BEAUTY

座りながらのヒップアップで美尻に!トレーニング方法やメリットも

おしりは座り方が正しくないと、形が崩れる原因になってしまいます。日ごろから気を付けて筋トレなどを行うことで、形の崩れを予防しましょう。今回は座りながらのヒップアップに注目し、その方法やメリットなどをご紹介します。

 

おしりの形を崩す座り方

椅子に座ってくつろぐ女性

女性にとっておしりの形が崩れてしまうのは、ボディラインが歪んだり、パンツルックできれいなおしりをアピールできないのが難点。おしりが垂れるのは、おしりの筋肉が緩み脂肪が下がることが挙げられますが、それ以外に座り方も原因の一つとして考えられます。

というのも、座り続けると骨盤と頸椎を繋ぐ「仙腸関節」が緩みます。すると骨盤が後ろに傾き、周辺の筋肉が衰えて徐々に足が開き、おしりが垂れ始めます。

座る姿勢が悪かったり、脚を組むといった行為や長時間座り続けることもおしりが垂れやすくなる原因です。座りながらのヒップアップで予防するのが重要になってきます。

 

座り垂れ尻になりやすい人

足を開いて座る女性

上記の原因を踏まえて、座り垂れ尻になりやすい人はどんなタイプなのかもチェックしていきましょう。

■自然に足が開く人
骨盤が後傾している人は、座っていると自然に足が開いてしまい、筋肉が緩んでおしりが垂れやすくなります。

■姿勢の悪い人
骨盤の後傾ともつながってきますが、姿勢の悪い人は正しい姿勢を支える筋肉が緩みやすいので、座っていても足が開きやすくおしりが垂れる傾向にあります。

■デスクワークが多い人
長時間座る作業が多いデスクワークは、骨盤の一部である仙骨が開くので足が広がっておしりが垂れやすくなります。事務作業やパソコンでのお仕事を日常的にしている人は座り垂れ尻になることが多いので、座りながらのヒップアップを賢く取り入れていきたいところです。

 

座りながらヒップアップトレーニングのメリット

座りながら瞑想している女性

おしりが垂れてしまうのは、座ることによる姿勢などが影響しているようです。座る行為でおしりが垂れるのであれば、座りながらのトレーニング方法でヒップアップできればうれしいですね。

では座りながらのヒップアップトレーニングには、どんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

■時間を有効活用できる
本来、トレーニングは空いた時間で行うものですが、座りながらのヒップアップトレーニングはデスクワークなどの時間を有効活用できるのがメリットの一つ。忙しい人でも取り入れやすいトレーニングです。

■気軽にできる
座りながらのヒップアップトレーニングは、難しいことを要求しないので簡単にできるというのもメリットです。何かをしているついでに行うので、気軽に実践できるのが魅力です。

■姿勢がきれいになる
座りながらのヒップアップトレーニングは、続けることで座る際や立った際などの姿勢全体が美しくなります。骨格を支える筋肉も正常に作用するので、血行促進などの健康面でも良い影響が出やすくなります。

 

座りながらヒップアップする方法①座り方を意識する

正しい姿勢で座る女性

座りながらのヒップアップトレーニングとして最も手軽に行えるのが、座り方を意識する方法。これまで慣れてきた座り方から正しい姿勢に矯正をするので、最初のうちは少し辛いですがしっかり体に覚えさせていけば楽になるはずです。

正しい座り方を矯正する方法は以下の通り。

①深めに座り、座骨がある部分に手を入れる
②その状態で上半身を倒してお辞儀の姿勢にする
③胸を張って上半身をおこす


上半身をおこしたときの姿勢を崩さないように意識して座ることで、姿勢の矯正になります。この際、重心を太ももにかけるようにイメージしておくと効果的です。

 

座りながらヒップアップする方法②おしりの筋肉に力を入れる

背もたれによしかかって座る女性

座りながらのヒップアップトレーニングの一つに、おしりの筋肉に力を入れる方法もあります。

これは椅子に座っている状態で、肛門をキュッと締めるのを何度か行えばいいだけ。できる限りの力で肛門を締めて、8~10秒ほどキープするのを3セット行いましょう。

このヒップアップ方法は息を止めがちですが、しっかり呼吸しながら行うのもコツです。

 

座りながらヒップアップする方法③足を上げてトレーニング

足を上げるトレーニングも、座りながらのヒップアップに効果的です。

座った状態で足を上げればいいだけですが、腹筋と骨盤を使って足を上げるようにイメージします。足を上げた状態をキープしてもいいですが、上げ下げ運動を何度か行うのもおすすめです。

 

座りながらヒップアップする方法④膝のトレーニング

おしりが垂れる原因の足の開きは、座りながらの膝のトレーニングで解消しましょう。

浅めに椅子に座り、背筋を伸ばして、手で拳を作り膝の間に挟めます。拳を膝の力でギュッと挟み、5秒間ほどキープしましょう。テニスボースやミニサイズのバランスボールを使ってもOKです。


デスクワークなどの座る姿勢が崩れると、おしりが垂れるだけでなく、腰痛や肩こりなどを引き起こしかねません。座った際に足が開いているとおしりが垂れやすくなるので、早期に発見してヒップアップトレーニングで解消していくのが良いでしょう。座りながらのヒップアップトレーニングは手軽にできるので、日常生活にしっかり取り入れていくことで垂れ尻の予防にもなります。