LIFE STYLE

婚姻届を出す時の必要書類は?婚姻届を提出するまでの手続きの流れ

婚姻届と聞くと、ただ書類を書いて提出するだけと思っている方も多いのではないでしょうか?しかし婚姻届を提出するには必要書類をしっかりと準備しておく必要があります。今回は婚姻届の提出方法を詳しくご紹介します。

婚姻届の提出の仕方、知っていますか?

婚姻届を出す二人

結婚が決まったら必要となるのが「婚姻届の提出」です。
しかし、婚姻届の提出方法は意外と知られていないようで、記入方法や必要書類を間違われる方も多いです。

そこで今回は婚姻届の入手方法や書き方、提出までの流れを詳しくご紹介します。
ぜひ各項目をチェックして、スムーズに婚姻届を提出し、2人の記念となる1日を演出しましょう。

【婚姻届を提出するまでの流れ:STEP1】役所で婚姻届をもらう

書類を手にする女性

まず、婚姻届を入手するところから始まります。

婚姻届けを入手する方法は、
1.役所で手に入れる
2.インターネットでダウンロードする

この2通りの方法があります。

■役所で手に入れる
婚姻届は「市区町村の役所の、戸籍をあつかっている部署」で手に入れることができます。
「戸籍をあつかっている部署」とは、「戸籍課」「市民課」「住民課」など、自治体によって名前が違うため、分からない方は受付で聞いてみましょう。
また婚姻届をもらうときは、特に必要な書類や持ち物もいりません。
書き間違える可能性もあるため、予備とあわせて2枚程度多めにもらいましょう。

また市区町村の役所の中には「記入見本」を用意している役所もあるため、書き方に不安がある方はしっかりとチェックしておくと、当日にスムーズに提出することがきます。

■インターネットでダウンロードする
通常の婚姻届とは違い、イラストやキャラクターをモチーフにしたデザインの婚姻届が最近では注目されています。このデザイン婚姻届は、インターネットでダウンロードして手に入れることができます。

通常の婚姻届とは違うため「本当に受理してもらえるの?」と疑問に思うかもしれませんが、婚姻届としての様式を満たしていれば問題ありません。
通常、婚姻届は提出すると手元に残りませんが、有料のものは保存用(二人の記念)も1部ついてくるため、思い出を少しでも増やしたいという方におすすめです。

【婚姻届を提出するまでの流れ:STEP2】必要書類を準備する

女性 注目

婚姻届を提出する際に婚姻届の書類のみでは受理されません。
役所に婚姻届を提出する際には2つの書類が必要となります。

①身分証明書
まず1つめは、身分証明書です。
身分証明書には、1点での提示で足りるものと、2点以上の提示が必要なものがあります。

■1点の提示で足りるもの
・運転免許証
・写真付き住民基本台帳カード
・パスポート
・国または地方公共団体の機関が発行した身分証明書
・海技免状
・小型船舶操縦免許証
・電気工事士免状
・宅地建物取引主任者証
・教習資格認定証
・船員手帳
・戦傷病者手帳
・身体障害者手帳
・療育手帳

■2点以上の提示が必要となるもの
・写真の貼付のない住民基本台帳カード
・国民健康保険、健康保険、船員保険、または介護保険の被保険者証
・共済組合員証
・国民年金手帳
・国民年金、厚生年金保険または船員保険の年金証書
・共済年金または恩給の証書
・戸籍謄本等の交付請求書に押印した印鑑に係る印鑑登録証明書

これらが身分証明書として提示できるものとなります。

②戸籍謄(抄)本(必要ない場合もあり)
次に戸籍謄(抄)本です。戸籍謄(抄)本は全ての人が提出する必要はありません。
「自分の本籍地とは異なる市区町村で婚姻届を提出する場合」には、戸籍謄(抄)本も必要です。

例えば
・妻の本籍地……東京都 八王子市
・夫の本籍地……東京都 目黒区
▶︎婚姻届は東京都目黒区役所で出したい

このとき、戸籍謄(抄)本が必要になるのは、本籍地が八王子市の妻です。
夫は、もともと目黒区が本籍地のため、戸籍謄(抄)本を提出する必要はありません。

【婚姻届を提出するまでの流れ:STEP3】婚姻届の書き方

婚姻届 署名

次に婚姻届の書き方についてポイントをいくつかご紹介します。

婚姻届を記入する際に必要なものは、
・婚姻届
・黒のボールペン(消えるボールペンはNG)、もしくは万年筆
・二人の印鑑(シャチハタNG)

■届出日の記入
婚姻届を提出しに行く日である「届出日」を記入します。この届出日が入籍した日となります。

例えば、希望の入籍日(届出日)が土曜日の場合、役所に提出しに行くとその場では受理されませんが、翌受付日に確認されます。内容に不備がなければ、土曜日(届出日)が入籍日として受理されたことになります。

■名前の記入
両名の氏名、姓の変わる人は旧姓を記入します。旧字体が正しい場合があるので、必ず確認しましょう。また役所に申し出れば新字体に変更することもできます。

■住所の記入
夫と妻が今住んでいる住所(住民票がある住所)と世帯主を記載します。戸籍にある「本籍」の住所ではない点に注意しましょう。

また、新居の住所を記入するには、先に転入先に住所変更届を提出しなければなりません。転入先に住み始めてから14日以内に、世帯主となる夫か、 同じ世帯員である妻が役所に申請に行きましょう。平日であれば、婚姻届と転入届を同日に提出することも可能です。

■本籍
夫と妻それぞれの本籍地と筆頭者を記入します。本籍地とは、戸籍に記載されている住所のことです。筆頭者とは、夫婦それぞれの戸籍の筆頭に書かれている人のことです。 一般的には、自分の父親や母親が筆頭者となっているケースが多いです。戸籍を書き写すと間違いなく記入できます。

【婚姻届を提出するまでの流れ:STEP4】保証人の署名

保証人の署名

婚姻届を提出する際には、それぞれ証人が必要です。

親や兄弟、仲人、友人など、成人していれば誰でも構いませんが、必ずそれぞれの自筆で署名してもらうことが必要です。また、生年月日・住所・本拠地の記入を済ませ、印鑑を押してもらいましょう。

【婚姻届を提出するまでの流れ:STEP5】婚姻届の提出方法

婚姻届を書く女性

婚姻届を提出する先は居住地にかかわらず、どこでも提出することができます。

つまり必要書類さえ準備していれば、国内のリゾート地で結婚式をした人が、そのままその土地(場所)で婚姻届を出すこともできます。
しかし、大きな役所であったり、土日夜間は受付場所が違う場合もあるため、提出先の窓口と受付対応時間は事前に確認しておきましょう。

また、ほとんどの役所では365日24時間、婚姻届の受付をしていますので、土日祝や時間外の夜間、仕事の帰りでも提出することができます。


事前に流れを確認し、必要書類を用意することで婚姻届をスムーズに提出することができます。これから婚姻届を出す予定がある方は、ぜひ流れを理解して素敵な1日を過ごしましょう。入籍日は2人にとって人生の中でも記念になる日です。結婚生活の幸せなスタートができるように、不備がないよう婚姻届を準備しましょう。