BEAUTY

暗髪にはどんなメイクが合うの?髪色が映えるナチュラルメイク

暗髪にヘアチェンジすると、今までのメイクが合わなくなってしまった……という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。メイクによっては、地味になったり派手すぎたり、意外と調節が難しいですよね。そこで今回は、暗髪に映えるおすすめのメイク方法をご紹介します。ぜひ、黒髪でも垢抜けて見えるメイクで魅力アップを目指してくださいね。

【目次】

 

暗髪に合わないメイクとは?

メイク道具

近年トレンドの暗髪。
清楚でナチュラルな魅力を引き立ててくれる暗髪ですが、メイクが合わないと地味で残念な印象になってしまいます。

基本的にダークカラーヘアは、透明感が命。マットにしすぎたり、血色感がないと重く見えてしまうので注意しましょう。また、濃いめのアイシャドウもやりすぎ感が出てしまうのでNG。

暗髪メイクは薄盛りで軽やかに仕上げるのがおすすめです。

では早速、暗髪メイクのポイントを見ていきましょう!

 

ポイント別に暗髪でも映えるメイク方法をチェック!

 

暗髪に映えるメイク方法【1】下地で透明感を演出

暗髪はスタイル全体が重く見えがちなので、ベースメイクで透明感を出すように意識しましょう。

内側から発光するようなツヤ肌を作るのがポイント。くすみや赤みなどの肌の欠点は、コントロールカラーでしっかりカバーしてくださいね。

■コントロールカラーの選び方

・赤みやニキビ跡が気になる人はグリーン
・シミやそばかす、色ムラがある人はイエロー
・肌が青白くなりやすい人はピンク
・黄色っぽいくすみが気になる人はブルー
・肌に透明感を出したい人はパープル

 

暗髪メイクにおすすめの下地▶︎RMK(アールエムケー) ベーシック コントロールカラー N

RMK(アールエムケー)のベーシック コントロールカラー Nは、口コミでも人気のアイテム。肌を保湿しながら、欠点をナチュラルにカバーしてくれます。厚塗り感が出ないのも人気の理由のひとつ。

RMK(アールエムケー) ベーシック コントロールカラー N

¥3,780

販売サイトをチェック
 

暗髪でも映えるメイク方法【2】ファンデーションはナチュラルに

肌の欠点はコントロールカラーでカバーして、ファンデーションは薄付きのものを選びましょう。
クッションファンデーションなら、簡単にツヤ肌が作れるので、暗髪メイク初心者さんにもおすすめ。

パウダーファンデーションを使う場合は、ツヤの出るルースパウダーを重ねると良いですよ。

 

暗髪メイクにおすすめのファンデーション▶︎LANCOME(ランコム) ブラン エクスペール クッションコンパクト H

LANCOME(ランコム)のブラン エクスペール クッションコンパクト Hは、デパコス系のクッションファンデーションのなかでもベストセラーアイテム。

長時間崩れにくく、もともとの素肌が美しいかのように錯覚させてくれます。重く見えがちな暗髪メイクも透明感アップ。

LANCOME(ランコム) ブラン エクスペール クッションコンパクト H レフィル

¥5,616

販売サイトをチェック
 

暗髪に映えるメイク方法【3】眉はダークブラウンやグレーカラーがおすすめ

暗髪メイクの場合、アイブロウのカラー選びが重要。
自分の髪色よりも、少し明るめカラーを選べば抜け感を演出することができます。黒髪さんには、ダークブラウンやグレー系カラーが人気。

眉はなりたいイメージに合わせて描きましょう。ふんわりナチュラルに仕上げるのはもちろん、キリっと太めな眉も暗髪さんなら悪目立ちせずよく似合います。

 

暗髪メイクにおすすめのアイブロウ▶︎CEZANNE(セザンヌ) パウダーアイブロウR

CEZANNE(セザンヌ)のパウダーアイブロウRは、濃淡2色セットなので自然な眉が描けると評判。何と言っても、486円というプチプラ価格が嬉しいですね。

定番のブラウン系以外にも、チャコールグレーやオリーブブラウンなど、暗髪メイクに合わせやすいカラーが展開されています。

 

