BEAUTY

目元はマスクで潤いをプラス!<必見>若々しい目元を作るアイテム

目元は皮膚が薄い分乾燥しやすく、シワなどができやすいエリア。見た目の肌年齢も出やすいので、定期的に潤いを与えてケアしていきたいですね。そんな目元ケアにおすすめのアイテムが「目元マスク」。ドラッグストアでも気軽に手に入るので、賢く活用していきたいところです。今回は目元マスクについて、効果や選び方などをご紹介します。

 

目元マスクとは?

 

目元周辺に潤いを与えるケア

目元マスクをしている女性

目元マスクとは、目の周りに潤いや栄養を与えるスキンケアアイテムの一種。他の部位に比べて皮膚が薄い目元は、乾燥しやすいのでシワができやすいほどデリケートです。

そんな目元にしっかり潤いを与え、シワなどのトラブルを防止するのが目元マスクです。定期的に使用することでイキイキとした目元をキープできるので、女優やモデルなども愛用しているケアアイテム。

目元のトラブルを悩みとして抱えている方や予防したい方におすすめです。

 

目元マスクの効果

女性の目元

目元マスクは製品によって配合成分がそれぞれですが、主にコラーゲンやヒアルロン酸などが含まれています。
このため、目元マスクの期待できる効果として、保湿ができる点が大きな特徴。目元の保湿が十分できていれば、乾燥やシワのない若々しいお肌をキープできるようになります。

更に紫外線などのダメージによる「茶クマ」や加齢による「黒クマ」の防止や緩和にもなり、目元の美容を司るアイテムとして目元マスクは重宝してくれます。

 

目元マスクの種類

フェイスマスク

顔の中でもデリケートな目元のケアとして、手軽にできる目元マスク。基本的な効果は他の美容アイテムと同じですが、一口に目元パックと言ってもさまざまな種類があります。

■シートタイプ
目元マスクとして代表的なのが、シートタイプです。目元にピタッと貼り付けるだけなので使いやすく、比較的にリーズナブルでドラッグストアなどでも手に入りやすいです。保湿効果はもちろんのこと、さまざまな成分で保湿以外の効果が期待できたり、コットンをベースにしたものやゼリー状の目元マスクなども出回っています。

■クリームタイプ
クリームタイプは、目元に適量を塗り込むだけで保湿などの効果が期待できる目元マスク。デリケートな目元の皮膚に合わせて低刺激の成分を用いており、安心して使える上に塗った状態で睡眠が可能なのもメリット。シートタイプよりも手軽に活用できるので、一つ持っておくとかなり重宝します。

■ホットマスクタイプ
目元の血行促進を目的に作られているのが、ホットマスクタイプ。実際には保湿などの機能がないのでマスクではありませんが、血行促進による目の下のクマの改善にも効果が期待できます。同時に眼精疲労の緩和にもつながるので、パソコンを日常的に使用している人におすすめです。

■針タイプ
小さな針状のヒアルロン酸は肌に直接触れることで、効率よく保湿ケアができる針タイプ。場合によっては若干の刺激を感じ、多少高級ではありますが、しっかりと目元を保湿したい方には最適です。

 

目元マスクの選び方

パックで目元をケアしている女性

想像以上に種類がある目元マスク。実際に取り入れようとしても数が膨大なので、何を使っていいか悩んでしまいますよね。ここではそんな方のための、目元マスクの選び方にスポットを当てていきます。

■抱えている目元の悩みを把握する
目元マスクを選ぶ際に一番に考えたいのが、今現在抱えている目元の悩み。乾燥を始め、シワやクマなど、目元の悩みはそれぞれですが、まずは自分が持っている目元のトラブルを把握しておきましょう。それらの悩みに合わせて、配合されている成分で選んでいくのがポイントです。

