BEAUTY

日焼け止めはクレンジングで落として!やり方やおすすめ商品をご紹介

日焼け止めは美肌のために欠かせないアイテム。しかし、落とし切れなかった日焼け止めが肌に残ると、肌荒れすることがあります。ここでは、日焼け止めを落とす時のクレンジングの必要性や日焼け止め落としにおすすめのクレンジングなどをご紹介します。

 

落とし切れなかった日焼け止めは肌に悪影響?

日焼けだけでなく、シミやシワ、たるみなどさまざまな肌トラブルを引き起こす紫外線の対策には日焼け止めが必須。年中、日焼け止めは大切ですが、特に夏は日焼け止めを欠かせない人が多いでしょう。

日焼け止めは肌を守るためのものですが、十分に落とし切れず、肌に残ってしまうと、さまざまなトラブルを引き起こします。落とし切れなかった日焼け止めによって起こるトラブルをチェックしてみましょう。

■ニキビや毛穴の黒ずみ
日焼け止めの油分が毛穴に詰まると、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖します。また、毛穴に入り込んだ日焼け止めが酸化すると、毛穴の黒ずみにも繋がります。

■肌に負担をかける
日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤などの化学成分は肌に負担をかけます。長時間、肌に残ってしまうと、かぶれたり、赤みが出たりする可能性があるでしょう。

■乾燥する
最近は潤いを重視した日焼け止めもありますが、多くの日焼け止めは乾燥しやすいです。日焼け止めが残れば、化粧水や美容液も浸透しにくくなるため、肌がどんどん乾燥します。

 

日焼け止めオフにはクレンジングが必要?

 

日焼け止めはクレンジングで落とそう!

基本的に、日焼け止めを落とす時はクレンジングが必要です。顔だけでなく、ボディ用の日焼け止めを使った時も肌に日焼け止めが残らないようにクレンジングをするのが無難でしょう。

特に、ウォータープルーフタイプの日焼け止めは水分をはじく性質があるため、クレンジングでしっかりと落とすのがおすすめです。

 

クレンジング不要の石鹸で落とせる日焼け止めもある

石鹸で落ちる日焼け止めも売られています。子供用の日焼け止めや敏感肌向けの日焼け止めは石鹸で落ちるものが多いので、クレンジングが必要かわからない時は商品説明を確認してみましょう。

ただし、石鹸で落とせる日焼け止めは簡単に落ちるとは限りません。肌をゴシゴシと擦らないと落ちていない気がする場合や洗い終わった後も皮膜感や違和感が残っている場合は、クレンジングをするのがおすすめです。

 

クレンジングを使った日焼け止めの落とし方

クレンジングをする女性

適量のクレンジングを取り、クルクルと円を描くように優しく日焼け止めを浮かせましょう。小鼻や首の下、肘裏などは日焼け止めが残りやすいので、丁寧にオフしてください。

頬や小鼻などの毛穴が気になるパーツはマッサージしながらクレンジングすると、毛穴が目立たなくなるでしょう。

 

クレンジングで日焼け止めを落とす時の注意点

指さす女性

ゴシゴシと擦るようにクレンジングすると、肌が傷ついてシミやシワに繋がります。日焼け止めは優しく落としましょう。

また、クレンジング後は肌が乾燥しやすいです。クレンジング後、洗顔が終わったら化粧水や美容液、乳液、クリームなどで丁寧に保湿しましょう。

 

日焼け止め落としにはどんなクレンジングがいい?

日焼け止めを落とす時はどんなクレンジングを使えばいいのでしょうか。

■普段と同じでOK
日焼け止めも普段、メイク落としに使っているクレンジングで落として問題ありません。ウォータープルーフタイプなどの落ちにくい日焼け止めを使用している場合は、洗浄力の高いオイルタイプやジェルタイプのクレンジングを使うと良いでしょう、

ただし、洗浄力の強いクレンジングは肌の潤い成分を奪うこともあります。レジャー用の日焼け止めにはオイルタイプ、普段使い用の日焼け止めはクリームタイプやミルクタイプなど、日焼け止めに合わせてクレンジングを変えるのも良いでしょう。

■体に使うなら大容量タイプがおすすめ
体に塗った日焼け止めを落とす場合は、リーズナブルなクレンジングを使うのがおすすめ。大容量タイプのクレンジングを選べば、量を気にせずたっぷりと使えるでしょう。

 

日焼け止め落としにおすすめのクレンジング3選

 

日焼け止め落としにおすすめのクレンジング【1】Curel(キュレル) ジェルメイク落とし

肌荒れやカサつきを繰り返している乾燥肌や敏感肌におすすめのクレンジングジェル。潤いを残しながら、日焼け止めやメイクをしっかりと落とします。擦らずに汚れを落とせるので、肌に負担をかけることもないでしょう。

 

日焼け止め落としにおすすめのクレンジング【2】Biore(ビオレ) パーフェクトオイル

キメや肌の奥に入り込んだ日焼け止めやメイクをすっきりと落とすオイルタイプのクレンジング。水と混ざっても洗浄力が落ちず、シャワーを浴びている途中でも湯船に浸かっている時でも使えます。

 

日焼け止め落としにおすすめのクレンジング【3】COSME DECORTE(コスメデコルテ) AQ ミリオリティ リペア クレンジング クリーム n

口コミサイトなどのランキングで上位にランクインすることが多いクレンジングクリーム。日焼け止めやメイク、酸化した皮脂などをしっかりと落としてハリのある美肌に導きます。

 

日焼け止めを落とすクレンジングの代用品は?

「クレンジングを切らしてしまった」と焦った経験がある人は多いはず。日焼け止めを塗った日にクレンジングを切らしてしまったら、家にあるもので代用してみましょう。

■オリーブオイル
オリーブオイルはクレンジングオイルの代わりに使用できます。日焼け止めが馴染んでスルスルと落ちるでしょう。

■美容オイルやベビーオイル
美容オイルやベビーオイルもクレンジングの代用品になります。肌への負担が少なく、素早く日焼け止めを落とせます。

■乳液
油分の多い乳液は日焼け止め落としに使えます。1分程度マッサージするように馴染ませてからぬるま湯ですすぎましょう。ただし、ウォータープルーフタイプなどの落としにくい日焼け止めは肌の表面に残ってしまうことがあります。


落とし切れずに残った日焼け止めは肌に悪影響。ニキビや肌荒れ、乾燥などを引き起こします。美肌を目指す人はクレンジングで丁寧に日焼け止めをオフしましょう。