BEAUTY

お尻の冷えに注意!原因と簡単にできる解消法を要チェック!

お尻は意外と冷えやすいパーツ。お尻が冷たくなると、脚がむくんだり、太りやすくなったりします。ここでは、お尻が冷える理由やお尻の冷えを解消する方法をご紹介します。

 

お尻が冷えるのはなぜ?

女性のヒップ

冷え性は多くの女性を悩ますトラブル。手足の冷えに悩んでケアをしている人は多いでしょう。しかし、意外と見落としがちなのがお尻の冷え対策。手足と比べて気づきにくいですが、お尻は冷えやすいです。まずは、お尻が冷える理由を確認してみましょう。

■脂肪が多い
筋肉には体温を保つ働きがありますが、脂肪にそのような働きはありません。そのため、筋肉に対して脂肪の割合が多いパーツは冷えやすいです。お尻は体の中でも脂肪が多いので、他の場所と比べて冷たいと感じやすいでしょう。

■血行不良
お尻は座っている時に圧迫されるので、デスクワークの人はお尻の周りの血行が悪くなっていることが多いです。血行が悪くなれば、栄養素や酸素が十分に運搬されないため、お尻が冷えるでしょう。

また、運動不足の人も血液を循環させる筋肉が衰えて血行不良になり、お尻が冷えると考えられています。

■栄養不足
ダイエットや偏食で栄養不足になると、筋肉が衰えてお尻が冷えます。また、栄養が不足すれば、熱を生み出すエネルギーが足りなくなるため、体全体が冷たくなることもあります。

 

お尻の冷えによって引き起こされる症状

太った女性

お尻が冷えると、さまざまな症状が引き起こされます。

■下半身の冷え
お尻の血行が悪くなると、下半身全体に影響が及びます。脚や腰などの血液がスムーズに流れなくなれば、腰や太ももが冷たいと感じるでしょう。

■脚がむくむ
お尻が冷えて下半身が血行不良になると、老廃物が溜まり、脚がむくみます。

■太る
血行が悪くなると、代謝が低下して太りやすくなります。また、お尻や太ももにセルライトが増えます。

■生理時の不快症状が悪化する
お尻が冷えると、骨盤周りの血行が悪くなって子宮や卵巣などの働きが低下します。子宮や卵巣の働きが悪くなると、生理痛やPMSの症状が悪化したり、婦人科系の病気に繋がったりするとも考えられています。

 

お尻の冷えを解消する方法【1】お風呂で温める

お風呂で体を温める女性

浴槽に浸からず、シャワーだけで入浴を済ませている人も多いでしょう。しかし、お尻の冷えを解消したいなら、浴槽に浸かって体をポカポカと温めるのがおすすめです。

■お風呂でのお尻の温め方
38度程度のお湯に20分から30分程度浸かりましょう。長時間お風呂に入りすぎていると、体が負担を感じるので、体の表面が冷たいと感じなくなり、じんわりと汗をかいてきたら、お風呂から上がってください。

お尻の冷えを解消したい時はマッサージをするのも良いでしょう。手のひらでお尻の脂肪をほぐすようにマッサージすると、血行が良くなって冷えを緩和できます。

 

お尻の冷えを解消する方法【2】食事を見直す

栄養不足になると、血行不良になったり、筋肉が減ったりしてお尻が冷えやすくなります。冷え性を緩和したい人は、バランスの整った食事で栄養を摂取しましょう。

■身体を温める食べ物を摂る
お尻の冷えを解消したいなら、根菜類や生姜、かぼちゃ、スープなどの体を温める食べ物を積極的に摂りましょう。血行を良くするビタミンEが含まれたアーモンドやウナギもお尻の冷え対策におすすめです。

■身体を冷やす食べ物を控える
アイスクリームや氷などの冷たい食べ物やスイカ、メロン、ビールなどは体を冷やすと考えられています。食べ過ぎると、お尻の冷えが悪化する可能性があるので、できるだけ摂取を控えましょう。

 

