウリンなどが配合された栄養ドリンクがおすすめ。これらの栄養素は糖質や脂質、タンパク質をエネルギーに変換する働きをサポートしてくれます。

■風邪を引いた
風邪の時はビタミンB群やビタミンCが不足して抵抗力が落ち、発熱や咳、鼻水などの症状が起こります。食欲不振になることも多いので、栄養ドリンクでしっかりと栄養素を補給しましょう。

ビタミン類の他に生薬が配合された栄養ドリンクを飲むと、抵抗力が上がると考えられています。ただし、風邪薬を併用する場合は、カフェインが含まれていない栄養ドリンクを飲みましょう。

■眠気を覚ましたい
仕事や勉強など大切なシーンで眠気を覚ましたい時はカフェインが配合された栄養ドリンクが最適。カフェインには覚醒作用があり、頭をすっきりとさせてくれます。

■女性特有の症状に悩んでいる
生理などによる鉄分不足で疲れやめまい、肩こり、冷えなどが起こっている時は鉄分を補給できる栄養ドリンクを飲みましょう。PMSにはビタミンB6、生理前・生理中のイライラにはカルシウムが含まれた栄養ドリンクもおすすめです。

 

おすすめの栄養ドリンクを悩み別にご紹介!

 

疲労回復におすすめの栄養ドリンク▶大鵬薬品工業(たいほうやくひんこうぎょう) チオビタ・ドリンク

疲労回復におすすめのタウリンを1,000㎎配合した医薬部外品タイプの栄養ドリンク。体力消耗時に不足しがちなビタミンB1などのビタミンB群の補給にも役立ちます。コンビニで手軽に買えるところも人気の理由です。

 

風邪対策におすすめの栄養ドリンク▶ユンケル ユンケル黄帝液DCF

風邪を引いている時におすすめの栄養ドリンク。ハンピ、シベット、ローヤルゼリー、ニンジンなどの生薬と各種ビタミンを配合しています。カフェインを含んでいないので、寝る前にも服用できます。

 

眠気覚ましにおすすめの栄養ドリンク▶常盤薬品工業(ときわやくひんこうぎょう) 激強打破

「最強の眠気覚ましドリンク」とも言われているおすすめの栄養ドリンク。レギュラーコーヒー2.5杯分に相当する150㎎のカフェインと700gのアルギニン、マカエキス、スッポンなどを含んでいます。

常盤薬品工業(ときわやくひんこうぎょう) 激強打破

¥540

販売サイトをチェック
 

女性特有の症状におすすめの栄養ドリンク▶Eisai(エーザイ) チョコラBB Feチャージ

女性が不足しやすい鉄分を摂取できる栄養ドリンク。ビタミンB群やカルシウムなども入っています。プルーン&ピーチ味で栄養ドリンクを飲み慣れていない人にもおすすめです。栄養ドリンクのランキングでも高評価されています。


栄養ドリンクは疲労回復や体調改善におすすめのドリンク。配合されている成分によって効果・効能が違います。自分に合った栄養ドリンクでエネルギーをチャージしてみましょう。