BEAUTY

ライムジュースは健康や美容に最適!レシピや効果、使い方など

ライムジュースは美容やダイエットに効果的なジュースであることをご存知ですか?そこでこの記事ではライムジュースに着目し、女性に嬉しい効果や使い方、おすすめ商品などをご紹介します。ぜひ今日からライムジュースがある生活を始めてませんか。

 

ライムジュースの効果

ライムスライスが飾られたライムジュース

柑橘系の一種であるライムの果汁を用いたライムジュース。柑橘系特有の爽やかな風味と酸味が特徴ですが、ライムジュースにはどのような効果が期待できるのかをチェックしていきましょう。

■疲労回復
ライムジュースの成分として多くを占めているのが、酸味の元であるクエン酸です。ライムジュースの原料であるライムには、レモンやお酢以上のクエン酸が含まれていると言われています。クエン酸の主な効果効能には疲労回復があり、ライムジュースを飲むことで疲れを癒すことが可能です。

■ダイエット効果
ライムにはクエン酸を含め、ビタミンB群やビタミンE、マグネシウムやカリウムなどが含まれています。これらの成分は血行を促進したり、糖質やたんぱく質をエネルギーに変換する作用があります。これらの作用は基礎代謝を上げたり、脂肪燃焼を助けるなどの働きにもつながるため、結果的にダイエット効果を促してくれます。

■美容効果
ライムジュースに含まれるビタミンCは、コラーゲン生成を助ける重要な成分でもあり、お肌のハリの元になってくれます。更に、ビタミンCはメラニン色素の生成を抑える働きがあります。このため、ライムジュースを飲み続けることで、ハリや潤いと共にシミのない美しいお肌へと導くことができるでしょう。

 

ライムジュースの使い方

カットされたライム

ライムジュースはそのままだと酸味が強くて飲みにくいので、料理や飲み物などに活用するのがおすすめ。ここではそんなライムジュースの使い方をまとめてみました。

■飲み物
ライムジュースの使い方として定番なのが、飲み物に活用する方法。ジントニックなどのカクテルに用いますが、ライムジュースにハチミツを加えてソーダで割っていただくのもシンプルで美味しいです。その他、日本酒にライムジュースを少し加えるなどの飲み方もおすすめです。

■料理
ライムジュースのクエン酸はお肉を柔らかくする作用があるので、肉料理に取り入れるのも一つ。トムヤムクンなどの酸味のあるスープにも取り入れやすく、揚げ物にライムジュースを少量垂らすとさっぱりいただけます。

■デザート
ライムジュースに甘味を加えて冷凍庫で冷やし固めれば、シャーベットができます。ライムジュースにゼラチンを加えればゼリーにもなり、さっぱりとしたデザートが出来上がります。

 

ライムジュースの作り方

ライムの果汁を絞っている様子

ライムジュースは市販でも手に入りますが、自分でも簡単に作ることができます。ここではそんなライムジュースの作り方に触れていきます。

①材料
材料はライムのみ。一個の大きさがレモンよりも小さいので、たくさん欲しいのであれば10個ほど用意しておくのがいいでしょう。

②ライムを絞る
ライムは一個ずつ水で洗い、半分にカットします。カットしたライムは絞り器を使って果汁を絞りだしていきます。すべてのライム果汁を絞ったら容器に移し替えて冷蔵庫で保存し、1週間を賞味期限の目安にして使い切りましょう。

 

おすすめのライムジュース①etna(エトナ) シシリーライムジュース

手作りのライムジュースはフレッシュ感があって良いですが、市販のライムジュースは保存が効くのでおすすめです。

etna(エトナ) シシリーライムジュースは、イタリア・シシリー島産のライムを原料としたライムジュース。ライム果汁100%なので、ライム本来の風味や酸味をしっかり感じられるのが特徴。

カクテルを始めドレッシングや揚げ物など、使い方のバリエーションの幅が広いので一本は持っておきたいですね。

etna(エトナ) シシリーライムジュース

¥6,026

販売サイトをチェック
 

おすすめのライムジュース②明治屋 マイライム

明治屋 マイライムは、輸入やオリジナルブランドの食品を扱う明治屋のライムジュース。ライム果汁が10%と少なめで甘味料が含まれているので、カクテルやソフトドリンクに活用するのがいいでしょう。

昔ながらのパッケージもおしゃれなので、飾っておくのもいいですね。スーパーなどでも市販されているおなじみのライムジュースで、気軽な購入ができるのも魅力です。

他にもコンビニで買えるpokka sapporo(ポッカ サッポロ)のお酒にプラス ライムや、MONIN(モナン) コーディアルライムジュースも人気です。ぜひチェックしてみてください。

商品名:明治屋 マイライム
値段:575円(税込)


ライムジュースは果汁100%から10%のもの、オーガニックのライムを用いたものなどたくさんあります。もちろん材料さえ揃えば、手作りも可能です。飲み物や料理、デザートなど、幅広く活用できるので、手元に1本ライムジュースがあると便利なこと間違いなし。ぜひお好みのライムジュースで、美容やダイエットなどに役立てませんか。