BEAUTY

皮脂を抑える方法ってある?皮脂が多い原因やおすすめアイテムなど

皮脂が多いと悩む女性は多いはず。皮脂は肌に必要ですが、過剰に分泌されると、テカリや化粧崩れ、ニキビなどのトラブルに繋がることもあります。ここでは、皮脂が多い原因や皮脂を抑える方法、皮脂に悩む人におすすめのアイテムなどをご紹介します。

 

皮脂が多い原因とは?

皮脂に悩む女性

健康的な肌は皮脂と水分のバランスが取れています。ところが、何らかの原因で皮脂が過剰になると、顔の脂が多くなったり、化粧が崩れたりします。まずは、皮脂が増える原因を確認しましょう。

■ホルモンバランスの乱れ
皮脂は男性ホルモンの働きによって増加します。女性の場合、思春期や生理前はホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが増えるので、テカリやすいです。

■生活習慣の乱れ
ストレスが溜まったり、睡眠不足になったりすると、ホルモンバランスが乱れます。これによって男性ホルモンが過剰になれば、皮脂も増加するでしょう。

■食生活
肉類やチーズ、バターなど脂質が多い食事を摂っていると、皮脂が増えると考えられています。また、白米やパン、クッキーなどの血糖値が急上昇しやすい食べ物を好んで食べている人も皮脂が多いです。

■間違ったスキンケア
皮脂が多い人は一日に何度も洗顔したり、乳液やクリームを使わずに化粧水だけでスキンケアを済ませたりすることがありますが、これらの習慣も皮脂を増やします。間違ったスキンケアで肌が乾燥すると、水分の蒸発を防ぐために皮脂が活発に分泌されるのです。

 

皮脂が原因で起こる肌トラブル

皮脂によるニキビに悩む女性

皮脂は外部からの異物の侵入や肌の水分の蒸発を防いだりする役割があるもの。不足すると、乾燥したり、刺激に弱くなって肌荒れしたりしますが、増えすぎてもトラブルに繋がります。過剰な皮脂が原因で起こる肌トラブルを見ていきましょう。

■テカリ・ベタつき
皮脂が過剰に分泌され、肌の油分と水分のバランスが乱れれば、テカリやベタつきが起こります。テカリやベタつきがあると清楚感が欠けるので「顔の脂がすごい女性は綺麗に見えない」という声も多いです。

■化粧崩れ
皮脂が増えると、メイクが落ちたり、ヨレたりします。一年の中でも皮脂や汗が増える夏は化粧が崩れやすいです。

■ニキビ
ニキビの原因菌は皮脂を餌にして増殖します。そのため、皮脂が多い人はニキビも多い傾向にあります。

■毛穴トラブル
皮脂と古い角質が混ざって毛穴に詰まれば、肌がザラザラとします。また、毛穴に詰まった角栓が空気に触れて酸化すると、黒ずむことも少なくありません。

 

皮脂を抑える方法【1】スキンケア

スキンケアをする女性

過剰な皮脂を抑えるためには適切なスキンケアが必要です。

■クレンジング
クレンジングの種類は、皮脂や毛穴の汚れをしっかりと落とせるオイルやジェル、クリームがおすすめ。メイクを優しく浮かせてからしっかりと洗い流しましょう。

■洗顔
洗浄力の強い洗顔料は肌が必要としている潤いを取るため、乾燥による皮脂の過剰分泌を招きます。皮脂を抑えるには、適度な洗浄力の洗顔料を選びましょう。しっかりと泡立てて泡を転がすように優しく洗うと、皮脂が増えにくいです。

■保湿
洗顔の後は、化粧水や乳液を使って保湿します。皮脂分泌抑制成分が配合された化粧品やオイリー肌向けの化粧品、オイルフリーの化粧品などはベタつきにくいので、皮脂が多い人でも使いやすいです。

 

皮脂を抑える方法【2】ベースメイク

ベースメイクをする女性

皮脂が多い人は化粧が崩れやすいです。皮脂を抑えるベースメイクで長時間メイク仕立ての美肌をキープしましょう。

■化粧下地
皮脂吸着パウダーなどが配合された皮脂を抑える化粧下地で予防しましょう。Tゾーンなどの特に皮脂が出やすい部分は、部分用のテカリ防止下地を使うのもおすすめです。

