BEAUTY

今年こそ冬太りを撃退したい!気をつけたい原因と解消方法は?

冬になると太ってしまう人が多いですが、冬太りはどうやったら防止できるのでしょうか。ここでは、多くの人が悩む冬太りの原因と解消方法をご紹介します。

 

冬太りとは?

お腹の脂肪をつまむ女性

「毎年、冬になると3kg以上太って夏には痩せる」「冬はダイエットしていても太ってしまう」「食べる量は変わっていないのに体重は増える」などという人は珍しくありません。寒い時期に太る場合、冬太りを起こしている可能性が高いのです。

冬太りとはその名の通り、冬に太ること。冬はさまざまな原因で太りやすいため、多くの人が冬太りに悩んでいると言われています。

 

冬太りの原因

体重計に乗る女性

冬になると太る人が多いのはどうしてなのでしょうか。一年の中で、冬に太りやすくなる原因を確認してみましょう。

 

冬太りの原因①冷えによる代謝低下

冬は気づかない間に体が冷えて体温が下がることが多いですが、体温が下がると、体中の細胞や内臓の働きが悪くなって基礎代謝が低下します。基礎代謝が低下すれば、何もしていなくても生きていくために消費されるカロリーが減少するため、他の季節と同じように食事を摂っていても太りやすいのです。

 

冬太りの原因②運動不足

冬は寒いため、体を動かすことが億劫になります。春や秋の天候が良い時期は定期的に運動をしていても、冬になると運動をやめてしまう人も珍しくありません。運動量が減ると、カロリーの消費量が減り、余ったカロリーが脂肪として燃焼されるため、冬太りしてしまいます。

また、年末年始は会社や学校が休みになることが多いです。会社や学校が休みになれば、通勤・通学で歩いたり、仕事や授業のために体を動かしたりすることがなくなるので、カロリーの消費量が減って太りやすいです。

 

冬太りの原因③暴飲暴食

冬はクリスマスや年末年始、忘年会、新年会などのイベントが多いため、暴飲暴食する人が増えます。一度くらい暴飲暴食しても、体重は大きく変化しませんが、食事会や飲み会が続けば、少しずつ太ってくるでしょう。

また、イベントで外食を繰り返していると、塩分や水分を摂りすぎてむくみが起こることも多いです。冬は体温が低下して血行やリンパ循環が悪くなり、むくみが解消されにくいので、一度むくみが起こると、長期化して太っているように感じることもあります。

 

冬太りの原因④甘いものを食べたくなる

冬は体温を維持するために、体のエネルギー源となる糖分を含んだ甘いものを食べたくなる人が多くいます。ところが、摂りすぎて余った糖分は脂肪として体内に蓄積されます。食欲に負けて甘いものを食べ続けていると、冬の間に3kg以上太ってしまうことも多いでしょう。

 

冬太りの原因⑤姿勢の悪化

寒さを感じると、自然と体は丸まります。しかし、体を丸めると、筋肉が凝り固まって血行が悪化し、基礎代謝が低下してしまいます。基礎代謝が低下すれば、エネルギーの消費量が減るので、冬太りを起こしやすいです。

 

冬太りの解消方法▶運動編

スクワットする女性

春は新生活がスタートする季節。すっきりとした気分で春を迎えるためにも、冬太りは冬の間に解消しておきたいですね。では、冬太りはどのように解消すれば良いのでしょうか。まずは、冬太りを解消する運動について見ていきましょう。

■冬はエネルギーが消費されやすい

冬は体温を保つために、積極的に熱が生み出されています。そのため、カロリーは燃焼されやすい状態にあり、夏よりも運動のダイエット効果が現れやすいと考えられています。よって、冬太りを解消したい時は運動をするのがおすすめです。

■筋トレで体温維持
筋トレで筋肉量が増えれば、体温の低下を予防できて、基礎代謝のダウンも防止できます。筋トレの中でも、全身を使うスクワットは広い範囲の筋肉に刺激を与えられるため、体温の低下を予防するのに良いでしょう。

■有酸素運動で脂肪燃焼
暴飲暴食などによって蓄積された脂肪は、ウォーキングやジョギング、ヨガなどの有酸素運動で燃焼しましょう。有酸素運動で脂肪の燃焼が始まるのは、運動をスタートさせてから約20分後なので、冬太りを解消したい時は30分以上有酸素運動を続けるのがおすすめです。

 

冬太りの解消方法▶食事編

スープを飲む女性

冬は運動で脂肪を燃焼させやすいですが、暴飲暴食を繰り返していれば、運動によるダイエット効果は得られません。イベントが多い冬はしっかりと食事を管理して、脂肪の蓄積を予防しましょう。

■温かいスープで冷えを予防
温かいスープは冷えによる基礎代謝の低下を予防したい時におすすめ。ごぼうやキャベツなどの食物繊維を豊富に含んだ具材を入れれば、満腹感を得られて、少量でも満足できます。

■食べる順番を工夫して血糖値の上昇を緩やかに
血糖値が急激に上昇すると、脂肪が蓄積されるため、外食が続く時は食べる順番を工夫して血糖値の急激な上昇を抑え、冬太りを解消しましょう。野菜、肉や魚、ご飯やパンという順番で食事を摂れば、血糖値の上昇が緩やかになります。

■甘いものは午前中に食べる
脂肪のもとになる甘いものはできるだけ食べない方が良いですが、どうしても甘いものを食べたくなったら、午前中に食べましょう。午後はエネルギーが消費されにくいため、甘いものを食べると太りやすいです。

■太りにくいお酒を選ぶ
イベントでお酒を飲む機会が多い時は、太りにくいお酒を選びましょう。焼酎やウィスキー、ウォッカは太りにくいです。反対に、ビールやワイン、甘いカクテルなどは太りやすいため、冬太りを解消したいなら、できるだけ避けた方が無難です。

■イベントがない日はカロリー制限
イベントで暴飲暴食が続いたら、イベントがない日にリセットしましょう。低カロリーの食材や食物繊維が含まれた食材を使った料理を食べると、暴飲暴食による冬太りを予防できます。

 

冬太りの解消方法▶生活習慣編

半身浴する女性

冬太りを解消したい時は生活習慣にも気をつけましょう。

■冷えを予防する
寒い時期に薄着をしたり、シャワー浴で済ませたりすると、体が冷えて太りやすくなります。冬太りを解消したい場合は、温かい下着を身につけたり、半身浴したりして、体の冷えを予防しましょう。

■日常で体を動かす
意識して体を動かすことも大切です。運動が苦手な人はエレベーターやエスカレーターを使わずに階段を利用したり、一駅分歩いたりするだけでもカロリーを消費できるでしょう。

■睡眠不足を解消する
冬はイベントや仕事で睡眠不足になる人が多いですが、十分に睡眠を取れなければ、食欲を増進するホルモンの分泌量が増加します。冬太りの解消を目指す人はできるだけ睡眠時間を確保して、ホルモンバランスを整えましょう。

睡眠時間を取れない人はアロマオイルや寝心地の良い寝具を使って、睡眠の質を上げるのがおすすめです。

■姿勢を正す
冬は寒さの影響で姿勢が崩れやすいです。背中が丸まると、血行やリンパ循環が悪くなって代謝が低下するため、冬太りの解消を目指す人は、意識的に姿勢を伸ばして猫背を予防しましょう。

体が丸まっていると感じる時は軽くストレッチをするのもおすすめです。


冬は寒さや暴飲暴食の影響で太りやすいです。冬太りを予防したい人や解消したい人は体を動かしたり、食事制限をしたりしてカロリーをコントロールし、冷えを予防して太りにくい体を作りましょう。