BEAUTY

乾燥肌は保湿が大事!おすすめの保湿成分やスキンケア法をご紹介

乾燥に悩む女性は多いはず。乾燥肌のケアには保湿が大切です。ここでは、乾燥肌におすすめの保湿成分や乾燥肌向けのスキンケア方法、乾燥肌対策に役立つ保湿アイテムなどをご紹介します。

 

乾燥肌のための保湿スキンケアとは?

乾燥はシワやくすみ、たるみ、シミ、ニキビなどあらゆる肌トラブルのもと。乾燥肌を放置すると、バリア機能が低下して敏感肌になることもあります。乾燥肌の人は丁寧なスキンケアで肌状態を整えましょう。

スキンケアにはクレンジングや洗顔、保湿、紫外線対策などさまざまなケアが含まれますが、乾燥肌の人には保湿が大切です。

■保湿スキンケアって?
健康的な肌には、角層細胞間で水分を保持する細胞間脂質と角層細胞の中で水分を抱え込むNMF(天然保湿因子)、水分の蒸発を防ぐ皮脂膜がバランスよく存在します。ところが、乾燥肌はこれらの成分が少なく、肌に潤いを溜めておけません。

保湿スキンケアは肌に水分を与え、蒸発を防ぐケアです。細胞間脂質やNMF、皮脂の働きを補うことで、肌のバリア機能を高め、刺激に強い肌を作ります。

 

乾燥肌向けの保湿化粧品の種類

乾燥肌のケアに使える保湿化粧品にはさまざまな種類があります。主な保湿化粧品の種類と働きをチェックしていきましょう。

・化粧水:水分を与える
・保湿美容液:保湿成分を補う
・乳液:水分や保湿成分を肌にキープする
・クリーム:表面に油の膜を作り、水分の蒸発を防ぐ

乾燥肌の人は異なる種類の保湿化粧品を重ねて使い、たっぷりと潤いを与えてキープすることが大切です。また、乾燥肌なら、顔だけでなく体のケアも必要です。水分を与えるボディローションや潤いをキープするボディクリームを使い、肌トラブルを予防しましょう。

 

乾燥肌におすすめの保湿成分

乾燥肌のケアには、とにかく保湿が重要。水分を与えたり、キープできたりする保湿成分入りの化粧品で肌状態を整えましょう。

■セラミド
水分を保持する細胞間脂質の一つ。そのままでは水に溶けにくいですが、製法などを工夫して化粧水に配合されています。ヒト型セラミドの他、植物由来のセラミド疑似成分を含んでいる保湿化粧品も多いです。

■アミノ酸
NMFの約半分がアミノ酸でできています。乾燥によってバリア機能が低下し、敏感肌になっている時はアミノ酸を含む保湿化粧品を使いましょう。

■スクワラン
皮脂にはスクワレンという物質が含まれています。スクワレンは酸化して肌に刺激を与えることがあるため、保湿化粧品には安全性を高めたスクワランが配合されています。

 

乾燥肌向けの保湿化粧品の選び方

乾燥肌の人は次のポイントをチェックして保湿化粧品を選びましょう。

■高保湿タイプ
乾燥肌の人には、保湿力の弱いさっぱりタイプの化粧品は向いていません。細胞間脂質やNMF、皮脂の働きをサポートする保湿成分がたっぷりと含まれた高保湿タイプの化粧品を使いましょう。

■刺激成分に注意
肌が乾燥すると、バリア機能が低下して刺激に弱くなるので、保湿化粧品の成分で肌荒れしてしまうことがあります。刺激が心配な人や敏感肌になっている人は、アルコールや香料、鉱物油などの成分が入っていない低刺激性の保湿化粧品を使いましょう。

 

乾燥肌向けの保湿スキンケア方法をご紹介!

 

乾燥肌向けの保湿スキンケア方法【1】洗顔後は素早く化粧水を塗る

洗顔や入浴をすると、角層から細胞間脂質やNMFが流出して乾燥しやすくなります。乾燥肌の人はできるだけ早く保湿して肌状態の悪化を予防しましょう。

洗顔や入浴の後にまず使うべき保湿化粧品は、化粧水やローション。顔の場合は、500円玉大の化粧水を肌にのせ、ハンドプレスして保湿成分を浸透させましょう。

乾燥肌でバリア機能が低下している人は、コットンの刺激で肌荒れすることがあるので、手で優しく塗るのがポイントです。

 

乾燥肌向けの保湿スキンケア方法【2】美容液を丁寧に馴染ませる

乾燥肌のフェイスケアには、保湿美容液も欠かせません。1円玉大程度の美容液を手に取り、頬、おでこ、鼻、顎に置いたら、顔の内側から外側に向かって馴染ませましょう。

頬は耳まで、おでこは生え際ギリギリまで、顎は首まで抜かりなく保湿するのがポイントです。

 

乾燥肌向けの保湿スキンケア方法【3】乳液やクリームを塗る

べたつきが嫌で乳液やクリームを使わない人もいますが、化粧水や美容液だけでスキンケアを済ませると、水分や保湿成分がどんどんと肌から蒸発していきます。乾燥肌の人は乳液やクリームで水分や保湿成分を守りましょう。

保湿スキンケアでは乳液を塗った後、クリームで蓋をするのが一般的です。

■ムラなく広げる
乳液やクリームが付いていない部分があると、そこから水分や保湿成分が逃げていきます。頬、おでこ、鼻、顎に適量の乳液やクリームを置いたら、内側から外側に向かって手のひら全体で均一に優しく伸ばしましょう。

顔全体に2回乳液やクリームを塗り広げると、ムラを予防できます。

■乾燥しやすい部分は重ね塗り
乾燥肌の人は、目元や口元など皮脂が少ない部分に乳液やクリームを重ね塗りしましょう。目元や口元はデリケートなので、肌を傷つけないように優しく保湿してください。

 

乾燥肌におすすめの保湿アイテム【1】ACSEINE(アクセーヌ) モイストバランス ローション

口コミサイトや美容雑誌などのランキングで上位を獲得している大人気の保湿化粧水。業界最小レベルでセラミドの類似成分を角質層の至る所に届けます。乾燥肌の人は顔だけでなく、首やデコルテの保湿に使うのもおすすめです。

ACSEINE(アクセーヌ) モイストバランス ローション

¥6,050

販売サイトをチェック
 

乾燥肌におすすめの保湿アイテム【2】NOV(ノブ) ノブ Ⅲ モイスチュアクリーム

肌に潤いを閉じ込めてくれる乾燥肌・敏感肌用保湿クリーム。細胞間脂質、NMF、皮脂の働きをサポートする保湿成分がバランス良く配合されています。こくのあるリッチなテクスチャーでしっかりと潤いを与えられるのが魅力です。

NOV(ノブ) ノブ Ⅲ モイスチュアクリーム

¥4,950

販売サイトをチェック
 

乾燥肌におすすめの保湿アイテム【3】NIVEA(ニベア) プレミアムボディミルク モイスチャー

乾燥肌のボディケアにおすすめの保湿アイテム。グリセリンや高保水型ヒアルロン酸などの成分が角層の隅々まで潤いを与え、なめらかな美肌に導きます。使い続けていると、肌が柔らかくなってくるでしょう。


乾燥はさまざまな肌トラブルの元。乾燥肌の人は保湿スキンケアで肌状態を整えましょう。スキンケアには保湿成分が配合されたアイテムを使うのがおすすめです。