BEAUTY

外国人風メイクで可愛くなろう!ポイントごとにやり方をご紹介

外国人のようなパーツがはっきりとしていて彫が深い顔に憧れている人は多いはず。外国人風の顔になりたいなら、メイクを工夫してみましょう。ここでは、外国人風メイクのやり方を詳しくご紹介します。

 

日本人と外国人の顔立ちの違いって?

外国人風メイクをしたいなら、日本人と外国人の顔立ちの違いを知っておきましょう。

■鼻や頬骨の高さ
日本人と外国人は骨格が違います。日本人は鼻が低めで頬骨が出ていない人が多いですが、外国人は鼻が高く、鼻筋が通っていて頬骨も目立ちます。

■彫の深さ
彫の深さは骨格が平面的か立体的かで決まります。日本人は平面的な顔をしている人が多く、彫が浅い一方で、外国人は顔に凹凸が多く、彫が深いです。

■唇の厚さ
日本人は唇が薄くて小さめ。清楚で可愛いイメージです。その一方、外国人は唇が厚めでボリュームがあり、セクシーな人が多いでしょう。

■髪や瞳の色も違う
日本人と外国人は骨格やパーツの大きさだけでなく、髪や瞳の色も違います。ほとんどの日本人は黒髪やダークブラウンヘアで瞳も黒やダークブラウンですが、外国人はブロンドヘアーで青系やグレー系の瞳の人も少なくありません。

 

外国人風メイクのポイントと必要なアイテム

外国人風メイクをする時に意識したいポイントと用意しておくべきアイテムを見ていきましょう。

■シェーディング
日本人と外国人は彫の深さが違います。彫が浅めの日本人が外国人風になるには、シェーディングで顔に陰影をプラスする必要があります。

■リップライナー
外国人風のふっくらリップを手に入れるためには、リップライナーが欠かせません。リップライナーで大きめにリップラインを取ると、ボリューミーでセクシーなリップを作れます。

■カラコン
カラコンなしでも外国人風メイクはできますが、より外国人っぽくなりたいならブルーやグレーなどのカラコンを用意しましょう。14.0㎜~15.0㎜程度のナチュラルなサイズがおすすめです。

 

外国人風メイクのやり方をポイント別でご紹介!

 

外国人風メイクのやり方【1】ベースメイク

外国人風メイクでは、ナチュラルで薄づきのベースメイクを意識しましょう。

■ツヤ肌向けファンデーションを薄めに塗る
外国人風メイクには、ツヤ肌に仕上がるファンデーションがおすすめ。マット系のファンデーションは顔が平面的に見えるので、避けた方が良いでしょう。

ファンデーションを塗る時は薄めに広げるのがポイント。厚塗りすると、顔の凹凸が薄れて見えるため、しっかりと伸ばしましょう。外国の少女のようになりたい人はあえてソバカスなどを見せても可愛いです。

■コントロールカラーで肌トーンを整える
くすみや赤みがある人はファンデーションの前にコントロールカラーで肌トーンを整えましょう。ベースメイクで肌のトーンを整えておくと、シェーディングを入れやすいです。

 

外国人風メイクのやり方【2】ハイライト・シェーディング

外国人風メイクには、ハイライトとシェーディングが大切。光と影を上手く使って顔の立体感を強調し、外国人のように彫を深く見せましょう。

■ハイライト
ハイライトはTゾーンや頬骨、顎先などに入れましょう。ブラシを使ってふわっと入れるのがポイントです。

■シェーディング
シェーディングは髪の生え際やフェイスライン、鼻の両脇、頬骨の下などに入れましょう。シェーディングが濃いと、不自然に見せてしまうので、ナチュラルに影を作ってしっかりとぼかすのがコツです。

 

外国人風メイクのやり方【3】眉毛

眉毛は顔の印象を決めるパーツ。外国人風メイクでも丁寧にアイブロウメイクをしましょう。

■眉毛と目を近く見せる
日本人は外国人と比べて眉毛と目の距離が広い人が多いです。外国人風メイクでは、自分の眉毛の下に2㎜~3㎜程度眉毛を描き足し、眉毛と目の距離を近く見せましょう。

■ナチュラル眉を作る
眉毛はナチュラルに仕上げましょう。アイブロウパウダーで足りない部分を描き足したら、髪よりもワントーン明るい色のアイブロウマスカラを塗って抜け感を出しましょう。

