BEAUTY

アイシャドウの使い方を徹底解説!塗る場所や道具、種類など

色のバリエーションが豊富で、自分なりにアレンジができるアイシャドウは、種類や塗り方次第で顔の印象は大きく変わりますよね。そこで今回はアイシャドウの基本をご紹介します。上手にアイシャドウを使って、理想的な目元を手に入れましょう!

 

アイシャドウの使い方【1】塗る場所は?

アイシャドウを塗る場所は、基本的にアイホールと呼ばれるまぶたの部分です。
具体的には、目頭と目尻を半円状に囲んだ部分のことで、眉の中央を少し上に引き上げた時にくぼむ部分がアイホールと呼ばれています。

アイホール全体には、薄い色のアイシャドウを塗り、目のキワあたりに濃い色を入れると綺麗なグラデーションが完成します。

また、涙袋には白系のキラキラしたアイシャドウを塗ることで、うるっとした目元が演出できます。

 

アイシャドウの使い方【2】塗る時に使う道具は?

アイシャドウの使い方【2】塗る時に使う道具は?

アイシャドウを塗る時にはツールが必要です。
アイシャドウの入れたい場所や濃さ、イメージに応じてツールを使い分けると美しく仕上げることができます。

・ブラシ
ブラシは広い範囲にアイシャドウをのせたり、ふんわりと発色させたい時に使います。
ふんわりと色がつくため、綺麗なグラデーションを作る際に必ず必要になってきます。

【大きなタイプのブラシ】上まぶたにアイシャドウをのせる時に使う
【小さいタイプのブラシ】下まぶたや、目のキワに細く色を入れる時に使う

・チップ
チップは、スポンジのような丸い形状になったものです。ピンポイントでアイシャドウを入れたい時に使うのがおすすめ。
ブラシよりもピンポイントで色がつき、しっかりと発色してくれるので、特に目のキワなど強調したいところに使うようにしましょう。

チップは強い力で塗ると目元に刺激を与えてしまうので、塗る時の力加減には注意しましょう。

 

アイシャドウの使い方【3】アイシャドウにはどんな種類があるの?

アイシャドウと一口に言っても、様々なタイプがあり、色の付き方や仕上がりが全然違ってきます。
しっかりとそれぞれの良さを理解して、使用するようにしましょう!

・パウダータイプ
アイシャドウといえば、真っ先に思い浮かべるのがパウダータイプではないでしょうか。
粉状のものをプレスして固めたタイプで、メイク初心者さんにもおすすめなのがパウダータイプです。
また、色んなカラーが入ったパレットタイプと単色だけのものがあるので、お好みで色のバリエーションを揃えていくといいでしょう。

・リキッドタイプ
リキッドアイシャドウは名前の通りみずみずしいテクスチャーで、ツヤのある仕上がりになるのが特徴です。
液体状で肌に密着するので、発色が長持ちします。

・クリームタイプ
クリームタイプは肌に密着しやすく、発色がいいアイシャドウです。
指に少しとって、トントンとやさしく肌にのせて塗ります。
パウダータイプのアイシャドウの下地として使えばメイクが長持ちしますので、合わせて使うとより綺麗に仕上がります。

・ペンシルタイプ
ペンシルタイプのアイシャドウは発色もよく、はっきりとしたアイメイクにおすすめです。
目のキワや目尻だけなど、細くライン状に濃い色を入れたい時にも活躍しますよ。
持ち運びにもお手軽なので、お好みの色を揃えたくなっちゃいますね。

・ジェルタイプ
ジェルタイプは伸びがよく、軽いつけ心地が特徴です。
基本的には、ジェルアイシャドウを付属のチップや指にとって、アイホールにやさしく塗っていくやり方が一般的です。
単色のアイメイクは抜け感があって、ヘルシーで可愛いですね。
仕上げにはルーセントパウダーなどのお粉で軽く抑えれば、長持ちしますよ。

 

アイシャドウの使い方【4】アイシャドウパレットの使い方は?

アイシャドウの使い方【4】アイシャドウパレットの使い方は?

アイシャドウを購入する際、最も多いタイプは色んなカラーが入ったパウダーのパレットタイプではないでしょうか。
アイシャドウパレットは、明るい色のハイライトカラーから中間色のミディアムカラー、そして締め色の濃いシェイドカラーで構成されています。

塗る位置で使い分けると立体感やグラデーションを作ることができます。
中には塗る順番が指定されているパレットもありますので、初心者さんにはおすすめです。

・ハイライトカラー(明るい色)
パレットの中で一番薄く、明るい色がハイライトカラーです。まぶた全体に塗ることでベースを作ってくれ、光沢や透明感を与えてくれる役割を持っています。まぶたに入れる時はブラシを使って、ふんわり全体的に塗ります。
また、涙袋にも使うことができるので、その際はチップを使って塗るとうまく塗れますよ。

・ミディアムカラー(中間色)
パレットの中でハイライトカラーとシェイドカラーの間になり、明るい色から濃い色を綺麗に仕上げるためのグラデーションのつなぎとして重要な役割を果たしてくれます。
ハイライトカラーを塗った後、アイホールの下半分に、グラデーションになるよう意識して塗りましょう。

・シェイドカラー(締め色)
ディープカラー、メインカラー、ダークカラーなどとも呼ばれます。パレットの中で一番濃い締め色のことです。
アイメイクの最後に、チップを使って目のキワのライン状に締め色を入れて、目元を引き締めるように仕上げましょう。

上記の流れでアイシャドウを入れることで、グラデーションが完成します!

 

アイシャドウの使い方【5】<目の形状別>アイシャドウを塗るコツは?

アイシャドウを塗る時は、目の形によってそれぞれコツがあります。
特に一重や奥二重の方は、通常のやり方だと、腫れぼったく見えてしまう可能性があります。
自分の目元に適した塗り方を知っていると、似合うメイクに仕上げることができるので、覚えておきましょう。

・一重の場合
一重の場合、アイシャドウは目の全体に塗りすぎてしまうと腫れぼったく見えてしまうので気をつけましょう。
ミディアムカラーは、アイホールのちょうど半分のラインまで塗るようにしてください。
一重は目尻をポイントにすると大人っぽい印象に仕上がります。なので、目尻側を広く見せるように塗るといいでしょう。
締めのシェイドカラーも、目尻を少しはみ出す程度に塗ると、目を強調しつつ綺麗な印象にすることができますよ。

・奥二重の場合
奥二重の場合、アイホールにアイシャドウをのせる時は少しオーバー気味にした方が目元を大きく見せることができます。
奥二重はまつ毛の生え際と奥二重の間の幅が狭いため、濃いアイシャドウを太く引きすぎないようにしましょう。
目頭に明るいカラーをポイントとして入れると透け感が出て、目が大きく見えます。さらに優しい印象にさせることができますよ。


アイシャドウの使い方をしっかりと学ぶことで、綺麗な目元を実現することができます。とはいえ、アイシャドウの塗り方を上達させるには、日々の練習も必要です。練習を重ねて美しい目元が仕上げられるように頑張りましょうね!