BEAUTY

ゆらぎ肌ってどんな状態?原因やアプローチ、おすすめアイテムはコレ

敏感肌ではないのに、かゆみやかさつき、肌荒れなどをたまに感じる……。それは「ゆらぎ肌」かもしれません。肌が弱くなくても誰でもなってしまう可能性のある「ゆらぎ肌」。その原因や症状、アプローチ方法などをチェックしていきましょう。

【目次】

 

ゆらぎ肌とはどんな症状?かゆみ、かさつき、肌荒れなど

ゆらぎ肌の女性のイメージ写真

ゆらぎ肌とは、その名のとおり肌がゆらいでいる時のことを指します。
具体的に言うと、いつもどおりのスキンケアをしていても、肌荒れや乾燥などの肌トラブルを感じてしまう状態のことを言います。

普段は敏感肌というわけではなくても、ゆらぎ肌は誰でもなってしまう可能性があります。
季節の変わり目やストレスなど、様々な原因によって肌のバリア機能が低下してしまうことでゆらぎ肌になってしまうのです。

しかし、敏感肌と違って一時的なものですので、正しくケアをしてあげることで改善が見込めるかもしれません。

 

肌のバリア機能が下がってしまうゆらぎ肌!原因は何?

 

ゆらぎ肌の原因【1】一年中感じやすいのは乾燥

肌が乾燥している女性の写真

ゆらぎ肌で一番多く感じやすいのは、乾燥です。
秋冬は空気が乾燥している上に、暖房によってより乾燥がひどくなります。
春は暖房による乾燥はありませんが、外の空気が秋冬と同じくらい乾燥しています。また、夏も室内の冷房による乾燥があります。

さらに、皮脂によって肌がベタベタしている場合は、乾燥している肌を皮脂が潤そうと過剰分泌してしまいます。過剰な皮脂分泌はニキビや肌荒れの原因にもなります。

 

ゆらぎ肌の原因【2】春の花粉や夏の紫外線など外的要因によるストレス

花粉を感じる女性の写真

花粉や紫外線などの外的要因による刺激は、赤みやかゆみの原因になります。
特にアレルギー体質の方は、外的要因によるストレスの影響が大きく、肌のターンオーバーが乱れやすくなってしまいます。

 

ゆらぎ肌の原因【3】季節の変わり目や昼夜の寒暖差

寒さを感じる女性の写真

季節の変わり目や昼夜の寒暖差が激しい時は、風邪を引く人が多いですよね。
肌も同じで、気温差が激しい時期には影響を受けやすいです。

気温や湿度の変化で血行が悪くなったり、自律神経が乱れてしまうと、肌トラブルを起こしてしまいます。

 

ゆらぎ肌の原因【4】生理前などホルモンバランスの変化

生理前のイメージ写真

生理前には体調が悪くなったり、眠気やストレスなど、様々な悩みがあるでしょう。
これは全てホルモンバランスの変化が影響しています。

ホルモンバランスの変化は、肌のバリア機能の乱れにも繋がるため、ニキビや肌荒れとして現れてしまいます。

 

ゆらぎ肌の原因【5】睡眠不足やストレスなど

睡眠不足と仕事のストレスを抱えている女性の写真

仕事上、生活習慣が乱れている人や、家事や育児に追われている人は、睡眠不足やストレスを多く感じているはず。
睡眠不足やストレスは、ホルモンバランスや自律神経の乱れに繋がります。生理前と同じく、ニキビや肌荒れの原因となるのです。

 

ゆらぎ肌を対策しよう!アプローチ方法

 

ゆらぎ肌へのアプローチ方法【1】バリア機能の回復にはとにかく保湿!