 

外国人風メイクのやり方【4】アイメイク

外国人風メイクでは彫の深い目元を演出するのがポイント。アイメイクで外国人のようなはっきりとした目を作りましょう。

■アイシャドウはブラウン系でグラデーション
アイシャドウはグラデーションを作り、彫を強調しましょう。カラーはブラウン系を選ぶと、ナチュラルに目力をアップさせられます。

■奥二重や一重はカットクリースもおすすめ
奥二重の人や一重の人は外国人の間で話題の「カットクリース」と呼ばれるメイクを試してみましょう。カットクリースは眉毛の下のくぼみに沿って濃い色のアイシャドウを塗るメイク方法で、目が小さめでも外国人風のくっきりとした目元を演出できます。

■アイラインは長めに
アイラインはいつもより長めに引くのがおすすめ。リキッドアイライナーで目尻側を跳ね上げるようにアイラインを引くと、目力を強調できます。

■マスカラはたっぷりと
マスカラはたっぷりと塗って目力を強調します。まつ毛にボリュームがない人はつけまつ毛を付けるのも良いでしょう。

 

外国人風メイクのやり方【5】チーク

外国人風メイクでは、チークは骨格を強調するのに大切です。

■色はなりたいイメージで決める
色素が薄い外国の少女のような顔になりたい人はピンク系やコーラルオレンジ系のチークを使いましょう。ヘルシーな外国人のようになりたい人にはオレンジやベージュ、ブラウンがぴったりです。

■チークは横長に
チークは頬骨に沿って横長に入れましょう。チークを入れた後、頬骨の上にハイライトをのせると、骨格が強調されて彫が深く見えます。

 

外国人風メイクのやり方【6】リップ

外国人風メイクではふっくらとボリューミーな唇を作ることを意識してリップメイクをしましょう。

■プランパーでセクシーに
唇にボリュームがない人はリッププランパーで唇をボリュームアップさせましょう。リッププランパーはプチプラブランドからもデパコスブランドからも登場しています。

■リップライナーで大きめに輪郭を取る
リップライナーを使い、自分の唇よりも大きめに輪郭を取りましょう。横に大きくすると、ケバく見えやすいので、縦にふっくらさせるのが外国人風メイクのポイントです。

■色はベージュか赤
リップカラーはヌーディーなベージュ系かセクシーな赤を使います。ふっくら感が足りない場合は、口紅の後にグロスを重ね塗りしてください。

 

なりたいイメージ別に外国人風メイクのポイントをご紹介!

 

外国人風メイクのポイント【1】北欧ハーフ顔メイク

最近、人気の外国人風メイクの一つが北欧系のハーフ顔メイク。北欧ハーフ顔メイクをする時は色素を薄く見せることを意識しましょう。

■ベースメイクは透明感重視
ベースメイクはパープルやイエローのコントロールカラーで透明感を際立たせます。ファンデーションは素肌感のあるものを選ぶのがおすすめです。

■目元は優しく
目元はグレー系のアイシャドウを塗り、色素を薄く見せましょう。アイラインは目幅のみにペンシルアイライナーで引き、優しい印象に仕上げてください。

 

外国人風メイクのポイント【2】ロシア人風メイク

ロシア人は目鼻立ちがはっきりとした正統派美人。外国人風メイクでロシア人に近づきたい人はパーツをはっきりさせることを意識しましょう。

■ベースメイクは黄みを消す
ロシア人は透き通るような白肌の人が多いです。ブルー系のコントロールカラーを使い、日本人特有の黄みを消してロシア人のような白肌を演出してください。

■カラコンは色素が薄い色
カラコンはグレー系やブルー系などの色素が薄く見える色を選びましょう。

■パーツをくっきり見せる
アイラインやマスカラは黒で濃く仕上げ、リップは赤を選ぶのがロシア人風に見せるコツ。ぼかすよりもキリっとさせることを重視すると、目鼻立ちのくっきりとしたロシア人に近づけます。


外国人のような立体的で彫が深い顔に憧れている人は多いでしょう。外国人の顔に近づきたい人はメイクを工夫してみてください。外国人風メイクは普段とガラリと印象を変えられて周りの人から「すごい」と思われるでしょう。