BEAUTY

アラサーメイクのポイントは?大人可愛いメイク術をチェック!

年齢を重ねるごとに、肌のコンディションや顔の造形は変化していきます。自分の魅力を最大限に引き出すためには、変化に合わせてメイクもアップデートしていくことが大切です。今回ご紹介するのはアラサーメイク。大人の魅力を引き出すメイクのポイントをチェックしましょう。

 

アラサーになったらメイクを変えてみよう

振り返る女性

アラサーになると、仕事や恋愛、周りの環境も徐々に変化していきます。さらに、顔の造形も徐々に大人っぽく変化。肌のコンディションも変わってきます。

アラサーになった「今の自分」の魅力を最大限に引き出すためには、メイクのアップデートが必要です。

そこでここでは、大人の魅力を引き出すアラサーメイクのコツをご紹介していきます。アラサーメイクを身につけて、大人の自分を磨いてみませんか?

 

アラサーがやってしまいがちなNGメイク

コスメ

学生時代に磨いたメイクの技術。当時評判がよかったメイクを今も引きずっていませんか?

昔は似合っていたメイクでも、年齢とともに顔の造形が変化するとだんだん似合わなくなってしまいます。例えば、以下のようなメイクをしていませんか?

・涙袋にキラキラしたラメをたっぷり乗せる
・アイライナーで目をしっかり囲む
・たっぷりのマスカラでひじきのようなまつげに

特に、目を大きくしようとしてアイライナーで目を囲むのはNG。アラサーの場合、反対に目が小さく見えてしまいます。また、ひじきのようなまつげも大人の目には違和感が出てしまいがち。こういった間違ったメイクは、アラサーの魅力を半減してしまいます。

では、どんなメイクならアラサーの魅力を引き出すことができるのでしょうか。アラサーメイクのポイントを見ていきましょう。

 

アラサーメイクのポイント【1】ベース

ファンデーション

25歳を過ぎると、お肌の悩みがだんだん増えてきます。それを隠そうと、ファンデーションを厚塗りしていませんか?

アラサーの肌に厚塗りはNG。大人を通り越して老けた印象になってしまいます。目指したいのは、ナチュラルなツヤ肌。ツヤ感が出るリキッドファンデーションや化粧下地、ハイライトなどを駆使して、つるんとしたツヤ肌を目指しましょう。

ハイライトはつけすぎに注意。ふんわりつけたら、テカリのように見えてしまわないよう太陽光の下でしっかり確認してくださいね。

 

アラサーメイクにおすすめの下地▶︎M.A.C(マック) ストロボクリーム

光沢の粒子と植物エキスのうるおいが肌にツヤ感を与える化粧下地です。ファンデーションの下に仕込むことで、いつものファンデーションでもナチュラルなツヤ肌に。ピンク、ゴールド、ピーチなどカラーバリエーションがあるので、自分の肌に合う色を選んでくださいね。

M.A.C(マック) ストロボクリーム

¥4,860

販売サイトをチェック
 

アラサーメイクにおすすめのファンデーション▶︎LUNASOL(ルナソル) グロウイングウォータリーオイルリクイド

軽いつけ心地で肌を包み、程よいカバー力でお肌のアラをカバー。たっぷりの保湿成分で肌にうるおいを与え、しっとりと濡れたようなツヤを生み出します。

◆LUNASOL(ルナソル) グロウイングウォータリー オイルリクイド
定価:5,000円(税抜)

 

アラサーメイクのポイント【2】アイメイク

アイカラー

くっきり・キラキラで目元を強調する10代のアイメイクはもう卒業。アラサーメイクでは、全体のバランスを見て、優しく落ち着いた目元を目指しましょう。

アイブロウ

アイブロウパウダーやペンシルで眉を整えたら、ブラウンの眉マスカラで柔らかい印象をアップします。年齢を重ねると、筋肉が変化して眉が左右非対称になってしまいがち。しっかりと鏡を見て、左右対称になるように整えましょう。

アイシャドウ

アラサーメイクでは、明るすぎず暗すぎない「やや落ち着いた色味」がおすすめです。ブラウンやモーヴピンク、ボルドーなどで、華はあるけれど落ち着いた目元に仕上げていきます。

アイカラーパレットを使うときは、最初に最も明るいハイライトカラーをオン。くすみ、目のくぼみの影などを飛ばします。次に、ミディアムカラーを目尻から目頭に向かってのせていきます。目尻にポイントを置くことで、リフトアップ効果が期待できますよ。

