LIFE STYLE

共感できる?生理前・生理中に彼氏にしてほしくないこと

生理前後は、心も身体もお疲れ気味。本当はずっと横になっていたいけど、仕事もあるし、そうはいっていられませんよね。
同じ女性でも、生理に関する不快な症状は人それぞれ!重くて寝込む人もいれば、どうにか通常通りの生活を送れる人もいますが、女性にとって「生理」というのは、程度の差こそあれ大変な時期ですよね。
一方で、男性の中にはどこか空気を読まず、生理前と言っているのに、返事を無視したり爆弾発言をしてきたりと、とにかくKYな方もいます。
今回は、生理前・生理中に彼氏にしてほしくないことをご紹介します。あなたが感じていることがあれば、それはそう感じているのはあなただけではないということなので、彼に伝えてみたり、この記事をシェアしてみてくださいね。

 

生理前・生理中に彼氏にしてほしくないこと:「イライラするなよ~」と呑気に言わないで!

同棲や結婚など、彼と一緒に暮らしている場合、生理前の姿をすべて見せることになります。
ただ、デートを重ねている関係であれば見せずに済むことを、よくも悪くもすべてお披露目。

生理前になると感情が上がってきて、涙が止まらない人もいるはずです。しかし、おそらく男性陣は、女性が生理前になると、人が変わる理由が分からずにいるのでしょう。

長く一緒に暮らしていると「こんなものか」と思えても、最初の頃は、なぜ彼女がそこまでイライラしたり、八つ当たりしてきたりするのかが分からないのです。

そんなときに笑いながら、冗談っぽく「イライラするなよ~」と言われると、彼女の頭の中ではプッチン状態。たったその一言が原因で荒れ狂うことに。本人だって、イライラしたくて、周りに当たっているわけではありません。

時期的にも、そんなことができないからこそ苦しんでいるのです。彼にも生理前後の不快な症状については、理解してもらえるように折々で話しておきましょう。

 

生理前・生理中に彼氏にしてほしくないこと:「痛いよね~」って分かったフリをしないで!

生理前の時期も、身体の調子が崩れ、しんどくなりますが、いざ生理になると、今度は生理痛が始まります。軽い人は、多少痛みを感じても、どうにかやり過ごせますが、症状が重い場合は、痛み止めを飲む必要もあって、なかにはずる休みをして会社を休む人もいるでしょう。それくらい毎月の生理は大変なイベント。

決して、男性には理解できない、女性ならではの独特な習慣なのです。だからこそ、何もかも分かったように「痛いよね~」と言われると、またまたプチンと糸が切れることに…。

なぜこのタイミングで言うのかと思うほど、男性はときどきKYな発言をします。「痛いよね~」と声をかけるくらいなら、家事の一つでも終えておけ!これが女子の本音だと思います。

 

生理前・生理中に彼氏にしてほしくないこと:LINEの既読スルー、しかも長時間はやめてほしい!

生理前は感情が不安定になりやすく、普段はまったく気にならないことがどうしても気になり、一人で空回りすることも多々あります。彼からLINEの返信が来ないだけで、不安になる方もいるでしょう。一方、男性は生理前の彼女と接するのが面倒くさく、あえて返信をしない人もいます。

なかには、丸々1日連絡を断つ人も。本来は、1か月の中でも彼が支えてあげる期間。ところが「大丈夫?」と声をかけるだけで、自分は仕事や飲み会に夢中になっているだけだったり……。

これでは、女性側の負担が大きいのも当然です。どうしても、彼の癖が直らないなら、生理前後だけは連絡を断つのをやめてほしい、とお願いをしておきましょう。それでも彼が自分のやり方を曲げないなら、もっと紳士な男性を探したほうがよさそう!

 

生理前・生理中に彼氏にしてほしくないこと:SNSに他の女性と楽しそうに写っている写真がアップされた!?

一番許せないのは、生理前後の不快な症状で横になっているときに、彼が他の女性と楽しそうに写っている写真や動画がアップされたときです。

たとえ、他にも男女が集合している場所であっても、彼女が体調を崩しているときにそんな動画や写真を撮るなんてあり得ない!逆の立場だったら、もっと怒るはずです。

こればかりは、思いきり怒鳴っていいケース。身体の関係がなくても、浮気並みにひどいことです。あまりにも同じことが続くなら、一度、ぴしゃりと怒っておいたほうがいいでしょう。

都合のよすぎる女になるのも、嫌ですよね?生理前後は体調を崩しやすく、怒りやすくもなることを何度も、何度も伝えておきましょう。

 

生理前・生理中に彼氏にしてほしくないこと:スキンシップをしてこないで!

生理前後になると、体調もメンタルも一番、悪い状態になります。
もちろん女性の中には、まったくそういった不調を感じないまま生理を迎える人もいますが、おそらくほとんどの方がいつもと違うことを感覚で察知しているはずです。

そんなときに、彼からベタベタされても「お願いだから放っておいてほしい」と、つい思ってしまうものです。ただし、スキンシップの場合は、思いきり拒むと、彼のプライドを傷つけることになるため細心の注意が必要です。

「やめて!」と彼の手を振り払うというよりかは、そっと手をどかし「今は体調がしんどくて……ごめんね」と一言お詫びしておけば、彼もさすがに納得せざるを得ません。一方的に彼の存在を否定するのも、あとあと面倒くさいことになりますから、あくまでも、優しく諭してあげましょう。

 

生理前・生理中に彼氏にしてほしくないこと:デート・お泊りは誘ってこないで!

生理前後は、デートを避けると決めている方も多いのでは?
特に生理前は本番に向かってメンタルの上がり下がりが激しくなる時期。身体がだるい中、一緒に過ごしていても、彼の些細な言動が気になり、余計にイライラするだけ。まさに「身体に障る」という言葉が正しい状況になります。

できれば、彼にも体調の変化を察してもらい、デートやお泊りを誘ってこないようにお願いしたいところ。

彼があまりにも鈍感で、体調の波についても理解できないなら、自分から「この週は体調的に厳しいから、会わなくても大丈夫?」と、お願いをしておきましょう。きっと、ちゃんと伝えれば、彼なりに理解してくれるはずです。


いかがでしたか?生理前後の不調がきっかけで喧嘩しやすくなっているなら、少しずつでも改善する必要があります。毎月訪れることですから、そのことがきっかけで別れない工夫をしましょう。
彼には生理前後どれだけ体調が悪くなるのかを毎回説明し、理解してもらえれば、一緒に過ごしていても、どうにかその期間を乗り越えられます。
どうしても理解してもらえないなら、生理前後どんな症状があらわれるか書き出し、彼に渡しておくと、効果が少しずつあらわれるかも!?