LIFE STYLE

孫からもらいたいものは?敬老の日に喜ばれるプレゼント

9月に入ると、いろいろなお店で“敬老の日”をテーマにしたギフトがたくさん並んできますよね。

「毎年贈り物をしているけれど、アイディアがネタ切れ気味になってきた」、そんな方はいませんか?

今回は、おじいちゃん・おばあちゃんが孫からもらいたいと感じているプレゼント例をご紹介します。

今年の敬老の日の贈り物を選ぶとき、参考にしてみてくださいね。

 

敬老の日に喜ばれるプレゼント①お酒

お酒が好きなおじいちゃんおばあちゃんには、好みのお酒をプレゼントしてみるのはいかがですか?

日本酒、焼酎、ワイン、ビール、ウイスキーなどなど、種類がたくさんあるので毎年かぶりにくいというのもメリットです!

普段よく飲むお酒の種類のなかで、少し上等なものをプレゼントすると喜んでもらえるかも。

最近はラベルなどに贈る人の名前を入れてくれる商品などもあるので、今年が記念になるような年齢なら、ぴったりのギフトになるかもしれません。

 

敬老の日に喜ばれるプレゼント②お花

プレゼントとして定番なのは、やっぱりお花。ひとくちにお花といっても、花束や鉢植えなど色々な種類がありますので、好みに応じて選ぶことができます。

最近は、枯れずにずっと飾っておける“プリザーブドフラワー”も人気ですよね。

しかし、お花は好みやアレルギーの問題がありますので、あまり好きではない人に贈ると迷惑になってしまうことも。

初めてお花を贈るときは、相手が普段からお花を飾る習慣があるかや、花瓶を持っているかどうかなどをチェックしておきましょう。

 

敬老の日に喜ばれるプレゼント③お菓子

甘いものは老若男女に人気な鉄板の贈り物。和菓子や洋菓子など、おじいちゃんやおばあちゃんが好みのものをチョイスしましょう。

敬老の日のプレゼントとして遠くに住んでいる祖父母に贈るなら、なるべく日持ちが良くてちょこちょこつまめるものがおすすめです。
お酒と同じく、名前入りギフトにしてもらえるものもたくさんありますよ。

近くに住んでいるなら、生菓子を購入して自宅を訪ねて、一緒に談笑しながらいただくのもいいかもしれませんね。

 

敬老の日に喜ばれるプレゼント④健康グッズ

マッサージグッズやちょっとしたエクササイズグッズなど、「元気に長生きしてね」の気持ちをこめた健康グッズも人気です。

アクティブに外でおこなうスポーツなどの趣味を持っているなら、専用のアイテムを贈るのも喜んでもらえるかも。

お散歩に出かけたくなるような、おしゃれなウォーキングシューズなどもいいですね!

また、健康器具だけではなく、体の調子を良くするためのサプリメントや、健康志向の食品などもおすすめです。

 

敬老の日に喜ばれるプレゼント⑤食事をごちそうする

敬老の日には、普段はちょっと行けないような高級なお店での食事をプレゼントする、という方も増えています。

食には好みがありますので、あらかじめ行きたいお店などをさりげなく聞いておくのがベター。

また、体の調子により食べてはいけない食材などがある場合は、除去食を作ってもらえるかどうかお店に確認しておくと安心です。

豪華な食事が嬉しいのはもちろんのこと、孫と一緒に美味しい食事を楽しめるというのが、おじいちゃん・おばあちゃんにとっては何よりのプレゼントになるかも。

 

敬老の日に喜ばれるプレゼント⑥旅行券

敬老の日のプレゼントに、祖父母夫婦水入らずの旅行をプレゼントするというケースも多いです。

毎年毎年プレゼントするのはちょっと厳しいかもしれませんが、節目の結婚記念日にあたる歳や、長寿の祝い年にあたる歳などはちょっぴり奮発してみるのも◎

旅行をプレゼントするときは事前に予定を確認して、あまり体の負担にならないようなプランニングや、遠すぎない旅行先になるように考慮しておきましょう。

 

敬老の日に喜ばれるプレゼント⑦お茶・コーヒー

お茶やコーヒーなど、普段常飲している飲み物をプレゼントすることもおすすめです。

日本茶・紅茶やコーヒーの豆などにこだわりがある方なら、うんちくを教えてもらいながら一緒に選ぶのも楽しいかもしれません。

また、飲み物とセットで専用のアイテムを一緒に贈ることもおすすめ。お茶ならポットや急須、コーヒーならメーカーやカップなどを贈ってみるのはいかがでしょうか。

すでにたくさん持っている場合は逆に迷惑になるかもしれませんので、ちょっと注意しながら贈ってくださいね。

 

敬老の日に喜ばれるプレゼント⑧デジタルフォトフレーム

写真をプレゼントしたいけれど、どれにすればいいのか迷う!という場合は、贈りたい写真をすべて詰め込んだデジタルフォトフレームのプレゼントはいかがですか?

お孫さんの成人式や結婚式など、節目の写真を入れたデジタルフォトフレームを持っている祖父母は、最近けっこう増えてきているみたいですよ。

選び切れないほど思い出がたくさん詰まった写真は、毎日新鮮な気持ちで眺めてもらえるいいプレゼントになること間違いなしです!

 

これは避けたほうがいいかも?NG例

敬老の日におすすめのプレゼントをいろいろご紹介させていただきましたが、贈るものによっては思わぬ失敗になってしまうことも。

最後に、“これは避けたほうが無難かも……?”という、NGプレゼント例をご紹介します。

・食べきれない量のもの
年齢を重ねて食が細くなってしまっている場合、たくさん食べ物をもらっても消費しきれない!というパターンも。食べきれるくらいの量か、賞味・消費期限が長いものを贈りましょう。

・歯ごたえがありすぎるもの
固いものや噛み切りにくい食べ物は、歯が弱っている人にとっては少し辛いことに。食べ物を選ぶときは、食べやすそうな食感のものを意識して。

・夫婦ペアの食器
すでにたくさん持っている場合、使ってもらえる機会が減ってしまうかも。

・体力が必要なこと
良かれと思ってスケジュールが詰め詰めの旅行をプレゼントして、とても疲れさせてしまったという失敗談も!旅のプレゼントは、できるだけゆったりとした時間を過ごせる旅行がベターかもしれません。


今回は、敬老の日におすすめのプレゼントをいろいろご紹介してみましたが、いかがでしたか?

「心がこもったプレゼントなら何でもうれしい!」と感じてくれる人のほうが多いでしょうが、どうせなら本当に喜んでもらえるものを贈りたいですよね♡

おじいちゃん・おばあちゃんの好みやライフスタイルを思い出しながら、日ごろの感謝をこめてプレゼントを選びましょう!