BEAUTY

スティックハイライトでなりたい顔に!効果的な使い方やおすすめ

メイクの仕上げに使って理想のメイクを叶えるスティックハイライト。大人気の韓国メイクや小顔メイクにも大活躍!そんなスティックハイライトの効果的な入れ方や、プチプラ・デパコスのおすすめ商品をご紹介します。

 

スティックハイライトとは?

ハイライトとは、明るい部分を作ることで陰影をつけるメイク道具。スティックタイプはパウダータイプより扱い方が簡単なので、メイク初心者でも使い勝手が良いです。

スティックハイライトで明るい部分ができれば、メイクに立体感が出てホリが深い顔立ちに。小顔効果も期待できるので、積極的に使いたいアイテムです。

 

スティックハイライトの選び方【1】肌に合う色で選ぶ

■ピンク系

ピンク系のスティックハイライトは、色白の方におすすめ。顔色が悪くくすんで見えがちな肌に、血色感を与える効果があります。

ピンクと言っても、スティックハイライトは肌に乗せてから伸ばすとほとんどカラーは消えてしまうので、目立ちすぎる心配はありません。

■ベージュ系・ゴールド系

日本人に多い黄色がかった肌には、ベージュやゴールド系のスティックハイライトがおすすめ。

肌浮きすることなく、肌トーンをワンランクアップ!ツヤ感も出て、メイクに華やぎをプラスしてくれます。

■ホワイト系

肌カラーに関係なく使えるホワイト系のスティックハイライト。

発色が良く、肌の凹凸を強調する効果に優れていますが、乗せすぎは白浮きするので要注意。薄く乗せて様子を見ながら使いましょう。

 

スティックハイライトの選び方【2】仕上がりで選ぶ

■マット肌

マット肌を叶えるスティックハイライトは、ナチュラルメイクがお好みの方におすすめ。メイクにメリハリが出て、うまく影を隠して表情を明るく見せてくれる効果あり。

初めてハイライトを使う方や、オフィスシーンにもおすすめです。

■ツヤ肌

ツヤ感のあるスティックハイライトは、華やかな仕上がりに。サッと肌になじませるだけで、濡れたようなツヤ感を演出。つけ過ぎるとテカってしまうので、注意が必要です。

ラメやパールが配合されているタイプは、パーティーなどのイベントに便利。あまりキラキラだと悪目立ちするので、微粒子が配合されているものを選びましょう。

 

スティックハイライトの選び方【3】肌に負担が少ないものを選ぶ

敏感肌の方は、スティックハイライトも肌に優しい商品がベター。

保湿成分や天然ミネラル、植物性オイルを使ったもの、オーガニックブランドのものであれば、肌への刺激も抑えることができるので安心です。

 

スティックハイライトの使い方

スティックハイライトをうまく使いこなすには、2~3本入れた後に指やスポンジでなじませるのがポイントです。

1.リキッドファンデーションの場合は、ファンデーションの後に。パウダーファンデーションの場合は、下地とファンデーションの間にスティックハイライトを使います。

2.ハイライトを入れる場所は、Tゾーンが基本。おでこから鼻筋に向かって入れますが、鼻先まで入れてしまうとテカるので気をつけましょう。

3.頬の一番高い部分から、目尻に向かってスーッと線を引きます。頬がこけている方は、線を上げずに下げた方がふっくらした印象になります。

4.仕上げに顎にチョンと乗せましょう。

 

おすすめのスティックハイライト【1】LUNASOL(ルナソル) グロウイングデイスティック

しっとりしたテクスチャーで肌なじみが良いスティックハイライト。オイルのような潤いがあり、肌にツヤを与えてくれます。

カラーは白で目立つ心配もないので、初心者でも使いやすいのが特徴。頬の高い位置にオンして、立体感のあるメイクを完成させましょう。

 

おすすめのスティックハイライト【2】MAYBELLINE NEW YORK(メイベリンニューヨーク) マスターストロビングスティック

肌荒れが気になる肌でも、トーンを整えて滑らか肌に仕上げてくれるスティックハイライト。伸びが良くしっとりしているのに、サラサラの肌触りも人気です。

カラーは健康的な明るい肌を叶える「ヌード」と血色感をプラスする「ピンク」の2色。プチプラの割には機能性も使い勝手も良く、口コミでも高評価です。

 

おすすめのスティックハイライト【3】Daiso(ダイソー) UR GLAM(ユーアーグラム) ハイライタースティック

なんと100均で購入できるスティックハイライト。機能的にもコスパ的にも優秀でインスタでも話題のコスメです。

ほど良い光が、くすみや毛穴を飛ばして目立たなくする効果あり。サッとひと塗りするだけで、立体感メイクが完成します。

■Daiso(ダイソー) UR GLAM(ユーアーグラム) ハイライタースティック
定価:100円(税抜)

 

おすすめのスティックハイライト【4】RMK(アールエムケー) グロースティック

不動の人気を誇るデパコス「RMK(アールエムケー)」のスティックハイライト。ラメなしのヌーディーカラーなので、肌浮きの心配もなくナチュラルな仕上がりに。

しっとりテクスチャーの割には、サラっとした肌触りでつけ心地も抜群!よれる心配もないので、メイク直し用に持ち運ぶ女性も多いです。

RMK(アールエムケー) グロースティック

¥2,200

販売サイトをチェック
 

おすすめのスティックハイライト【5】CHANEL(シャネル) ボーム エサンシエル

発売されるや否や話題沸騰のスティックハイライト。まるで濡れているかのようなツヤ感は、さすがCHANEL(シャネル)と思わせる仕上がり。

動くたびに光を集めることで、理想のメイクを実現。みずみずしいクリアカラーの「トランスパラン」とパールの透明感が魅力的な「スカルプティング」の2色展開です。

CHANEL(シャネル) ボーム エサンシエル

¥5,500

販売サイトをチェック

スティックハイライトの使い方さえマスターすれば、立体感やツヤ感をプラスすることが可能。まだ未体験の方は、理想のメイクを叶えるためにぜひ使ってみてください。