LIFE STYLE

モテるラインって?恋愛に欠かせないラインの返信テクニックをご紹介

片思い中、恋愛に発展させるにはラインのやり取りが重要ですよね。どんなラインを送ればモテるの……?と日々研究している方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ラインでモテる女性の特徴やモテるラインアイコン、男性を振り向かせる返信テクニックなどをまとめてご紹介します。

 

ラインでモテる女性の特徴は?

手でハートマークを作る女性

いまやラインは、コミュニケーションを取るための必須アプリ。恋愛でも欠かせないですよね。

特別美人じゃないのに何故かモテる……という女性は、ラインの返信が上手な可能性が高いです。どんな女性がラインでモテるのでしょうか?

・既読スルーしない
・タイミングよく返信する
・会話の流れがスムーズ
・返信が遅れても催促しない
・“うん”や“分かった”など、一言で会話を終わらせない

質問攻めにしたり、返信をしつこく催促したり、自分の日記風の文章を長々と送るのはNG。

また、いつも即レスだと相手もすぐに返さないと……という息苦しさを感じてしまいます。かと言って、駆け引きして長時間返さないのも相手を不安にさせてしまいますよ。
モテる女性は、相手が返信しやすい時間帯を狙って、タイミングよくラインを送っています。

 

モテるラインアイコンって?

自撮りする女性

モテるためには、ラインのアイコンにも注意しましょう。

基本的にモテたいなら、自分の顔写真をアイコンに設定するのがおすすめ。なかでも、ナチュラルな笑顔の表情を撮影した写真なら好印象ですよ。
顔写真を設定しておけば、“誰だっけ……?”となることもなく、ラインをしていなくても彼に存在をアピールすることができます。

ただし、加工アプリやプリクラなどで盛りすぎた顔写真を使うのは避けてください。また、思いっきりキメ顔の自撮りはナルシストっぽく見えてしまうので引かれることも。風景や花のアイコンは定番ですが、記憶に残りにくいのでモテるとは言えないですね。高級そうな食事やブランド品を並べた写真ももちろんNG。

顔写真を設定するのに抵抗がある人は、風景の綺麗な場所で撮影した後ろ姿や横顔などをアイコンにすると良いでしょう。

 

モテるラインの返信テクニック【1】一度に長文を送らない

スマホを持つ女性

モテるラインを意識するなら、長文ではなく短めのメッセージを送るようにしましょう。

長い文章で送られてくると内容は問題なくても、どうしても「めんどくさい」「ウザい」と思われてしまいます。

長くても3行以内に収まるようにしてくださいね。どうしても長い文書を送りたい場合は、2、3回に分けてテンポよく送ると良いでしょう。
もちろん、相手が長文を送ってくる場合は、こちらも長文で返すのがおすすめ。

 

モテるラインの返信テクニック【2】質問で返す

考える女性

気になった相手とラインを長く続けるためには、相手に質問するのが大切。

質問をすることで、相手も返信しやすくなりますよ。ただし、一度に何個も質問すると、ガツガツしているように見えるので、注意してくださいね。

また、質問を投げっぱなしで、共感する言葉がないと相手が不信感を抱いてしまうことも。質問して返ってきたら、自分のエピソードなどを交えて話を膨らませていくのがモテるラインの基本です。

自分が質問された場合も、相手が返しやすいように具体的に答えると会話のキャッチボールが自然に続きますよ。

 

モテるラインの返信テクニック【3】絵文字とスタンプは適度に使う

スマホと絵文字の画像

ラインでモテる女性は、絵文字やスタンプを適度に使っています。絵文字やスタンプは、感情を分かりやすく相手に伝えることができますよ。
絵文字などが何もないと、素っ気なく見えてしまうことも。ただし、ラインスタンプのみで会話するのは、避けるのが無難です。

少し面白い系のスタンプを使うと、ユーモアも演出できますね。

また、相手が使っているスタンプや絵文字と同じ種類のものを繰り返し使うことで、親近感を与えることができます。心理学には、自分と同じ仕草や行動をとる相手に好意を持ってしまう……というミラーリング効果というものがありますが、ラインの恋愛テクニックにもミラーリング効果は使えますよ。

 

モテるラインの返信テクニック【4】敬語とタメ語を混ぜる

笑顔の女性

慣れるまでは敬語でやり取りするのがマストですが、ラインでモテる女性は、相手との距離を縮めるためにちょっとずつ敬語とタメ語を混ぜる……というテクニックを実践しています。

「今日はありがとうございました。とっても楽しかったです。また行きたいな。」など。ちょっとしたタメ語にドキッとする男性は多いでしょう。

「もっと仲良くなりたいな」や「今度○○のレストランに行きたいな」など、願望の語尾をタメ語にするとナチュラルです。

 

モテるラインの返信テクニック【5】「今何してる?」と聞いてみる

ベッドに寝そべる女性

「今何している?」というラインは、モテるかどうか賛否両論ですが、ポイントさえ押さえれば相手を振り向かせるのに効果的。

ポイントは、

・あえて夜に送る
・タイミングを見極める
・脈がありそうな相手に送る

脈アリの男性にここぞという日の夜に送るのがおすすめ。相手の男性も、あなたから好かれてるかも……と意識するようになるでしょう。「声が聞きたくなって」や「相談したいことがあって」など、付け加えるとさらに良いですね。

ただし、夜なので、しつこく送らないようにしてくださいね。

 

モテるラインの返信テクニック【6】褒め言葉を混ぜ込む

ハートマークを作る女性

男性は基本的に褒められたい人が多いです。

ラインの会話のなかで、ちょっとずつ褒め言葉を混ぜるのは、モテる恋愛テクニックのひとつ。「すごいね」や「さすが」「知らなかった」「初めて聞いた」など、定番ワードですが積極的に使いましょう。


ラインでモテる女性の特徴や、モテるラインのテクニックなどをご紹介しました。「ラインの返信を制するものが恋愛を制する」と言っても過言ではないでしょう。ぜひ、この機会にラインの返信テクニックを磨いて、好きな人を振り向かせてくださいね。