BEAUTY

毎日使うボディクリームはプチプラで!選び方やおすすめなど

ボディクリームはプチプラからデパコスまで値段のバリエーションが豊富。香りやクリームの質感などタイプもさまざまなので、お好みのものを選びやすいです。そこでこの記事は、プチプラなボディクリームにスポットを当て、選び方やおすすめをご紹介します。

 

プチプラボディクリームの選び方

ラベンダーの花と共に置かれたボディクリーム

ボディクリームはプチプラで優秀なものが多く、また種類もたくさんあるので選ぶのにも一苦労します。自分にぴったりなプチプラボディクリームを手に入れるためにも、選び方を覚えておきましょう。

■成分をチェックする
ボディクリームにはヒアルロン酸やコラーゲンなどの水溶性と、ワセリンや尿素、オイル系などの油性の保湿成分があります。どれも保湿を目的にしたものですが、水溶性は肌の内側からの保湿、油性は皮膚の保護として機能します。このため水溶性と油性の保湿成分がバランスよく含まれているものを選ぶのが一つ。

その中で刺激の少ない無添加やオーガニック成分を使用しているものや、乾燥を抑える炎症鎮静効果のあるボディクリームを選んでいきます。

■香りで選ぶ
ボディクリームを選ぶポイントとして香りも重要。アロマ効果も期待できるので、できるだけ自分好みのいい香りのものを選びたいですね。ただし、プチプラなボディクリームの中には香りのきついものもあるので、サンプルなどでチェックするのが良いでしょう。

■使用感で選ぶ
ボディクリームはほぼ毎日使用するものなので、使用感の良いものを選ぶことも大切です。しかしこればかりは使ってみないことには判断しにくいので、サンプルなどで積極的に試してみるのが良いでしょう。

 

プチプラボディクリームの使い方

ボディクリームを使用する女性

プチプラなボディクリームを手に入れても、ただ塗っただけでは効果的とは言えません。正しく使わなければ、効果を得ることは難しいでしょう。

ここでは、すでに知っている方もおさらいのつもりで使用方法をチェックしていきましょう。

①入浴後に使用する
ボディクリームを効果的に使用するなら、お風呂上がりのタイミングが良いです。お風呂上がりは皮膚が柔らかい状態なので、ボディクリームの成分が浸透しやすく、保湿効果が高まりやすいメリットがあります。

②適量のボディクリームを使用する
プチプラだからと言ってボディクリームをたっぷり使用しても、保湿力が上がるわけではありません。逆にあせもなどのトラブルの原因にもなるので、容量をしっかり守るのがコツ。商品によって適量は違いますが、100円玉~500円玉程度を目安にします。

③肘やかかとは重ね塗り
ボディクリームは基本的に腕や脚を中心に使用していきます。しかし、肘やかかとは特に乾燥しやすいため、ボディクリームを一度塗っただけでは保湿作用が働かないこともあります。肘やかかとなどの乾燥しやすい場所は、ボディクリームを重ね塗りして、滑らかなお肌を演出していくようにしましょう。

 

おすすめのプチプラボディクリーム①NIVEA(ニベア) ニベアクリーム

プチプラのボディクリームとして王道なのが、NIVEA(ニベア) ニベアクリームです。ホホバオイルなどの天然由来の成分を配合し、しっとりとしたボディにするNIVEA(ニベア) の定番アイテム。

ボディクリームとしてだけでなく、スキンケアなどにも使用できるので、さまざまな使い方ができる点も特徴的。テクスチャが少し硬めなので、使い方にコツが必要ですが、一つは持っておきたい長く愛されているプチプラボディクリームです。

 

おすすめのプチプラボディクリーム②Moist Diane BOTANICAL(モイストダイアン ボタニカル) ボディミルク ディープモイスト 500mL

Moist Diane BOTANICAL(モイストダイアン ボタニカル) ボディミルク ディープモイスト 500mLは、シャンプーなどのヘアケアアイテムでおなじみのMoist Diane(モイストダイアン)ブランドのボディケアシリーズ。

シアバターと植物オイルをホイップさせ、滑らかでリッチな使用感にしているのが大きな特徴です。10種類のオーガニックエキスを配合し、豊かな香りと優しい肌触りを実現させています。無添加成分を配合しているので敏感肌にも使えるプチプラボディクリームです。

 

おすすめのプチプラボディクリーム③WELEDA(ヴェレダ) スキンフード 75mL

WELEDA(ヴェレダ) スキンフード 75mLは、オーガニックコスメ大国のドイツ生まれのボディクリーム。お肌を滑らかに整えるワイルドパンジーの成分を配合し、滑らかでふっくらとしたボディにしてくれます。

プチプラボディクリームの中では少し高めですが、ハーブをたっぷりと配合しているので香りも良く、お肌に優しいのもポイントです。

WELEDA(ヴェレダ) スキンフード 75mL

¥2,592

販売サイトをチェック
 

おすすめのプチプラボディクリーム④KOSE(コーセー) プレシャスガーデン ボディミルク

KOSE(コーセー) プレシャスガーデン ボディミルクは、オーガニックのシアバターを中心にホホバオイルやハチミツなどを配合したナチュラルなプチプラボディクリーム。

ローズやラベンダーなど、香りも4種類あるので、お好みのボディクリームが選べるのも魅力です。パッケージもかわいいので外出先でも活用しやすいです。

 

おすすめのプチプラボディクリーム⑤花王 Curel(キュレル) クリーム

花王 Curel(キュレル) クリームは、敏感肌でも使える優しい使用感のプチプラボディクリーム。ユーカリエキスなどの天然由来成分から、セラミドなども配合されており、上質な保湿を可能にしてくれます。

赤ちゃんのお肌にも優しいので、安心して使用できるのもポイントです。

 

おすすめのプチプラボディクリーム⑥Kneipp(クナイプ) グーテナハト ボディクリーム

Kneipp(クナイプ) グーテナハト ボディクリームは、バスソルトなどでおなじみのオーガニックコスメのボディクリーム。ホップやバレリアンなど、古くからヨーロッパで安眠のためのハーブとして用いられる植物エキスを配合し、リラックス気分を誘うボディクリームに仕上げています。

シアバターやアーモンドオイルなどで保湿効果も期待でき、「安眠」と「ボディケア」を一つで叶える画期的なプチプラボディクリームです。


プチプラなボディクリームと一口に言っても種類は幅広いです。お気に入りのプチプラボディクリームを選ぶのに迷ってしまいそうですが、毎日使うものなのでじっくり選んでくださいね。安いからと言って決して質が悪いわけではなく、しっかりとボディケアのできるものばかりなので、お気に入りの一品でボディケアを上質にしていきましょう。