保湿スキンケアの写真

肌のバリア機能を整えるためには、保湿してターンオーバーを正常化することが大切です。
乾燥を感じている人はもちろん、保湿力が高いとろみ系の化粧水やこっくりとしたクリームなどでしっかり保湿することが大切です。

そして、肌がベタベタしている場合は、乾燥により過剰に皮脂が分泌している可能性が高いです。
さらっとしたテクスチャーの化粧水や、ベタつかないジェル系のクリームを使ってしっかり保湿しましょう。

 

ゆらぎ肌へのアプローチ方法【2】洗顔やクレンジングのしすぎはNG!優しい成分で手早くが鉄則

洗顔している女性の写真

過剰な皮脂分泌やニキビ、毛穴の詰まりなどが気になる場合でも、洗顔のしすぎは肌の潤いまで洗い流してしまうためNGです。
洗浄力が強すぎず、優しい成分のクレンジングや洗顔料を選び、手早く洗うように心がけましょう。

 

ゆらぎ肌へのアプローチ方法【3】紫外線や花粉など、外的要因を未然に防ぐ

マスクを持っている女性の写真

紫外線には日焼け止め、花粉にはマスクなどで、外的要因は未然に防げるようにしましょう。
ニキビや肌荒れがひどい場合、クリームタイプの日焼け止めは油分が多く刺激となってしまう可能性がありますので、ジェルタイプがおすすめです。

 

ゆらぎ肌へのアプローチ方法【4】質の良い睡眠とリラックスでストレスを溜めない

寝ている女性の写真

ホルモンバランスの乱れとなる睡眠不足やストレスは、できる限り改善しましょう。
肌のゴールデンタイムは22時~2時とされていますので、その時間に熟睡できることが望ましいです。
仕事の都合で難しい人は、毎日同じ時間に寝て起きることを心がけるだけでも違います。

また、ストレスは溜めないようにリラックスするなど、自分のやりやすい方法でうまく発散していきましょう。

 

ゆらぎ肌におすすめのスキンケア

 

ゆらぎ肌におすすめのスキンケア【1】皮膚科医推奨スキンケアをプチプラ価格で!化粧水から美容液まで試せるNOVⅢ(ノブⅢ)

肌がゆらいでいるからこそ、新しいスキンケアに挑戦するのは、肌に合うのかわからず勇気がいると思います。
トライアルセットなら、プチプラ価格で化粧水から美容液までラインで試してみることができるのでおすすめです。

ノブⅢは、季節の変わり目や体調によるゆらぎ肌に着目したスキンケアシリーズ。
皮膚科医の協力に基づいて開発された商品ですので、安心して使えます。

NOV(ノブ) ノブ Ⅲ トライアルセット

¥1,620

販売サイトをチェック
 

ゆらぎ肌におすすめのスキンケア【2】花粉やホコリから肌を守るdプログラム アレルバリア ミスト

肌がゆらいでいる「ときどき敏感肌」に着目したdプログラムのアレルバリアシリーズ。
中でもアレルバリア ミストは、オイルと化粧水の2層タイプのミスト化粧水です。メイクの上からでも使えて、花粉やホコリなどの外的要因から肌を守ってくれます。

 

ゆらぎ肌におすすめのスキンケア【3】肌に優しく石鹸で落とせるVINTORTE(ヴァントルテ)ミネラルシルクファンデーション

ゆらぎ肌には、スキンケアだけでなく、日中付けているファンデーションも優しいものを使うことで肌トラブルを起こしにくいです。VINTORTE(ヴァントルテ) ミネラルシルクファンデーションなら肌に優しい無添加で、石鹸で落とせます。

しかも、カバー力が高くてモチもいいので、敏感肌やゆらぎ肌に悩んでいる方から人気です。

VINTORTE(ヴァントルテ) ミネラルシルクファンデーション

¥4,104

販売サイトをチェック

ゆらぎ肌は様々な要因があり、その原因は1年中潜んでいます。普段敏感肌とは無縁の方でも、ゆらぎ肌になってしまうことも。きちんと予防やケアをして、ゆらぎ肌にアプローチしていきましょう。