BEAUTY

ファンデーションの厚塗りNG。ナチュラル肌の作り方

顔の印象の8割は肌で決まると言われているのをご存知ですか?
つまり、メイクの中でもベースメイクが重要なんです。

最近のトレンドは、一見すっぴん?と思うような自然なツヤのあるナチュラル肌!
男性ウケも良く、若く見えるのでいいことづくめです。

気になる肌トラブルはしっかり隠しながら、薄塗りに見せるナチュラル肌のつくり方をご紹介します。

 

【ナチュラル肌のつくり方】メイク前の保湿も重要!

ナチュラル肌を作るには、メイクをする前にまず保湿をすることが大事です。

お肌を潤すことで過剰な皮脂の分泌が抑えられ、化粧ノリがよくなりますし、角質層の水分量が高まれば透明感もアップします◎

洗顔から保湿までは時間をあけずにすぐ行い、保湿とメイクの間は5分あけるのがポイントです。

化粧水だけでなく、乳液や美容液まで使った方が効果は高いですが、朝は忙しいから手早く済ませたいという人は、スキンケアを一気に済ませられる朝用パックを使うのもいいかもしれません。

 

【ナチュラル肌のつくり方】下地をしっかりと塗る

薄塗りメイクだからといって、お顔に塗るものの数を少なくすればいい訳ではありません。

ファンデーションやパウダーは塗りすぎない方がいいですが、その前の段階である保湿用の美容液や化粧下地は、むしろしっかり塗った方が自然なツヤを出しやすいです。

化粧下地を念入りに塗ることで、お肌の色ムラが整い、ファンデーションがお肌に溶け込むようなフィット感が高まります。

持ちが良くなるので、ファンデーションを厚塗りする必要がなくなり、滲み出るような素肌のツヤが演出できるんです。

 

【ナチュラル肌のつくり方】下地を塗る時のコツ

下地を塗る時は、人差し指、中指、薬指の3本指を使い、指の腹で顔全体をトントンと軽く押さえます。

いきなり全体に塗るのではなく、まず額・鼻・両頬・顎の5点にのせて、内側から外側の方向に塗っていきましょう。

全体に等しく塗るのではなく、顔の中心からフェイスラインにいくに従って薄くなるように塗るのがポイントです。

塗り終わったら、スポンジで優しくポンポンしてムラをなくし、余分な皮脂を取り除いてください。

選び方としては、ファンデーションと同じブランドのものを選ぶといいです。下地とファンデの相性の良さは、お化粧を崩れにくくするために大切です!

くすみを隠し、明るい透明感のあるお肌を作るためには、色はピンク系がオススメです。

<マキアージュ>ドラマティックスキンサーベースUV

¥2,808

販売サイトをチェック
 

【ナチュラル肌のつくり方】ファンデーション選びのポイント

ファンデーションが厚塗りに見えてしまう原因の一つは、「顔と首の色が違う」ということです。

女性の感覚だとメイクするのが当たり前なので、ついつい見逃してしまいますが、普段メイクをしない男性から見ると、顔だけ白浮きしているのは自分で思っている以上に違和感があるようです。

色白に見せたい時は、下地に明るい色を選び、ファンデーションは首の色と馴染む、自分の感覚だと少し暗いかな?と思うくらいの色がちょうどいいんです!

また、一般的にパウダーよりもリキッドタイプで、テクスチャーがさらっとしたものの方が素肌感を出しやすいですが、夏にベタつきやすいオイリー肌の方にはパウダーファンデがオススメです。

<THREE>アンジェリックシンバイオシスファンデーション

¥5,832

販売サイトをチェック
 

【ナチュラル肌のつくり方】ファンデーションを塗る時のコツ

ファンデーションは最初に小豆大を出し、500円玉くらいの大きさに手の上で広げてから塗り始めます。

この最初に出した量よりも増やさないよう意識しながら塗ると、薄塗りメイクができますよ。

その後は下地と同じように、額、頬、鼻、顎に点々とのせた後、中指と薬指を使って顔の内側から外側へ広げていきます。

最後にティッシュまたはスポンジで顔全体を押さえると、余分なファンデーションが取れて厚塗りを防ぐことができます◎

パウダーの場合は、毛の密度が低いブラシを使うとナチュラルに見えます。

均一に塗ると厚塗りに見えるので、特にカバーしたい所だけにしっかり塗り、周りはさっと薄く塗ってぼかしましょう。

フェイスライン周りも首との境目が浮かないように、ぼかしながら塗るといいですよ。

 

【ナチュラル肌のつくり方】お肌トラブルはコンシーラーで隠す

シミや毛穴、ニキビなど、お肌トラブルを隠すのにファンデーションを塗り重ねると、厚化粧に見えてしまいます!

