BEAUTY

アトピー肌向けのファンデーションはどれ?選び方とおすすめ7選

アトピー肌でもメイクをしたいと思っている人は多いはず。しかし、アトピー肌の人はファンデーションで症状が悪化することもあります。ここでは、アトピー肌向けのファンデーションの選び方やおすすめのファンデーションについてご紹介します。

 

アトピー肌とは?原因を確認!

肌トラブルに悩む女性

アトピー肌(アトピー性皮膚炎)とは、痒みのある湿疹が良くなったり、悪くなったりすること。湿疹は赤みを帯びていて、ジクジクとしていたり、皮むけしていたりすることが多いです。

■アトピー肌はバリア機能が低下している
アトピー肌の詳しい原因はまだ解明されていません。しかし、アトピー肌の人は、他の人と比べて肌のバリア機能が低下していることがわかっています。

バリア機能は、乾燥や紫外線などの外部の刺激から肌の内部を守る仕組み。バリア機能が低下すると、刺激が入り込みやすくなるので、アレルギー反応で痒みのある湿疹ができると考えられています。

■アトピー肌を悪化させる原因は人によって違う
アトピー肌が悪化する原因は人によって違います。そのため、同じファンデーションを使っても湿疹が出る人と出ない人がいます。また、アトピー肌の状態は体調や環境によっても変わるため、ずっと使っていたファンデーションで急に症状が現れることも珍しくありません。

 

アトピー肌のファンデーションの選び方

アトピー肌でもメイクをして可愛くなりたいと思っている人は多いでしょう。しかし、アトピー肌の人は普通の人が刺激を感じないファンデーションで湿疹が出たり、痒いと感じたりすることが少なくありません。

肌状態を悪化させずにメイクを楽しみたい人は、次のポイントを押さえてファンデーションを選びましょう。

■成分
アトピー肌の人は、できるだけシンプルで肌に優しい処方のファンデーションを選びましょう。アトピーの症状を悪化させる成分は個人差がありますが、合成界面活性剤やパラベン、エタノールなどは刺激が強いので、できるだけ避けることをおすすめします。

なお、無添加コスメやオーガニックコスメのファンデーションは負担が少ないイメージがありますが、全ての人の肌に合うとは限りません。

アトピー肌の人は植物由来成分や天然成分でも肌荒れする可能性があるので、腕の内側などの目立たない場所で試してから顔に塗るのがおすすめです。

■落ちやすさ
アトピー肌にとっては肌に触れるもの全てが刺激になります。クレンジングでゴシゴシと擦らなければ落ちないファンデーションを使うと、アトピーが悪化することもあるので、落としやすいファンデーションを選びましょう。

石鹸だけで落ちるミネラルファンデーションや、軽いつけ心地のパウダーファンデーションなどはアトピー肌でも使いやすいです。

■UVカット効果
アトピー肌はバリア機能が低下していて、紫外線の刺激を受けやすいです。紫外線の刺激は湿疹を悪化させたり、シミやそばかすの原因になったりするので、できるだけUVカット効果のあるファンデーションを使いましょう。

ただし、合成成分の紫外線吸収剤が含まれるファンデーションは刺激が大きいです。湿疹や痒みが心配な人は、天然の鉱物油が由来になっている紫外線散乱剤が入ったファンデーションを使用しましょう。

■色
少量のファンデーションをフェイスラインに塗り、首と馴染む色を選びましょう。アトピーの影響で赤みが出やすい人は、ベージュ系やイエロー系のファンデーションで黄みをプラスするのがおすすめです。

一方、血色をアップさせるピンク系のファンデーションは赤みを目立たせるので、アトピー肌の人は避けた方が良いでしょう。

 

アトピー肌の人がファンデーションを塗る時のポイント

ファンデーションを塗る女性

アトピー肌の人は次のポイントを意識してファンデーションを使いましょう。

■保湿してからメイクする
肌が乾燥している時は、バリア機能が十分に働いていません。わずかな刺激でもアトピーが悪化する可能性があるため、メイクをする前はスキンケアでしっかりと保湿しておきましょう。

■カバーしたいところはコンシーラーを使う
赤みを隠すためにファンデーションを厚塗りすると、カバーしたい部分が浮くことがあります。アトピーによる赤みをナチュラルに隠したい人は、肌に優しいミネラル系の成分でできたコンシーラーを使いましょう。