■使い方で選ぶ
上記でも触れたように、目元マスクは種類によって使い方も微妙に違います。このため自分の生活スタイルに合わせて、使いやすい目元マスクを選ぶのも一つ。手軽に目元をケアするならクリームタイプにしたり、じっくりケアするならシートタイプなど、自分にとって使いやすいタイプを選ぶのが好ましいです。

■シートの素材で選ぶ
シートタイプは、商品によって使用しているシートの素材がいろいろ。シートによって使用感が全く違うので、素材で選ぶというのも重要です。シートタイプでポイントになるのは、お肌との密着性。しっかり目元に貼り付くことで、マスクの成分を効率よく浸透させてそれぞれの効果を得やすくします。中でもコットン素材は密着性が高く、コストパフォーマンスの良さや商品の数も多いので、目的に合わせた目元マスクが手に入りやすいです。

■お肌との相性を考える
目元マスクを選ぶポイントとして、お肌との相性も考えていきたいですね。お肌に刺激がある状態で使用すると、肌トラブルになりやすく美容効果の期待も薄くなります。基本的に目元マスクは低刺激とは言え、その中でも自分のお肌に合ったものを厳選していくことが大切です。

 

おすすめの目元マスク①Kracie(クラシエ) 肌美精 リンクルケア 目もと集中マスク

Kracie(クラシエ) 肌美精 リンクルケア 目もと集中マスクは、乾燥や小じわケアに特化したプチプラ目元マスク。ひと箱30回分の使用が可能で、コストパフォーマンスも高いです。

シートパックやパッククリームなどのシリーズ展開もされているので、併用して使うと効果も期待しやすくなります。

 

おすすめの目元マスク②Dr.Hauschka(ドクターハウシュカ) リバイタライジングマスク

Dr.Hauschka(ドクターハウシュカ) リバイタライジングマスクは、ドイツ産オーガニックコスメの目元マスク。天然由来の成分をたっぷり配合し、目元を優しく集中的にケアしてくれます。敏感肌を鎮静する作用も期待できるので、目元以外にも活用できる点でも便利です。

Dr.Hauschka(ドクターハウシュカ) リバイタライジングマスク

¥6,048

販売サイトをチェック
 

おすすめの目元マスク③桐灰 あずきのチカラ 目元用

桐灰 あずきのチカラ 目元用は、ホッカイロなどでおなじみメーカーの目元ケアアイテム。あずきの保温性に着目した目元マスクで、天然の蒸気で目元を温めて血行促進を促します。

レンジで温めて使うタイプで、約250回は繰り返し使用が可能。コストパフォーマンスも良好なので、目元ケアの一環として一つは持っておきたいですね。

 

おすすめの目元マスク④THE CURE(ザキュア) マイクロアイパッチ

THE CURE(ザキュア) マイクロアイパッチは針タイプの目元マスク。皮膚の深層までヒアルロン酸を浸透させるので、効率よく保湿ができる目元マスクです。つけた状態で睡眠できるので、使用感の手軽さも魅力です。

THE CURE(ザキュア) マイクロアイパッチ

¥864

販売サイトをチェック
 

お手製の目元マスクもおすすめ!

コットンを目元に当てる女性

バラエティ豊かな市販の目元マスクですが、より手軽にケアしたいなら自作もおすすめ。作り方も簡単で、目元マスクがない場合にも代用できるので覚えておきましょう。

<お手製の目元マスクの作り方>

①アイシートやコットンに精製水をなじませる
②お好みのスキンケアアイテムをなじませる


お手製の目元マスクの作り方は以上。精製水を専用のアイシートやコットンになじませ、しっかり絞っておくのがポイント。使用するスキンケアアイテムは手持ちのものでOKですが、たっぷりめになじませるとお肌との密着度も高くなります。


乾燥やシワなどができやすいほどデリケートな目元。そんな目元をしっかりケアできるマスクは、定期的に使用することで美しい状態を維持しやすくなります。目元が若々しくなると顔全体も明るくなり、良い印象を与えやすくなるので市販や自作のものを積極的に活用していきたいですね。