お悩みをカバーするには、コンシーラーを隠したいポイントだけに置く方が自然に見えますよ。

隠したい部分より少し広めにコンシーラーをのせ、指で優しく押さえましょう。

この時、馴染ませようとして何度も押さえるとかえって乱れてしまうので、一回で馴染ませるようにしてください。

最後に、コンシーラーを置いた輪郭の部分だけを綿棒でぼかすと目立ちにくいです。

写真の商品は、ファンデーションとして発売されていますが、カバー力がかなり強いので、素肌風のメイクをする時は、全体に塗るよりも、コンシーラーとして部分的に使うのがオススメです。

<資生堂>スポッツカバー ファウンデイション

¥1,296

販売サイトをチェック
 

【ナチュラル肌のつくり方】仕上げにフェイスパウダーをはたく

フェイスパウダーは素肌風メイクの時は塗らなくてもいいですが、明るい印象にすることや、テカリ対策には効果的です。

お顔全体に使ってしまうとナチュラル感はなくなるので、Tゾーンや目の下などテカりやすいところを中心に、ごく少量をのせましょう。頬や輪郭はサッと押さえるだけで十分です。

パフよりもブラシを使った方が薄塗りしやすく、粉をまずティッシュか手の甲でブラシに馴染ませてから顔にのせるのがポイントです。

ナチュラルなツヤ肌を作るには、無色かラベンダーのカラーがオススメですよ◎

<カバーマーク>シルキー ルースパウダー

¥4,860

販売サイトをチェック
 

【ナチュラル肌のつくり方】ブロンザーとハイライトで立体的に

日本人のメイクでは使われることが少ないブロンザーですが、ハイライトと合わせて使えば立体的な顔立ちを演出できます!

顔全体が単色でのっぺりしていると厚塗りに見えてしまうので、自然な光と影を描いて"お面"メイクを回避しましょう。

ブロンザーは額の両サイド、小鼻の脇、頬骨の下など顔の中で影になる所や、顎のラインやおでこの生え際など輪郭部分に薄く塗ります。

ハイライトはおでこから鼻筋にかけてや、涙袋、顎の尖ったところ、上唇の上などに置きます。目頭、目尻にポイントで置いても明るい印象になりますよ◎

塗りすぎるとかえって不自然なので、あくまで薄く、粉をよく落としてから一度だけさっと撫でるように塗りましょう。

<エトヴォス>ミネラルブロンズグロウ

¥3,780

販売サイトをチェック

<M・A・C>ミネラライズ スキンフィニッシュ

¥4,536

販売サイトをチェック
 

ナチュラル肌に見せるファンデーションを厳選

ファンデーション

自然なツヤがあるナチュラル肌を作りたい人はメイク方法だけでなく、ファンデーション選びにもこだわってみましょう。ナチュラル肌に見せられるおすすめのファンデーションをご紹介します。

 

ナチュラル肌に見せるファンデーション①「RMK」リクイドファンデーション

「RMK(アールエムケー)」のナチュラルメイクの原点と言えるのが大人気のリクイドファンデーション。みずみずしい使用感で肌に伸ばしやすく、付けていることを忘れるほど軽やかに肌へ馴染むことが特徴です。

仕上がりは素肌を感じられるくらいの薄付き。素肌の美しさを活かして透明感のあるナチュラル肌を作ってくれるので、一見すっぴんと思わせるような自然なメイクを実現できます。

ナチュラルな仕上がりですが、適度なカバー力があることも「RMK」のリクイドファンデーションが人気を集める理由。ニキビ跡などの頑固な肌トラブルをコンシーラーでカバーすれば、肌に自信がない人でも、ナチュラルな美肌を作れます。

保湿効果が高いシルクエッセンスやシアバターも入っているので、乾燥しがちな季節でもナチュラル肌作りに欠かせない自然なツヤ感を出せるでしょう。

「RMK」リクイドファンデーション

¥4,860

販売サイトをチェック
 

ナチュラル肌に見せるファンデーション②「MiMC」ミネラルリキッドリーファンデーション

最近、メイク好きから大注目を集めているのがミネラルコスメブランド「MiMC(エムアイエムシー)」のミネラルリキッドリーファンデーション。5年間かけて開発された「MiMC」初めてのリキッドファンデーションで、ナチュラルな仕上がりと肌への優しさが特徴です。