お尻の冷えを解消する方法【3】ツボを押す

お尻の冷えを緩和する足つぼマッサージ

身体には冷え性を解消すると考えられているツボがあります。お尻が冷たい人はツボ押しを取り入れてみるのも良いでしょう。

■気海
おへそよりも指2本分ほど下にあるツボ。全身の血行を良くして、お尻や手足の冷えを緩和すると考えられています。

■湧泉
土踏まずのツボ。足の指を曲げた時にくぼむところにあります。冷え性にアプローチするだけでなく、むくみや疲労にも効果的だと言われています。

 

お尻の冷えを解消する方法【4】運動

お尻の冷えを緩和するヒップブリッジ

運動不足になると、血液を循環させる筋肉の働きが低下してお尻が冷えます。お尻を温めたい人は定期的に運動を行いましょう。

■ヒップブリッジ
1.両足を揃えて仰向けに寝転ぶ
2.膝を曲げ、両足の裏を床につける
3.お尻を持ち上げて膝から肩を一直線にする
4.姿勢をキープしたまま30回呼吸する

お尻に力を入れると、筋肉が鍛えられて冷えにくくなります。

■ウォーキング
お尻の冷え対策にはウォーキングも良いとされています。少し早めのスピードで歩くと、「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎの筋肉が刺激され、下半身の血流がスムーズになります。

 

お尻の冷えを解消する方法【5】マッサージ

女性のお尻

ヒップマッサージを行うと、血行が良くなり、お尻がポカポカと温まります。

■かかとを使ったマッサージ
1.うつ伏せに寝転び、膝をお尻に向かって曲げる
2.かかとを使って片足ずつお尻をトントンと叩く

お尻が冷たいと感じなくなるまで行いましょう。

■お尻全体をほぐすマッサージ
1.手でグーを作り、お尻の割れ目の上にある仙骨に当てる
2.仙骨をさするようにマッサージする
3.グーを太ももの付け根に添える
4.お尻を持ち上げるようにマッサージする
5.グーでお尻全体を叩く

ヒップケア用のクリームなどを塗っておくと、肌への刺激を軽減できます。

 

お尻の冷えを解消する方法【6】温かい下着を身に着ける

お尻の冷えを解消したいなら、下着選びも大切です。

■お尻を温める下着
お尻やお腹がすっぽりと隠れる股上が深めのショーツを選んでください。冷えが辛い場合は、ショーツの上からレギンスやオーバーパンツを履くのも良いでしょう。

■お尻を冷やす下着
締め付けが強い下着は血行を妨げるため、冷え性対策には向いていません。また、通気性が悪い下着は汗が溜まってお尻の表面が冷たくなりやすいです。

 

お尻の冷え対策におすすめの下着▶SALON by PEACH JOHN(サロン バイ ピーチ・ジョン) コットンシルクHARAマキオーバーパンツ

冷えやすいお尻やお腹周りをしっかりと温めてくれるオーバーパンツ。保湿効果に優れているため、蒸れにくいです。ストレッチ性が高く、ソフトな肌触りで、着心地も抜群です。

SALON by PEACH JOHN(サロン バイ ピーチ・ジョン) コットンシルクHARAマキオーバーパンツ

¥5,184

販売サイトをチェック
 

お尻の冷えを解消する方法【7】サプリや漢方を利用する

サプリを服用する女性

食事を見直したり、ツボ押しやマッサージをしたりしてもお尻の冷えが緩和されない時は、サプリや漢方を使ってみるのも良いでしょう。

余分な水分の排出をサポートしたり、体の巡りを促したりするサプリや漢方を使えば、悩みが緩和されるでしょう。

 

お尻の冷え対策におすすめのサプリ▶DHC(ディーエイチシー) Tie2(タイツー) サーキュレート

女性の巡りをサポートするサプリメント。ポカポカ成分のヒハツエキス末が含まれていて、お尻や手足の冷えを予防できます。ハリや潤いにアプローチするツバキ種子エキス末やビタミンEなども配合されているので、エイジングケアしたい人にも良いでしょう。

DHC(ディーエイチシー) Tie2(タイツー) サーキュレート

¥1,728

販売サイトをチェック

手足と違い、お尻は十分に冷え対策できていない人が多いはず。しかし、お尻の冷えは下半身太りやむくみを引き起こします。お尻が冷たいと感じる人は今から対策を始めましょう。