BEAUTY

プッチネイルの魅力とは?セルフのやり方と大人顔ネイルデザイン

上品な指先を演出するプッチネイル。様々なカラーを使ったネイルデザインは、インスタでも大人気です。今回はプッチネイルのセルフでのやり方や春夏秋冬のおすすめデザインをご紹介します。

 

プッチネイルとは?なぜ人気?

ポップな幾何学模様のプッチ柄は、大胆な色使いにもかかわらず上品さが際立つエレガントなイメージ。定番のパステルカラーからシックな配色まで、様々なカラーリングで楽しむことができます。

そもそも「プッチ」とは、デザイナーの名前。「プリントの王子」と言われているエミリオ・プッチによるブランドの定番柄として、世界中のおしゃれ上級者から支持されています。

ピンクやパープル、オレンジなどの鮮やかなカラーを使った曲線デザインは、洗練された都会的な雰囲気満載。ネイルに取り入れてもその雰囲気をキープできるので、おしゃれ度がアップします。

ただし、カラーによっては派手すぎることも。そんな時は、ベージュやグレーなどの大人カラーを使うことで印象を変えることができるのが、プッチネイルの魅力です。

オフスタイルには、思いっきり明るいカラーを使って、明るくポジティブな雰囲気に!お仕事コーデにはナチュラルカラーで落ち着きがある指先を楽しみましょう。

 

プッチネイルのやり方

プッチ特有のきれいめなパステルカラーも良いですが、落ち着いた雰囲気にしたい場合はグレージュやネイビー、ボルドーなど渋めカラーを使うと効果的です。

1.ベースジェルを塗って硬化します。

2.ベースカラーを塗る→硬化を2度繰り返します。

3.柄に使うカラーを極細筆につけて、プッチネイル特有の斜めラインの模様を書きます。まずは外枠を書いてから内側を塗りつぶしましょう。→硬化します。

4.もうひとつのカラーで、3.の内側にひと回り小さい模様を同じように書きます。→硬化します。

5.対角の位置にも同じようにプッチ模様を書きます。カラーのバランスに気をつけるのがポイント。→硬化します。

6.黒を使ってラインを入れます。ラインに沿って入れたり、途中から離しても雰囲気が出るでしょう。→硬化します。

7.アクセントにゴールドのラインもプラス。柄の外側を軽くなぞるくらいがちょうど良いです。→硬化します。

8.トップジェルを塗って硬化したら出来上がりです。

 

おすすめのプッチネイルデザイン【1】ナチュラルカラーでシンプルな大人ネイルに

ナチュラルなベージュベースのプッチネイルはオールシーズン対応。ベージュとピンクの同色系カラーで仕上げれば、悪目立ちする心配もありません。

黒いラインを効果的なアクセントに。他の指をベージュの単色にすれば、オフィスシーンでも役立つシンプルなプッチネイルが完成します。

 

おすすめのプッチネイルデザイン【2】カラフルな色使いでパワフルな指先に

トリコロールやラスタカラーをふんだんに使ったプッチネイル。全体ではなく先の方だけ柄があるフレンチデザインにすれば、様々なカラーを使っても違和感なく仕上がります。

各国の国旗カラーをイメージしたデザインなので、スポーツイベントの時にも映える指先に。プッチ柄の曲線デザインなら、赤や黒など主張強めのカラーも違和感なくなじみます。

 

おすすめのプッチネイルデザイン【3】グレーを主役にして大人顔のプッチネイルに

グレーをベースにして、プッチ柄でほど良くベージュをプラスする大人配色。ペールカラー同士だと締まらないので、ブラウンラメと黒いラインをアクセントに。

本来のプッチ柄よりも曲線ラインをゆるやかにすることで、大人っぽさを演出。他の指に光るゴールドのパーツも、効果的です。

 

おすすめのプッチネイルデザイン【4】春っぽいカラーでフレンチネイルに

定番のフレンチネイルも、プッチ柄にすればエレガントさがアップ。いかにもプッチ!というパステルピンクやライトブルーの組み合わせなら、春らしい配色に。

黒ではなくゴールドのラインにすることで、柔らかい雰囲気に。爪先だけに模様が入ることで、指が細く長く見える効果もあります。

 

おすすめのプッチネイルデザイン【5】長めの爪にはパステルカラーで優しげな印象に

長めの爪をプッチネイルにする時は、赤や黒などのキツめのカラーは×。薄いピンクと紫で優しげな雰囲気を演出します。

ベースを白にすることで、さりげなく爽やかさもプラス。ストーンパーツで華やかな雰囲気にすれば、パーティーなどのイベントシーンでも映えるネイルが完成します。

 

おすすめのプッチネイルデザイン【6】ブラウンを主役にしたプッチ柄で秋ネイルに

ブラウンとゴールドの逆フレンチネイルに、アクセントとして同系カラーのプッチ柄をオン。こっくりしたブラウンが、秋らしい指先を演出。

プッチネイルと言えば春夏のイメージですが、カラー次第でオールシーズン対応できます。

 

おすすめのプッチネイルデザイン【7】派手めのパープルでもフットネイルなら安心

プッチ柄の定番カラーとも言えるパープル。濃いめのパープルは、ハンドに使うと少々ハードな雰囲気ですが、フットならちょうど良い仕上がりに。

一番大きい親指の爪をプッチ柄にして、存在感を発揮。曲線をうまく使ってハート柄を作るのも、プッチ柄ならではの演出です。

 

おすすめのプッチネイルデザイン【8】爽やかなブルー系カラーでリゾートネイルに

夏らしい爽快なブルーと白のプッチネイルは、リゾートシーンにぴったり。シルバーのラインで、爽やかな雰囲気もアップ!

他の指は、プッチ柄で使用したカラーの単色に。統一感がありバランス的にも完璧な夏ネイルです。


プッチネイルはカラー次第でなりたい雰囲気を叶える便利なデザイン。オールシーズン取り入れることができるので、ぜひお好みのカラーで楽しんでください。