BEAUTY

シンプルこそ大人っぽく。ワンポイントネイルのデザイン

すべての爪にデザインを取り入れるわけではなく、左右1本ずつデザインを入れていくワンポイントネイル。
シンプルかつ可愛いデザインが多いことから、OLから主婦まで幅広い世代に人気のデザインです。

そこで今回は、オフィスでも使えそうなオシャレで大人っぽいワンポイントネイルをご紹介します。

 

ワンポイントネイルデザイン:ワイヤーで囲む

黒と紫を薄めたカラーをベースに、ワイヤーで縁取ったワンポイントネイルは、辛めのファッションが好みの方にぴったり。
細めのワイヤーを使えば、全部の指に施しても主張が激しくなることはありません。

絶妙なくすみ加減がシンプルでかっこいいですね。大人っぽいクールな手元を演出したい時におすすめです。

 

ワンポイントネイルデザイン:大人っぽくしたいならグレーネイビー

グレーのようなネイビーのような不思議なカラーをベースにしたワンポイントネイルは、とっても大人っぽいですよね。

スタッズだとクールになりすぎてしまうところを、ラインストーンで爪の根元のみを縁取っているので、柔らかさもあるデザインになっています。

グレーはなかなかネイルに取り入れることのないカラーかもしれませんが、実際に使用してみると、肌が綺麗に見えることから、意外と人気のカラーでもあります。

試したことがない方はぜひ一度チャレンジしてみては?

 

ワンポイントネイルデザイン:定番!ワンストーンネイル

定番のワンポイントネイルといえば、ワンストーンネイル!
画像は2本の指にストーンをのせていますが、どこかの指1本だけに取り入れてもOKです。

画像のネイルは、よく見るとミルキーピンクをベースにピンクがかったストーンがのせてあり、同系色でまとまっています。

このように、カラーにこだわってデザインすることで、今時風のオシャレなワンポイントネイルになります。

 

ワンポイントネイルデザイン:指先にバラが咲いたみたい!手書きフラワーネイル

肌なじみの良い明るめのベージュをベースにしたネイルデザインは、肌を綺麗に見せてくれるだけでなく、指先を長く見せてくれる効果があります。

そこに手書きでバラの花を描くだけで、シンプルな中にも華やかさが加わりますね!

こちらのデザインはバラですが、ホワイトでゆりの花を描いたり、ブルーデイジーの花を描いたり、その日の気分で選んでみても良いかもしれません。

また、左手と右手1本ずつ別々の花を描いてもらうのもオシャレですよね。

 

ワンポイントネイルデザイン: ラインシールにスタッズをON

ラインシールにスタッズを取り入れると、一気にかっこいい雰囲気になります。

ここまでハードなデコレーションが施されているのにも関わらず、重たく見えないのは、ベースにホワイトを使用しているから。

ベースの色次第でふんわりした雰囲気にもハードな雰囲気にもできるので、あなたの好きなイメージやカラーで試してみても良いかもしれませんね。

統一感を出すポイントは、スタッズの色とラインシールの色を同じ色にすること!
ラインシールがシルバーならば、ストーンやスタッズはクリアやシルバーで統一しましょう。

 

ワンポイントネイルデザイン:ベージュグラデに丸カンやホログラムを

ベージュのグラデーションネイルがベースとなっているこちらのネイル。
グラデーションネイルは、爪が伸びてきた時にもある程度ごまかせることがメリットです。

ワンポイントとなる部分にはパールを置き、それとなく存在感はあるけれど、ピュアな印象に仕上げます。

縁にラメを取り入れることで、女性らしい雰囲気を演出できます。

自分の爪の大きさに合わせて、大きすぎず小さすぎないパーツを散りばめましょう。

 

ワンポイントネイルデザイン:珍しい!アーチ型モチーフを取り入れたワンポイントネイル

一瞬、どこにワンポイントがあるのか分からないようにも見えるこちらのネイル。
よく見ると、左手の薬指にアーチ型のモチーフがのっているんです。

あまり見たことのないモチーフですが、画像のように爪の根元にちょこんとのっているだけで上品な印象になりますよね。

ワンポイントネイルというと、左右1本ずつポイントとしてデザインがあるネイルが多いですが、両手で1本だけワンポイントを取り入れるのも良さそうです。

こちらは爪の根元がピンク、爪先がベージュのグラデーションネイルがベースになっていることで、血色感の良い手肌に見せてくれるデザインになっています。

 

ワンポイントネイルデザイン:3Dフラワーをのせて立体感のある大人ネイルに

ワンポイントネイルは、スタッズやモチーフをのせることが多いように思いますが、こちらのネイルのように3Dフラワーを取り入れたネイルも可愛いですよね。

大人可愛いイメージが好みの方にぴったりです。

爪の先や根元だけの3Dネイルでボリューム感が抑えてあるものであれば、オフィスでも大丈夫そうです。

ベースのカラーを変更するだけで、明るいイメージにもシックなイメージにもできそうですね。

 

ワンポイントネイルデザイン:ジュエリーみたいなワンポイントネイル

透け感のあるオレンジをベースに、ゴールドのラインシールとブルー系のストーンでジュエリーのように見立てたこちらのネイル。

まるで爪の上にジュエリーがのっているようで、とってもエレガントですよね。

普段試さない色の組み合わせだからこそ、毎日見ていても飽きがこないでしょう。

ジュエリー風のデザインがない他の爪には、少しだけラメをのせることで存在感がアップします。

 

ワンポイントネイルデザイン:オレンジブラウンにハートのワンポイントネイル♡

ブラウンオレンジをベースにハートのデザインが施されたネイルは、ガーリーな中にも大人っぽさのあるデザインとなっています。

ベースがピンクやブルーだと可愛くなりすぎてしまいますが、ブラウンオレンジにすることで一気に落ち着いた雰囲気に。

ブラウンオレンジだけではなく、ネイビーやシックなグリーンをベースにしても大人っぽく仕上がりそうです。

 

ワンポイントネイルデザイン:これからの季節にはこれ!

ハロウィンの時期は指先でもイベントの雰囲気を楽しみたいもの。でも、あからさまにハロウィン風ネイルを施すのには、少し勇気がいりますよね。

そんな時は、画像のように透け感のあるベージュをベースに、かぼちゃやコウモリなどのシールをのせてみて。
さりげなく季節感を楽しめるネイルになります!

 

ワンポイントネイルデザイン:ピンクベースにスタッズをON

明るめのピンクをベースに、どこかの指1本にだけでさりげなく縦ラインにスタッズをのせれば、こんなにかわいいネイルになります。

シンプルで清楚なイメージもあるので、OLさんにもおすすめなデザインです。

こちらは爪の根元部分だけ縦ラインにスタッズをのせていますが、根元から爪先全体にのせても可愛くなりますよ。

 

ワンポイントネイルデザイン:ワンポイントにマーブルを入れても可愛い!

薄いピンクをベースに、マーブルネイルを取り入れれば、こんな風にふんわりとしたデザインになります。

様々なカラーを取り入れることができるので、シンプルな中にも遊び心を取り入れたネイルを試したい方におすすめです。

左右別々なカラーでデザインを描いてもらうのもオシャレですよ。


ワンポイントネイルを大人っぽく仕上げるポイントは、ベースのカラーを透け感のあるカラーにしたり、肌馴染みの良いカラーを選ぶこと。
お仕事でそこまで派手なデザインにできないという方は、できるだけ小さいモチーフをのせるなど工夫してみると良さそうです。
季節やその日の気分に合わせて様々なネイルを楽しんでみてくださいね。