BEAUTY

肩甲骨を動かすだけで代謝アップ!お手軽ダイエットのやり方とコツ

肩甲骨を動かすことで、様々なダイエット効果につながるのをご存知でしょうか?今回は簡単で継続しやすい肩甲骨ダイエットのやり方をご紹介するので、ぜひ今日から始めてみましょう。

 

肩甲骨ダイエットの魅力

綺麗な背中の女性

肩甲骨とは、背中の左右両側にあり、上半身の要とも言える大きな骨です。

肩甲骨を効果的に動かすことで、筋肉量が増加して脂肪燃焼が活発になり代謝がアップ!さらに、肩甲骨をほぐすことで骨盤がスムーズに動くようになるので、ゆがみが解消されるというメリットも。

ダイエットと言えば、有酸素運動や全身を使ったトレーニングなどキツいイメージが強いですが、肩甲骨ダイエットは肩周りを動かすだけのお手軽ダイエット。たった1ヶ所動かすだけで良いので、今までダイエットに挫折してきた方でも継続しやすいのが魅力です。

 

肩甲骨ダイエットの効果【1】脂肪燃焼効果

脂肪燃焼

普段はなかなか動かすことのない肩甲骨ですが、動かすことで褐色脂肪細胞が活性化されて、脂肪がどんどん燃焼。

褐色脂肪細胞とは、決して太る脂肪成分ではありません。ミトコンドリアが豊富に含まれている脂肪分で、熱を発生させて体温を調節する働きがあるので、エネルギーを作るために必要な脂肪です。

年齢と共に減少してしまい、特に女性の場合40代に入ると若い頃の半分ほどに。増やすことはできませんが、肩甲骨を動かすことで活性化できるので、代謝をアップさせて太りにくい身体を作ってくれます。

 

肩甲骨ダイエットの効果【2】骨盤のゆがみ解消効果

背筋が伸びた女性

肩甲骨は骨盤との関係性が深く、肩甲骨を動かすことで骨盤周りをほぐす効果も。骨盤のゆがみは下半身太りにつながると言われていますが、肩甲骨を柔らかくすることでスッキリさせることも可能です。

肩甲骨の動きが制限されて骨盤のゆがみが解消されれば、体内の筋肉が本来あるべき位置に戻り、代謝も活発に。

また、姿勢が悪いと胸部の血行も悪くなり、胸が垂れてしまうという悪影響も。肩甲骨ダイエットをすれば、代謝アップとともに姿勢も矯正できるので、バストアップ効果も高まります。

 

肩甲骨ダイエットの効果【3】リンパの流れを良くする効果

寝起きの女性

肩甲骨周りの筋肉は、あまり普段使われることがないので凝り固まってしまいます。そのせいでリンパの流れがスムーズに行われず、老廃物が溜まってむくみを引き起こすことも。

しかし、原因である肩甲骨周りの筋肉の動きを活発にすれば、リンパの流れも解消。さらに血行も良くなり代謝も上がるので、良いこと尽くしですね。

 

肩甲骨ダイエットのやり方【1】ゲッタマン体操

メディアで紹介されて話題となったゲッタマン体操は、簡単な体操でダイエット効果が期待できると大人気。中でも肩甲骨に効果的な体操がこちらです。

1.足を肩幅に開いて立ち、頭の上で両手を合わせます。肘をまっすぐにして、腕は耳につけましょう。

2.両手のひらを外側に向けて、肘を後ろに引くように曲げていきます。

3.胸の辺りまで下ろしたら、左右の肩甲骨を寄せるイメージでさらに引いていきます。

4.ゆっくりと息を吸いながら、手を頭の上まで戻します。これを1回として、10回繰り返しましょう。

 

肩甲骨ダイエットのやり方【2】タオルを使ったストレッチ

タオルでストレッチをする女性

タオルさえあればできる手軽な肩甲骨ストレッチ。代わりにチューブを使っても良いでしょう。

1.立ったままでも座った姿勢でも良いので、両手でタオルの両端を持ちます。

2.息を吸いながら、タオルを持ったまま手を頭の上まで持ち上げます。

3.息を吐きながら、タオルを持った両手が頭の後ろを通って肩の位置にくるまで下げていきます。

4.再び息を吸いながら、両手を頭の上まで上げます。これを1回として、10回繰り返しましょう。

 

肩甲骨ダイエットのやり方【3】肩甲骨はがし

肩甲骨はがしは、肩甲骨周りの血行を良くしてダイエット効果が期待できる他にも、姿勢の矯正やバストアップに効果的。慣れてきたらダンベルを持って行うのも良いでしょう。

1.正面を向いて耳を肩に近付けるように頭を傾けます。左右とも30秒間キープしましょう。

2.両腕を肩の高さまで上げて、手のひらは上に向けます。

3.肘を90度に曲げて、肩甲骨を下方向に動かします。この時、胸を張って肩甲骨同士を寄せることを意識しながら行います。

4.限界まで下げたら5秒間キープします。ここまでを1回として、10回行いましょう。

 

肩甲骨ダイエットのやり方【4】ストレッチポールを使うストレッチ

ストレッチポールを使用して行うストレッチは、深層筋までほぐれるので肩甲骨ダイエットにも高い効果が期待できます。

1.ストレッチポールの上に背骨をのせるようにして仰向けの状態になります。

2.腕を天井に向かって伸ばし、両方の肩をゆっくりと前後に動かしたり、肩甲骨を片方ずつ動かしたりしながらほぐします。

StretchPole(ストレッチポール) ストレッチポールEX(ネイビー)

¥9,350

販売サイトをチェック
 

肩甲骨ダイエットのコツ

ベッドの上でストレッチをする女性

■タイミング

肩甲骨ダイエットは比較的簡単にできるものが多いので、朝晩2回行うのが理想的。

朝行って基礎代謝を上げれば、その日1日の代謝がアップ!夜は入浴後の身体が温まっている状態で行えば、血行を良くすることができ、質の良い睡眠を確保できます。

■呼吸法

肩甲骨ダイエットを行う時は、呼吸を止めないのが基本。呼吸が止まることで筋肉が緊張して、あまり伸びなくなってしまうので気を付けましょう。


普段あまり使わない肩甲骨を動かすと、爽快な気分になるはず。そのうえダイエットに効果があるなんて嬉しい限りですね!ぜひお伝えした肩甲骨ダイエットを取り入れて、スッキリボディを手に入れましょう。