BEAUTY

アシンメトリーネイルが可愛い!バランス良く仕上げるお手本カタログ

アシンメトリーネイルは、もはや定番人気のデザインですよね。ただ、アシンメトリーと言ってもバランス良く仕上げるには、ちょっとしたコツが必要。そこで今回は、アシンメトリーネイルのポイントやお手本デザインなどをまとめてご紹介します。ぜひこの機会に、アシンメトリーネイルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

アシンメトリーネイルとは?

アシンメトリーネイルとは、左右非対称のデザインを施したネイルのこと。
あえてアシンメトリーにすることで、意外性を与えることができます。インスタなどでは、「ちぐはぐネイル」と呼ばれることもありますよ。

左右で色やデザインが完全に違うネイルはもちろん、色味をちょっとずつ変化させるアシンメトリーネイルも人気。デザインのバリエーションが豊富なので、工夫次第で色々なアシンメトリーネイルが楽しめます!

 

アシンメトリーネイルのやり方やコツは?

セルフはもちろん、サロンでアシンメトリーネイルをオーダーする時も、どんなデザインにすればおしゃれに仕上がるのか悩んでしまいますよね。

アシンメトリーネイルは基本的には自由にデザインを楽しめるのが魅力ですが、あまりに統一感がないとバランスが悪くなってしまうことも。

【アシンメトリーネイルのコツ】

■色味を揃える

シンプルな単色デザインのアシンメトリーネイルは、セルフでも簡単に楽しめますよね。左右全く違う色のワンカラーネイルにする場合は、淡いピンク×ベージュなど色味を揃えると馴染みやすいのでおすすめ。

■モチーフやパーツをリンクさせる

デザインのテイストを左右で揃えるのもポイントのひとつ。左右のデザインが違ってもガーリー系や上品系など、テイストが同じなら浮いて見える心配がありません。左右で同じパーツを使ってリンクさせるのも可愛いですよ。

■差し色を合わせる

左右違うアシンメトリーなデザインも、差し色を合わせれば統一感アップ。メタリックカラーやラメは差し色に使いやすいですよ。

 

アシンメトリーネイルのおすすめデザイン【1】ダスティーカラーのワンカラーネイル

単色ネイルも左右アシンメトリーに仕上げることで、いつものネイルを格上げ。セルフネイルでも真似しやすいデザインですよね。

ダスティーカラーで揃えると、落ち着いたおしゃれな印象に仕上がります。右手の薬指だけ色を変えるのがポイントです。

 

アシンメトリーネイルのおすすめデザイン【2】キラキラ×ダークカラーネイル

シンプルなワンカラー×キラキラネイルの組み合わせもアシンメトリーネイルの定番デザイン。

キラキラネイルは、ホログラムやストーンを使ったりミラーネイルにしたり、色々なやり方があるので気分に合わせてアレンジしましょう。

 

アシンメトリーネイルのおすすめデザイン【3】トレンド感満載のニュアンスネイル

トレンドのニュアンスネイルは、アシンメトリーネイルの王道。

左右で違うパーツや色を使っていても、ベースをクリアにすれば、派手でもまとまりのあるデザインに。喧嘩しがちなシルバー×ゴールドも色味や使うポイントを選べば、しっくり馴染みます。

 

アシンメトリーネイルのおすすめデザイン【4】メタリックカラーでスタイリッシュに

左右で色の異なるアシンメトリーネイルは、メタリックカラーに統一すればおしゃれ見え度アップ。

クリアの3Dパーツやうねうねネイルなど、トレンドデザインを詰め込んだネイルが涼しげですね。

 

アシンメトリーネイルのおすすめデザイン【5】塗り方に変化をつけたブルーネイル

淡いベージュ×ブルーの2色ネイルも、塗り方に変化をつけることで新鮮なアシンメトリーネイルが楽しめます。あえてムラになるようにグラデーションを作りましょう。

綺麗に塗る必要がないので、不器用さんでもチャレンジしやすいのではないでしょうか。

 

アシンメトリーネイルのおすすめデザイン【6】カラフルなニュアンスネイル

カラフルなアシンメトリーネイルは、左右で同じ色を使いつつ、塗り方や色の組み合わせを工夫していきましょう。

何色も組み合わせた水彩画っぽいデザインが人目を引くこと間違いなし。カラフルなネイルですが、全体の色味が落ち着いているので大人の女性にもぴったりですね。

 

アシンメトリーネイルのおすすめデザイン【7】オレンジ×ゴールドでこなれ感を演出

オレンジ×クリアカラーのアシンメトリーネイルは、相性抜群。

主張強めのオレンジネイルも、クリアカラーを組み合わせることで抜け感のある仕上がりに。両手に金箔を散らすことで、オレンジが浮きにくくなりますよ。

 

アシンメトリーネイルのおすすめデザイン【8】パールをリンクさせたガーリーネイル

パール囲みネイルは、全ての指に施すと少し野暮ったく見えてしまいます。片手はパールをポイント使いして、控えめに仕上げましょう。

3Dの薔薇パーツをプラスすれば、クラシカルなガーリーアシンメトリーネイルの完成。


アシンメトリーネイルのお手本デザインやポイントなどをご紹介しました。簡単に見えて、意外とバランス良く仕上げるのが難しいアシンメトリーネイル。全体のバランスを調節しながら、お気に入りのデザインを考えてみてくださいね。