暗髪に映えるメイク方法【4】アイシャドウは薄く塗る

暗髪さんのアイメイクは、とにかく抜け感を意識しましょう。ダークカラーのアイシャドウを濃いめに塗るとキツい印象に見えてしまいます。
グラデーションに塗るよりも、ラメやパールが入ったアイシャドウを単色塗りするのがおすすめ。

一重や奥二重の方は、黒目から外側に向かってアイライン風にダークカラーのアイシャドウを塗ることで目力がアップします。

 

暗髪メイクにおすすめのアイシャドウ▶︎COSME DECORTE(コスメデコルテ) アイグロウ ジェム

COSME DECORTE(コスメデコルテ)のアイグロウ ジェムは、クリームタイプのアイシャドウなので、まるで濡れたようなツヤ感のある瞼が作れます。暗髪はもちろん、明るめヘアカラーのおフェロメイクにも大活躍間違いなし。
しっかり密着し、ヨレを防いでくれますよ。

 

暗髪に映えるメイク方法【5】アイラインは細く引く

暗髪さんのアイラインは、太く濃く描きすぎないのがポイント。アイラインが太いと一昔前っぽいメイクになってしまうので注意!

アイラインは、まつげの隙間を埋めていく感覚で軽く引き、目尻を少し長く引くと印象的な目元が完成します。

 

暗髪メイクにおすすめのアイライン▶︎msh(エムエスエイチ) ラブ・ライナー リキッド

msh(エムエスエイチ)のラブ・ライナー リキッドは、リキッドアイライナーの定番人気アイテム。ドラッグストアなどでも気軽に購入できるのが嬉しいポイント。

カラーも豊富なので、なりたいイメージに合わせて選んでくださいね。キツく見えがちな暗髪も、ブラウンアイライナーなら優しい雰囲気のメイクが楽しめます。

msh(エムエスエイチ) ラブ・ライナー リキッド

¥1,728

販売サイトをチェック
 

暗髪に映えるメイク方法【6】チークで程よい血色感をプラス

暗髪さんは、チークを濃く塗りすぎると髪色とのバランスが悪くなってしまうのでNG。ナチュラルで血色感のあるチークを目指しましょう。

色はアイシャドウやリップカラーと合わせて、メイクに統一感を出すのがポイントです。

 

暗髪メイクにおすすめのチーク▶︎CANMAKE(キャンメイク) パウダーチークス

CANMAKE(キャンメイク)のパウダーチークスは、11色とカラーバリエーション豊富なので、きっとお気に入りが見つかりますよ。プチプラなので多色買いする人もたくさんいるようです。

さっと塗るだけで暗髪に合う、ふんわりと可愛い頬メイクが完成します。

 

暗髪に映えるメイク方法【7】ツヤのあるリップでヘルシーに

マットなリップを使ったメイクがトレンドですが、暗髪さんにはツヤっぽい仕上がりのリップの方が似合います。
淡いピンクも良いですが、赤系などの濃いリップもOK。
全体が薄めなので、濃いリップカラーを選ぶことで透明感がさらに引き立ちますよ。

 

黒髪メイクにおすすめのリップ▶︎OPERA(オペラ) ティントオイルルージュ リップティント N

OPERA(オペラ)のティントオイルルージュ リップティント Nは、ティントタイプなので落ちにくいのが魅力。リップケアオイルがしっとり唇を潤してくれます。

重ね塗りすれば色味を調節することも可能なので、暗髪メイクにも合わせやすいですよ。

OPERA(オペラ) ティントオイルルージュ リップティント N

¥1,620

販売サイトをチェック

暗髪に映えるメイク方法をご紹介しました。地味になりやすい暗髪は、ついメイクを派手にしがちですが、全体のバランスを見て引き算することも大切。透明感のあるメイクをマスターして、暗髪を上手に生かしてくださいね。