二重幅に締め色をのせたら、下まぶたの目頭側にベージュやイエローのハイライトをのせましょう。

目元に光をプラスしたい場合は、ギラギラのラメではなく繊細なパールで濡れたようなツヤをまとうのがおすすめです。

アイライン

アイラインも黒ではなくブラウンがおすすめ。まつげの間を埋める繊細な極細ラインで目元を引き締めましょう。もの足りなさを感じるなら、目尻側にだけ太めのラインを入れるといいですよ。

マスカラ

マスカラは根本からしっかりつけて、太さよりも長さを強調しましょう。一度全体的につけたら、中央に軽く重ねます。くれぐれもつけすぎてダマにならないように注意しましょう。

 

アラサーメイクにおすすめの眉マスカラ▶︎KATE(ケイト) 3Dアイブロウカラー

皮脂や汗に強く、落ちにくい眉マスカラです。付属のブラシが使いやすく、ダマにならずに色をのせることができると好評の一品。

こちらで眉全体の色味を明るくし、アイブロウパウダーやペンシルで眉尻を整えると、柔らかくて大人っぽいニュアンスの眉に仕上がります。


◆KATE(ケイト)3Dアイブロウカラー
定価:850円(税抜)

 

アラサーメイクにおすすめのアイシャドウ①▶︎MAQuillAGE(マキアージュ) ドラマティック ムードアイズ PK251 スイートタブー

落ち着きがあるのに華やかな、赤みブラウンのアイシャドウパレット。薄付きで上品なツヤ感が大人っぽい目元を演出します。

MAQuillAGE(マキアージュ) ドラマティック ムードアイズ PK251 スイートタブー

¥3,240

販売サイトをチェック
 

アラサーメイクにおすすめのアイシャドウ②▶︎CEZANNE(セザンヌ) エアリータッチシャドウ 03 モーヴピンク

プチプラながら上品なパールで目元に華を添える、4色のアイシャドウパレットです。モーヴピンクとブラウンで、ふんわりとした優しい大人の目元を作ります。

◆CEZANNE(セザンヌ) エアリータッチシャドウ 03 モーヴピンク
定価:680円(税抜)

 

アラサーメイクのポイント【3】チーク

チークとリップ

丸いチークだと顔が丸く見えてしまい、幼い印象になってしまいます。アラサーメイクでは、頬骨に沿って縦長にチークを入れるのがポイント。

楕円形の縦長チークは、縦のラインを強調し、リフトアップ効果が期待できます。色は、肌なじみが良い色や血色感を感じられる落ち着いた色を選びましょう。

濃すぎる色や厚塗りは老けた印象になるので、ナチュラルな血色感をイメージしてくださいね。

 

アラサーメイクにおすすめのチーク▶︎ADDICTION(アディクション) ザ ブラッシュ 017 Good Girl(M)

豊富なカラーバリエーションと質感で多くの人を魅了するADDICTION(アディクション) ザ ブラッシュ。017は、肌なじみの良さと血色感を併せもつコーラルピンクで、ふんわりのせると自然な血色感が頬を彩ります。

ADDICTION(アディクション) ザ ブラッシュ 017 Good Girl(M)

¥3,024

販売サイトをチェック
 

アラサーメイクのポイント【4】リップ

リップ

リップは、しっかりと輪郭を取って上品に仕上げていきます。女っぷりを上げたいならボルドーやレッド、ナチュラルに大人可愛く仕上げたいならベージュ系のリップで上品な大人っぽさを手に入れましょう。

 

アラサーメイクにおすすめのリップ▶︎NARS(ナーズ) ベルベットマットリップペンシル 2486N

ベルベットのような質感のリップスティックです。ペンシルタイプで唇の輪郭を描きやすいのがポイント。するりと伸びて、上品な唇を長時間キープします。

NARS(ナーズ) ベルベットマットリップペンシル 2486N

¥3,564

販売サイトをチェック
 

アラサーメイクのやり方を知るならこれ!おすすめのメイク動画

こちらは、メイクアップアーティストがアラサーメイクのコツを詳しく教えてくれる動画です。

どうしてその工程が必要なのかもわかるので、応用がききやすいのがポイント。ベースからリップまで細かく教えてくれるので、メイク初心者の人にもおすすめですよ。


アラサーメイクは、上品な大人の魅力を引き出すメイクです。25歳を過ぎたらメイクにも大人っぽさを取り入れて、今の自分の魅力を最大限に引き出してみませんか?