BEAUTY

白いアイライナーでパッチリ目に!効果的な使い方とおすすめアイテム

白いアイライナーといえば少々ハードル高めのイメージ。しかし、使い方によってはデカ目効果がありメイクのアクセントにぴったり!今回は、白いアイライナーの引き方やおすすめの商品をご紹介します。

 

白のアイライナーの特徴

白いアイライナーの一番の特徴は、目を大きく見せることができる効果。一般的には黒いアイライナーが目を大きく見せる定番ですが、実は白も負けていません。

ファッションアイテムにおいても白は膨張色と言われていますが、アイライナーで白を入れることで目の幅を強調。理想とする目の大きさや形を叶えてくれます。

これまでのメイクでは、白いアイライナーを目頭や下まぶたに入れてハイライトのような使い方が主流でした。しかし、最近は黒いアイライナーと一緒に使い、目力の強い印象的なアイメイクにするのが人気。

目尻部分に短いラインで乗せたりと、部分的に使うことで印象的な目元を演出できます。白いアイライナーを使う時とそうでない時では仕上がりにかなり差が出るので、メイクでイメージチェンジしたい時にも便利でしょう。

 

白のアイライナーの選び方【1】使う部位

白いアイライナーをひく女性

白いアイライナーでどこにラインを入れるかによっても選ぶアイテムが変わります。

例えば、目を大きく見せるために粘膜部分に使う時や、目頭に入れてぼかす時はペンシルタイプが最適。

黒いアイライナーと一緒に使ってメイクのアクセントにしたり、コスプレメイクをする時は、リキッドタイプでカラーコントラストを楽しみましょう。

 

白のアイライナーの選び方【2】発色

発色の度合いも、白いアイライナーを選ぶ時のポイント。しっかり発色させたい場合は、リキッドタイプで。アイラインなどで白の存在感を発揮したい時におすすめです。

穏やかな発色を求める場合は、ペンシルタイプで。目尻や目頭などにポイントで使う時も、ペンシルタイプの方が書きやすいでしょう。

 

白のアイライナーの選び方【3】キープ力

メイク直しをする女性

白いアイライナーは、目頭や粘膜など涙の影響を受けて落ちやすい部位に使うケースが多いです。白なのでパンダ目になる心配はありませんが、せっかくの効果が台無しに。

落ちにくいタイプを選べば、お気に入りのメイクを長持ちさせることができます。

 

白のアイライナーの使い方

■粘膜を埋める

白いアイライナーで粘膜を埋めることで、白目が大きく、また、よりクリアに見える効果あり。黒いアイライナーは上まぶたの粘膜ですが、白は下まぶたの粘膜を埋める時に使います。

■目頭に乗せる

白いアイライナーを目頭に入れることで、涙袋が強調される効果あり。目頭から黒目の下までラインを引き、チップなどでぼかすことで立体感のある目元が完成します。

■切開ラインを引く

白いアイライナーは、基本的に黒いアイライナーと同じような使い方をすることで目の大きさを強調できます。

白いアイライナーで目頭に切開ラインを入れれば、左右の目が近づいて見える効果があり、目が膨張して見えます。

■目尻に引く

白いアイライナーで目尻のラインを延長すれば、横幅が広く見える効果あり。

黒アイライナーで黒目の外側部分までラインを引き、目尻を延長させるラインを白で入れることで横幅が広いパッチリ目が完成します。

 

おすすめの白いアイライナー【1】UZU(ウズ) アイオープニングライナーホワイト

白いアイライナーには珍しいリキッドタイプ。「落とすまでにじまない」というキャッチコピー通り、つけたての発色が長時間キープできるウォータープルーフのアイライナー。

伝統的な筆作りで有名な熊野の伝統職人によって作られた「大和匠筆」は、コシがあり細かいラインも正確に引けるのがポイント。テクニックがなくてもアイラインが書きやすいので、メイク初心者や一重まぶたの方にもおすすめです。

UZU(ウズ) アイオープニングライナーホワイト

¥1,650

販売サイトをチェック
 

おすすめの白いアイライナー【2】MAJOLICA MAJORCA(マジョリカマジョルカ) ジュエリングペンシル 白蝶貝

ラメがぎっしり配合されたグリッターな白のアイライナー。キラキラ効果で輝きを与えることで、目元がパッチリする効果が期待できます。

アイラインとして使うのはもちろん、ぼかしながら使って涙袋を作ったり、ハイライト代わりにノーズに入れるのもおすすめ。書き心地がなめらかで、肌なじみも良いので使いやすいです。

MAJOLICA MAJORCA(マジョリカマジョルカ) ジュエリングペンシル 白蝶貝

¥770

販売サイトをチェック
 

おすすめの白いアイライナー【3】CANMAKE(キャンメイク) アイライナーペンシル パールベージュ

プチプラながら優秀なアイテムが揃う「CANMAKE(キャンメイク)」。初心者にも使いやすい柔らかい太めの芯なので、下まぶたにも使いやすくナチュラルな涙袋を作れます。

ほど良いパール感があり、肌なじみが良く悪目立ちしないのが人気の理由。細いラインも書きやすい3mmの芯で、繊細なメイクに仕上げることができます。

 

おすすめの白いアイライナー【4】KATE(ケイト) マンガジェニックライナー

安いコスメとは思えないほどのクオリティーと発色の良さが人気の「KATE(ケイト)」。こちらは3色がセットになったパレットタイプのアイライナーで、様々なメイクに活用できます。

黒いラインがナチュラルに仕上がるジェルパウダーと、肌なじみが良い2種類のパウダーがセットに。使い方をマスターすれば、たれ目メイクや涙袋、目幅拡張、二重強調など、まるでマンガの主人公のようなパッチリ目を演出してくれます。


白いアイライナーは、目をより大きく見せるメイクに重宝します。おすすめの商品は比較的初心者でも使いやすいので、ぜひこれを機会にいつものメイクに取り入れてみてはいかがでしょうか?