BEAUTY

肌や目を守りたいならUVカットサングラス!紫外線対策を始めよう

紫外線は肌や目のダメージの原因。肌の老化を促進させたり、眼病の原因になったりします。ここでは、紫外線から肌や目を守るUVカットサングラスの選び方やおすすめの商品をご紹介します。

 

紫外線(UV)の肌への影響

紫外線(UV)を浴びている女性

紫外線(UV)は肌を黒くしたり、老化させたりするものです。UV-A、UV-B、UV-Cという3つの種類がありますが、オゾン層に吸収されず、地上に降り注ぐUV-AとUV-Bが肌に悪影響を与えます。

■紫外線が原因で起こる肌トラブル
地上に届く2種類の紫外線のうち、UV-Bは日焼けやシミ、そばかすの原因になります。一方、UV-Aは早急に肌の見た目に影響を及ぼすわけではありませんが、肌の奥にダメージを与え、時間をかけてシワやたるみを引き起こします。

■目の周りはUVトラブルが起こりやすい
目の周りの皮膚は薄いので、紫外線を浴びると、ダメージを受けやすいです。そのため、目の周りは他と比べてシワやたるみ、くすみ、シミなどの肌トラブルが多いと言われています。

■紫外線の影響を受ける季節
紫外線は夏のものであるイメージが強いですが、実際は春から初秋にかけて多く降り注ぎます。6月には真夏と同じくらいの紫外線が降り注ぎ、2月でも真夏の80%程度の紫外線量があるので、UV対策は年間を通して欠かせません。

 

紫外線(UV)の目への影響

目のトラブルに悩む女性

紫外線は肌を老化させるものとして知られていますが、大切な目にも悪影響を及ぼします。目はもともと、ある程度の紫外線の影響を予防する力が備わっていますが、長時間紫外線に当たったり、強い日差しを浴びたりすると、少しずつダメージが蓄積されるのです。

紫外線のダメージを受けた目は、充血したり白目が濁ったりして、角膜炎や白内障などのリスクも高まります。

 

目に紫外線(UV)を浴びると肌が老化する?

鏡を見ている女性

目に強い紫外線を浴びて、目の細胞がダメージを受けると、細胞を守るために脳がメラニン色素を作り出すように命令します。メラニン色素は体を守るものですが、過剰に生成されると肌に蓄積されてシミやそばかすの原因になります。

つまり、目のUV対策が不十分であれば、シミやそばかすができて美肌から遠ざかってしまう可能性があるのです。

 

肌や目を守るために必要なUV対策

肌の老化を促進させたり、眼病の原因になったりする紫外線から肌や目を守るためには、年間を通して紫外線対策が必要です。

紫外線の対策には、日焼け止めや帽子、日傘、アームカバー、UVカット機能の付いた服などが効果的ですが、これらだけでは目の周りの紫外線対策は不十分です。

紫外線から肌や目を守りたい人は、一般的な日焼け予防グッズと合わせてUVカットサングラスやUVカットメガネを使って目をカバーしましょう。

 

UVカットサングラスの選び方

UVカットサングラスはその名の通り、紫外線(UV)をカットするためのサングラスです。近年は、目の周りの紫外線対策に注目が集まっていて、多くのブランドからUVカットサングラスが発売されています。どれを選べば良いか迷ったら、次の点を参考にしてください。

■紫外線カット率・紫外線透過率
UVカットサングラスには、紫外線カット率か紫外線透過率が表示されています。しっかりとUV対策できるサングラスが欲しい人はこれらの数値を確認してみましょう。

<紫外線カット率>
数値が高い方がUV対策効果に優れています。

<紫外線透過率>
数値が低い方がUV対策効果を期待できます。例えば、紫外線透過率が1%のUVカットサングラスは紫外線カット率が99%です。

■色が薄い
「サングラスは色が濃いほどUVカット効果が高い」と思われていますが、実際は色と紫外線カット率や紫外線透過率は関係がありません。むしろ、色が濃いサングラスをかけている間は光を集めるために瞳孔が開くので、目から紫外線を吸収しやすくなります。

UVカット効果が同程度のサングラスを比べる場合は、瞳孔が開きすぎないように薄めの色を選んだ方が良いでしょう。

■レンズの大きさ
紫外線は前からだけでなく、上下左右からも目や肌に影響を与えます。そのため、UVカットサングラスはレンズが大きいものの方がおすすめです。

ただし、レンズが大きくても完全にUVをカットするのは難しいので、小さいレンズのサングラスの方が似合う人はあまり気にしなくても良いでしょう。

■見え方・つけ心地
見えにくいサングラスやつけ心地の悪いサングラスをかけていると、疲れたり、頭痛がしたりすることがあります。心配な人は店舗などでつけ心地をチェックしてからUVカットサングラスを購入しましょう。

 

おすすめのUVカットサングラス【1】Zoff(ゾフ) 紫外線100%カットクリアサングラス (Zoff UV CLEAR SUNGLASSES) ZN71G05

紫外線カット率が100%のUVカットサングラス。紫外線だけでなく、420nmまでの周波の有害光からも目を守ってくれます。メガネと同じような見た目の透明サングラスなので、年代やシーンに関わらず、気軽に使えるのも魅力的です。

Zoff(ゾフ) 紫外線100%カットクリアサングラス (Zoff UV CLEAR SUNGLASSES) ZN71G05

¥5,940

販売サイトをチェック
 

おすすめのUVカットサングラス【2】JINS(ジンズ) Sunglasses-Colors-

トレンドライクで使いやすいデザインのUVカットサングラス。紫外線透過率が0.1%以下なので、高い紫外線対策効果を期待できます。カラー展開が豊富なため、自分に合った色を見つけやすいでしょう。

JINS(ジンズ) Sunglasses-Colors-

¥3,240

販売サイトをチェック
 

おすすめのUVカットサングラス【3】眼鏡市場(めがねいちば) ISG-205

紫外線カット率が99.9%のUVカットサングラス。女性に合うエレガントなデザインで、普段サングラスをかけていない人でも使いやすいです。つけ心地が軽いため、サングラスやメガネで疲れやすい人にも良いでしょう。

 

おすすめのUVカットサングラス【4】UNIQLO(ユニクロ) ウェリントンホールディングサングラス

紫外線透過率が1.0%のUVカットサングラス。高機能のレンズで紫外線だけでなく、ブルーライトからも目を守れます。片手サイズに折りたためるので、持ち運びやすいでしょう。

UNIQLO(ユニクロ) ウェリントンホールディングサングラス

¥1,620

販売サイトをチェック
 

おすすめのUVカットサングラス【5】adidas(アディダス) サングラス PROTEAN

紫外線カット率が100%のUVカットサングラス。わずか19.5gと軽量でランニングなどのスポーツをする時にも使いやすいです。フィット感が高いので、体を動かしてもサングラスがずれにくいでしょう。

adidas(アディダス) サングラス PROTEAN

¥14,040

販売サイトをチェック

肌や目を紫外線から守りたい時は、UVカットサングラスを使うのがおすすめです。UVカット効果に優れたサングラスを使えば、シミやそばかす、眼病などを予防できるでしょう。可愛いデザインを選べば、おしゃれにも役立ちます。