■ファンデーション
毛穴やニキビ跡などの肌トラブルを予防するために、ファンデーションを厚塗りすると、皮脂による化粧崩れが目立ちやすいです。肌トラブルがある人はコントロールカラーやコンシーラーを上手に使い、ファンデーションは薄く広げましょう。

■フェイスパウダー
フェイスパウダーは皮脂を抑えるのに欠かせません。顔全体にブラシやパフでふんわりとのせ、皮脂が多いTゾーンはパフなどで押さえるように重ね塗りしましょう。

■化粧崩れの対処法
皮脂で化粧が崩れた時は、ティッシュなどで軽く押さえて油分をオフしてからパウダーファンデーションやプレストパウダーを塗りましょう。皮脂を取るためにあぶらとり紙を使うと、肌が乾燥して皮脂が出やすくなるので注意が必要です。

 

皮脂を抑える方法【3】日常生活

睡眠を取る女性

皮脂を抑えるには、生活習慣の見直しも欠かせません。

■ストレスを発散する
ストレスは皮脂の分泌を活発にさせるので、休養や適度な運動で発散させましょう。趣味を楽しんだり、友達と話したりするのも効果的です。

■睡眠を取る
睡眠不足になるとホルモンバランスが崩れます。過剰な皮脂を抑えるためには、一日7時間以上質の良い睡眠を取るのが理想です。

 

皮脂を抑える方法【4】食べ物

皮脂に良い食べ物を食べる女性

皮脂が多い人は、栄養バランスの整った食事で肌の油分と水分のバランスを整えましょう。皮脂を抑える栄養素を含む食べ物を積極的に摂るのもおすすめです。

■ビタミンC
皮脂を抑制する作用があります。また、コラーゲンの合成を促したり、メラニン色素の生成を予防したりするため、ハリアップやシミ・そばかすの予防にも役立ちます。

<ビタミンCを含む食材>
緑黄色野菜、果物など

■ビタミンB2
皮脂を分解する働きや抗酸化作用があるので、テカリの予防やエイジングケアに向いています。

<ビタミンB2を含む食材>
豚肉、鶏肉、青魚など

■イソフラボン
ホルモンバランスを整えてくれるため、皮脂を抑える効果を期待できます。

<イソフラボンを含む食材>
豆乳、きな粉、大豆など

食事で十分に栄養を摂取するのが難しい場合は、サプリを利用するのも良いでしょう。

 

皮脂を抑えるおすすめのアイテム【1】KOSE(コーセー) ONE BY KOSE バランシング チューナー

日本で唯一、皮脂の分泌を抑える成分として認められたライスパワーNo.6を配合した薬用化粧水。過剰な皮脂を防ぎながら乾燥も予防し、油分と水分のバランスが整った理想的な肌に導きます。

 

皮脂を抑えるおすすめのアイテム【2】CLINIQUE(クリニーク) DDMG「ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ジェル」

過剰な皮脂やテカリを抑えるオイルコントロール機能があるデパコスの乳液。角質層の隅々まで浸透し、水分を与えます。伸びが良く、さわやかな使い心地なので、ベタつくスキンケアアイテムが苦手な人におすすめです。

CLINIQUE(クリニーク) DDMG「ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ジェル」

¥7,150

販売サイトをチェック
 

皮脂を抑えるおすすめのアイテム【3】SOFINA(ソフィーナ) Primavista 皮脂くずれ防止 化粧下地

皮脂を抑えるオイルブロック処方が採用された化粧下地。肌への密着度が高いので、ファンデーションのヨレが目立ちません。ヒアルロン酸やカミツレ花エキスなどの保湿成分が含まれているため、乾燥による皮脂の過剰分泌も防げます。

 

皮脂を抑えるおすすめのアイテム【4】innisfree(イニスフリー) ノーセバム ミネラルパウダー

韓国コスメブランドのプチプラのフェイスパウダー。皮脂吸着パウダーとミネラル皮脂コントロールパウダーが過剰に分泌された皮脂を抑えるため、メイク仕立てのサラサラ肌が長時間続きます。パラベンや合成色素、合成香料などが入っていないので、敏感肌でも使えるでしょう。

innisfree(イニスフリー) ノーセバム ミネラルパウダー

¥825

販売サイトをチェック

皮脂は肌に必要ですが、過剰に分泌されると、テカリやニキビに繋がります。皮脂の過剰分泌に悩む人は、スキンケアや生活習慣などを見直し、水分と油分のバランスを整えましょう。皮脂を抑える化粧品を使うのもおすすめです。