LIFE STYLE

スマホ焼けに注意!ブルーライト対策法やおすすめアイテムをご紹介

美肌を守るなら日焼け対策だけでは不十分。ブルーライトによって起こるスマホ焼けにも注意が必要です。ここでは、スマホ焼けの対策法やスマホ焼け対策におすすめのアイテムなどをご紹介します。

 

スマホ焼けとは?

日焼け対策をしっかりとしていても色素沈着などのトラブルが起こる場合は、スマホが意外な落とし穴になっているのかもしれません。スマホを長時間使っていると、スマホ焼けが起こります。そもそも、スマホ焼けとは何なのでしょうか。

スマホ焼けはスマホの使用で肌に色素沈着が起こること。スマホの画面から発せられる光に含まれるブルーライトが原因なので「ブルーライト焼け」や「画面焼け」とも呼ばれています。

スマホは簡単に取り出せて暇つぶしできるアイテム。ついつい使用時間が長くなってしまう人が多いでしょう。ブルーライトはPCなどの画面からも発せられますが、スマホは手元で操作をして至近距離で画面を眺めるため、ブルーライトの影響が及びやすいです。

ブルーライトはスマホの画面から発せられる光に含まれている青色光。目で見られる光は波長が約400~800nmで、400nmより短い波長が紫外線、380~500nm程度の波長がブルーライトです。

「スマホ焼けなんて嘘じゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、ブルーライトは紫外線と波長が近いため、肌トラブルの要因だと考えられています。

 

スマホ焼けが引き起こす症状

肌悩みを抱える女性

ブルーライトは角膜や水晶体で吸収されず、直接網膜に届くため、目への影響が心配されてきました。しかし最近は、ブルーライトの肌への影響も指摘されています。

人の肌に影響を与える紫外線はUV-AとUV-Bですが、ブルーライトと近いのは波長が長いUV-A。ブルーライトはUV-Aと同じく肌への浸透性が高く、肌の内部にダメージを与えます。

■スマホ焼けによって引き起こされる症状の例
・色素沈着(シミ)
・乾燥
・酸化
・炎症
など

スマホ焼けによる色素沈着はUV-Bによる色素沈着よりも鮮明で消えにくいと言われています。

■シワやたるみに繋がることも
紫外線のうち、UV-Aは肌のハリを維持する真皮にダメージを与えます。ブルーライトはUV-Aと波長が似ているため、スマホ焼けをすると、シワやたるみが起きる可能性もあります。

 

スマホ焼けの対策法は?

 

スマホ焼けの対策法【1】ブルーライト対策化粧品を使う

ブルーライトはUV-Aと近いので、「スマホ焼けも日焼け止めで対策できる」と思われることがありますが、紫外線用の日焼け止めではブルーライトをカットできません。また、ブルーライトカットメガネは目のまわりにしか効果がないです。

スマホ焼けを予防したい人はブルーライトに効果を期待できる化粧品を使いましょう。最近はプチプラ、デパコスを問わず多くのブランドからブルーライトカット効果のある日焼け止めや化粧下地、ファンデーションなどが販売されています。

 

スマホ焼けの対策法【2】ブルーライトの量を減らす

スマホを使っている女性

スマホ焼けの対策にはスマホの画面から発せられるブルーライトの量を減らすことも効果的。ブルーライトカット仕様の保護フィルムを使ったり、ブルーライトを軽減するアプリを利用したりすると、スマホ焼けを防げます。

また、スマホのブルーライトカット機能を利用するのも良いでしょう。iOS9.3以降のiPhoneは「Night Shift(ナイトシフト)」、Xperia(エクスペリア)は「ナイトライト」のモードに設定すると、ブルーライトの量を減らせます。

 

スマホ焼け対策におすすめのアイテム5選

 

スマホ焼け対策におすすめのアイテム【1】ROSETTE(ロゼット) Skin mania セラミド UVミルク

紫外線ケアとブルーライトケアができる日焼け止め。日焼けやスマホ焼けから肌を守ってコンディションを整えます。保湿効果と浸透効果に優れるWセラミドが配合されているので、長時間に渡って潤いをキープできるでしょう。

ROSETTE(ロゼット) Skin mania セラミド UVミルク

¥1,650

販売サイトをチェック
 

スマホ焼け対策におすすめのアイテム【2】REVLON(レブロン) フォトレディ キャンディッド ファンデーション

独自のBLシールド処方でブルーライトや環境ダメージから肌を守り、スマホ焼けや肌荒れを防ぐバリア効果を期待できるプチプラのファンデーション。3種の美容液素を配合した肌に優しい処方で、毎日でも安心して使えます。

 

スマホ焼け対策におすすめのアイテム【3】ETVOS(エトヴォス) ミネラルCCクリーム

日常の紫外線やブルーライトから肌をガードするCCクリーム。スキンケア後に1本使うだけでスマホ焼けを予防しながら素肌感や抜け感のあるナチュラルな美肌を作れます。大気汚染による乾燥から肌を守る成分も含まれています。

ETVOS(エトヴォス) ミネラルCCクリーム

¥3,520

販売サイトをチェック
 

スマホ焼け対策におすすめのアイテム【4】LANCOME(ランコム) UV エクスペール XL CCC

ブルーライトによる肌への影響に注目して開発されたコスメ。スマホ焼けやPCによる色素沈着などを予防します。SPF50、PA++++で紫外線カット効果に優れていて色ムラもカバーできます。

LANCOME(ランコム) UV エクスペール XL CCC

¥6,380

販売サイトをチェック
 

スマホ焼け対策におすすめのアイテム【5】NIMASO(ニマソ) iPhone XR/iPhone11 ガラスフィルム ブルーライトカット フルカバー

先進技術でスマホ焼けの原因となるブルーライトを大幅にカットすることに成功したiPhone用のガラスフィルム。ハードコーティング技術で外部からの衝撃を吸収して画面へのダメージを軽減します。

 

スマホ焼け対策におすすめのアプリ▶ブルーライト軽減フィルター

スマホから発せられるブルーライトの量を軽減するアプリ。周辺の光に合わせて最適なスクリーンフィルターに調節してくれる機能が備わっています。長時間スマホを使用する人のスマホ焼け対策におすすめです。


スマホ焼けはスマホの画面から発せられるブルーライトによって起こるトラブル。色素沈着や乾燥などの症状が引き起こされます。美肌を守りたい人はブルーライト対策化粧品やブルーライトカット仕様の保護フィルムを使って対策しましょう。