適量のコンシーラーを塗った後、指で周りをぼかすと、自然に肌のトーンが整います。

■優しく広げる
ブラシやパフを強く押し付けるようにメイクをすると、肌に刺激が与えらえます。アトピー肌の人は顔の内側から外側に向かって優しくファンデーションを伸ばしましょう。

■清潔な道具を使う
定期的に洗浄していないブラシやパフ、スポンジには雑菌が繁殖しています。アトピー肌の人は常に清潔な道具を使うことを心がけましょう。

 

アトピー肌の人におすすめのファンデーション【1】CEZANNE(セザンヌ) UVファンデーションEX プラス

10代や、20代から40代以上まで、幅広い年代の女性に愛されているプチプラのパウダーファンデーション。

くすみをカバーし、透明感のある美肌を演出します。界面活性剤や鉱物油、香料、紫外線吸収剤などの刺激成分が入っていないので、「アトピー肌でも使えた」と言う口コミが多いです。

 

アトピー肌の人におすすめのファンデーション【2】ははぎく 水おしろい

カモミールの化粧水に粉おしろいを入れたシンプルな処方の水ファンデーション。メイクしているのを忘れるほど軽いつけ心地で、ファンデーションが苦手な人でも使いやすいです。

界面活性剤や香料、アルコール、油分などが含まれていないため、アトピー肌にも刺激が少ないでしょう。

ははぎく 水おしろい 100mL

¥1,650

販売サイトをチェック
 

アトピー肌の人におすすめのファンデーション【3】dプログラム 薬用 スキンケアファンデーション(パウダリー) (医薬部外品)

敏感肌向けブランドのパウダーファンデーション。2種類の薬用成分が肌荒れをケアし、美しい素肌に導きます。アトピー肌に嬉しいアルコールフリー、パラベンフリー、紫外線吸収剤不使用、無香料の処方です。

dプログラム 薬用 スキンケアファンデーション(パウダリー) (医薬部外品) (レフィル)

¥3,080

販売サイトをチェック
 

アトピー肌の人におすすめのファンデーション【4】ETVOS(エトヴォス) ミネラルフローレスリキッドファンデーション

色むらや凸凹、凹凸などをカバーし、セミマットな肌に仕上げるリキッドファンデーション。ヒト型セラミドなどの潤い成分が豊富で、乾燥や皮むけを予防できます。アトピー肌でも試しやすい肌に優しい処方で、石鹸だけで落とせます。

ETVOS(エトヴォス) ミネラルフローレスリキッドファンデーション

¥3,850

販売サイトをチェック
 

アトピー肌の人におすすめのファンデーション【5】Koh Gen Do(こうげんどう) グロス フィルム ファンデーション

ソフトフォーカス効果で毛穴の目立たないツヤ肌に導くファンデーション。「アトピーによる皮むけや湿疹でカサカサした肌にも溶け込むように馴染む」と人気です。
香料やパラベン、紫外線吸収剤などが不使用で、パッチテストもクリアしています。

Koh Gen Do(こうげんどう) グロス フィルム ファンデーション (レフィル)

¥5,060

販売サイトをチェック
 

アトピー肌の人におすすめのファンデーション【6】MiMC(エムアイエムシー) ミネラルリキッドリーファンデーション

栄養が豊富な白樺水と厳選されたハーブエキスを配合したミネラル処方のリキッドファンデーション。防腐剤や酸化防止剤の配合量が抑えられているので、バリア機能が低下したアトピー肌でも使いやすいです。

石鹸で落ちるので、クレンジングの負担もかからないでしょう。

MiMC(エムアイエムシー) ミネラルリキッドリーファンデーション (リフィル&ケース)

¥7,150

販売サイトをチェック
 

アトピー肌の人におすすめのファンデーション【7】ACSEINE(アクセーヌ) シルキィモイスチュア ファンデーションN

低刺激で高品質なコスメを扱うデパコスブランドのパウダーファンデーション。すべての粉が保湿力の高い成分でコーティングされているので、カサカサした肌にも馴染みます。
無香料、パラベンフリー、アルコールフリーでアトピー肌に向いているでしょう。

ACSEINE(アクセーヌ) シルキィモイスチュア ファンデーションN<リフィル>

¥4,950

販売サイトをチェック

アトピー肌の人は肌に優しいファンデーションを使うのがおすすめ。低刺激処方のファンデーションで優しくメイクをしましょう。メイクをする時は清潔な道具を使い、肌に負担をかけないことも大切です。