ミネラルリキッドリーファンデーションがおすすめなのは、乾燥するのにべたつく肌の人。皮脂と水分のバランスが崩れて起こる乾燥やべたつきを抑え、みずみずしく潤う肌に導くために、ミネラルリキッドリーファンデーションには植物美容エキスが配合されています。

配合されている植物美容エキスの中でも特に注目したいのは、水分保持力を高める白樺樹脂ウォーターや肌揺らぎを抑えるアフリカンスパイダーフラワー。

植物美容エキスがメイクしながら肌の状態を整えることで、素肌を活かしたナチュラル肌を作れます。石けんで落とせる仕様なので、毎日のクレンジングで肌に負担がかからないのも嬉しいです。

「MiMC」ミネラルリキッドリーファンデーション

¥7,020

販売サイトをチェック
 

ナチュラル肌に見せるファンデーション③「ETUDE HOUSE」ダブルラスティング ファンデーション

韓国のコスメブランド「ETUDE HOUSE(エチュードハウス)」のダブルラスティング ファンデーションはカバー力と素肌感、肌への密着を両立していることが魅力。2種類のカラーパウダーが肌にフィットして毛穴などの肌悩みをカバーしてくれます。

肌への密着度は高く、あらゆる表情の動きに対応できますが、薄く伸びるので、しっかりと肌トラブルをカバーしても厚塗り感はなし。素肌のような透明感のあるナチュラル肌に仕上げられます。

べたつきやテカリを抑えてくれる処方なので、皮脂が出やすい人でも一日中付けたての美しさをキープできるでしょう。

また、ダブルラスティング ファンデーションは全12色でカラー展開が豊富なことも人気の理由。ファンデーションの色選びに困っている人でも、自分の肌色にぴったりと合ったカラーを見つけられるでしょう。

「ETUDE HOUSE」ダブルラスティング ファンデーション

¥2,000

販売サイトをチェック
 

ナチュラル肌に見せるファンデーション④「Visee」ヌーディフィット リキッド

「Visee(ヴィセ)」のヌーディフィット リキッドは、サラサラなナチュラル肌を目指す人におすすめのファンデーション。サラ肌パウダーが配合されているので、ファンデーションを塗っただけでフェイスパウダーを使った後のようなべたつきのない肌を作れます。

仕上がりは素肌のようなナチュラル肌。肌の上に均一の膜を張ったように塗れるので、厚塗り感はないのに、毛穴や色むらをしっかりとカバーできます。

皮脂吸着パウダーと美容液成分が配合されていることもヌーディフィット リキッドがおすすめの理由。メイク中でも肌状態を整えられるので、テカったり、乾燥したりせずに長時間付けたての美しさをキープできるでしょう。

テクスチャーはサラサラとして伸ばしやすいので、指で広げてもスポンジやブラシで塗っても綺麗なナチュラル肌を作れます。

 

ナチュラル肌に見せるファンデーション⑤「MAQuillAGE」ドラマティックパウダリー UV

ナチュラル肌に見せるパウダータイプのファンデーションを探している人には「MAQuillAGE(マキアージュ)」のドラマティックパウダリー UVがおすすめです。

ドラマティックパウダリー UVはムース生まれのパウダーファンデーション。肌に付けると、一瞬で溶け込み、ムラのない均一美肌を作ります。

仕上がりは、どこから見られても大丈夫なナチュラル美肌。素肌に自然なツヤと血色感をプラスし、透明感を引き出してくれるので、厚塗りではないのに、隙のない美肌を演出できます。

また、化粧持ちが良いこともドラマティックパウダリー UVの特徴。パウダーひとつひとつが撥水コートされているので、汗をかいたり、皮脂が出たりしても一日中付けたてのナチュラル肌をキープできます。

さらに、美容液成分も配合されているので、パウダーファンデーション特有のかさつきを感じないのも嬉しいです。

「MAQuillAGE」ドラマティックパウダリー UV

¥3,240

販売サイトをチェック

素肌美人は憧れの的ですが、素肌風メイク=薄化粧、ではありません!隠したい所はしっかりとカバーしつつ、まるですっぴんのようなツヤ感を出すテクニックを磨きましょう♡