BEAUTY

就活の時とは違う!?転職の面接における服装マナー

就職活動で複数の面接をこなしたことはあったとしても、初めての転職での面接はまた別物ですよね。

なかでも悩んでしまうのは、面接時の服装マナー。
就職活動時とどのような点を変えればいいのか、服装のチョイスに迷ってしまいます。

転職時の面接は、就職活動のときとは異なり、フレッシュさではなく、“培ってきた経験”をアピールしなくてはいけません。

気になる転職時の面接における服装マナーについて、頭からつま先まで全身のみだしなみをご紹介します!

 

転職のときの面接服装マナー①リクルートスーツってあり?

面接はその人の第一印象が何よりも問われる場所なので、きちんとした服装で出向くことがマスト。誰からも悪い印象を抱かれないという点においては、やはりスーツスタイルがベストです。

就職活動の時に着用していた面接スタイルと言えば、リクルートスーツですよね。きちんとした印象やフレッシュなイメージを与え、就職活動時の標準スタイルである“リクルートスーツ”ですが、これを転職時に用いてもいいのでしょうか?

転職活動をするということは、前会社である程度の経験を積んでいることが期待されます。

そのため、初々しさの象徴でもあるリクルートスーツは、転職時においては少々頼りないイメージを持たれてしまうことがあります。自分の経験や培ってきた社会人としてのルーツをアピールするためには、少しふさわしくない印象です。

転職活動時のスーツスタイルは黒ではなく、グレーやネイビーなど、ベーシックで少し垢ぬけた印象のものがおすすめです。

「普段スーツを着用する仕事ではないためリクルートスーツしか用意できない」という場合は、インナーをベーシックな白シャツではなく、少しデザイン性を持たせたオフィス向きのカットソーにしてコーディネートしてみましょう。

リクルートスーツに合わせることが多かった白のシャツをチェンジすることで、学生っぽさや初々しい印象が和らぎ、垢ぬけたイメージになります。

 

転職のときの面接服装マナー②「私服でお越しください」と言われたら?

転職を検討している企業によっては、「面接時は服装自由」や「私服でお越しください」と言われることがあります。

ある程度型が決まっているスーツスタイルと違い、自由度が高い“私服”指定で悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

「私服で、といわれているのに、スーツで行くと悪印象だろうか……」という疑問を持ってしまいますが、スーツを着ていったところで悪い印象をもたれることは少ないでしょう。
自信がない場合こそ、スーツを着ていく方が安心です。

ある程度自由な社風で、社員もスーツスタイルではないという企業の場合は、清潔感のあるオフィスカジュアルになるように、衿シャツやジャケットを使ったコーディネートがおすすめです。

アパレル系など、個人のセンスが問われるような企業の場合は、私服で普段の様子をはかることもあります。そのような場合は、企業のホームページやブランドのイメージを参考にして、自分のセンスをアピールすることも大切です。

 

転職のときの面接服装マナー③パンツ・スカート、どっち?

女性の場合、スーツスタイルで迷うのが「パンツ」にするのか「スカート」にするのかの二択。どちらが正解というものはないため、悩んでしまいますよね。

企業側によほどの決まりがない限りは、パンツでもスカートでも面接時に悪印象を与えることはありません。
そのため、企業のイメージや業種によって、どちらを選ぶかを参考にしてみましょう。

一般的にパンツスタイルはアクティブでマニッシュな印象、スカートは女性らしい物腰や華やかな印象を与えます。

営業職なのであればパンツスタイル、受付や事務職などの場合はスカート、など、自分のイメージで決定して大丈夫です。

 

転職のときの面接服装マナー④アクセサリーや靴、バッグはどうする?

就職活動時と同じく、アクセサリーは基本的につけないことがベストです。

結婚している場合は結婚指輪のみ、あとは腕時計だけにしておくなど、華美な印象にならないように心掛けましょう。

靴はシンプルなパンプスがベター。華奢なヒールや特徴的なソールの靴は避け、シンプルで歩きやすいものを選びましょう。

履きなれた靴の場合、靴底が減って歩いたときにカツカツと音がしないかどうかもチェックしておくといいですね。

バッグはA4サイズが入る、シンプルなビジネスバッグがおすすめです。バッグは面接時には見えないかもしれませんが、トータルコーディネートとして印象を左右する大切な要素です。

派手なデザインやブランドロゴが目立つバッグなどは避け、シンプルで機能的なものを選んでおきましょう。

 

転職のときの面接服装マナー⑤メイクやヘアスタイル、ネイルなどは?

メイクはナチュラルメイクが必須です。清潔感と健康的なイメージを与えるため、頬と口元にナチュラルな血色を与えるメイクを意識しましょう。

アイメイクはベージュよりのブラウンで、自然な陰影をつけることがおすすめです。つけまつげや太いアイライン、光沢がありすぎるリップメイクなどは避けましょう。

ヘアスタイルは、顔に髪がかからないようにすっきりとまとめます。まとめ髪はできるだけ低い位置で作るようにすると、落ち着いた印象になりますよ。

髪の色は、黒かダークブラウンがベスト。現在働いている会社でOKだとしても、一時的に暗く染め直しておくことがおすすめです。

ネイルは素のままでいることがベターですが、素爪に自信がない場合はクリアやヌードカラーのポリッシュを塗っておきましょう。長すぎる爪は悪印象の場合がありますので、短めに整えておきます。

 

転職のときの面接服装マナー⑥転職先によっては異なることも

転職先によって、服装における印象が異なることがあります。

クリエイティブな業種やアパレル業界など、その人のセンスが問われる面接となる場合もありますので、企業によって微妙に面接スタイルを変更することがベターです。

どのような業種でも、清潔感やビジネスマナーを問われることは共通していますので、自分の色味や特徴を押し出しつつも、マナーから外れない服装を心掛けましょう。


就職活動の時とはいろいろな面が異なる転職時の服装マナー。
フレッシュさが命の新卒ではなく、社会人として積み上げてきた経験をアピールしたいシーンなので、マナーについて厳しく問われることもあります。

しっかりとした身だしなみで新しい第一歩を歩み出せるように、いま一度面接時の服装マナーについておさらいしておきましょう!