BEAUTY

靴擦れしてしまう原因は?靴擦れした時の対策と予防について

お出かけ先や仕事先などで、急な靴擦れが起きてしまうと痛みが出て困ってしまうもの。そんなときにまず持っていると助かるのは絆創膏です。他にもいくつかある靴擦れしたときの対策方法。今回は靴擦れの原因と予防も含めて解説していきます。

 

「痛い!」と叫ばずにはいられない靴擦れの3つの原因とは

かかとを痛がっている女性

勝負靴として新調したヒールやパンプス、ランニングを始めようと購入したシューズなど、履きなれていない新しい靴を履いているときに起きやすいとされている靴擦れ。

しかしいつも履きなれている靴でも、長時間履いて移動することで、靴擦れを起こすことがあります。そもそも靴擦れはなぜ起きてしまうのでしょうか?

 

靴擦れする原因①サイズが合っていない

しゃがみ込んで足に触れている女性

靴擦れする原因の1つ目は、足に靴がフィットしていないからです。靴を買うなら自分が最もよく移動している時間帯を選ぶのがマスト。靴の購入は夕方以降がいいという説がありますが、むくみが出てくる夕方以降に選んだ場合には、夕方以前の時間帯は足のサイズに合っていない大きめサイズの靴を履いていることになります。

足に対して小さすぎる靴も大きすぎる靴も、どちらも足にとって悪影響となるので注意しましょう。

また、ヒールを好んで履く人の多くは、前に足が滑ることで足の指に靴擦れを起こしてしまうことがあります。サイズがぴったりのヒールを選ぶようにして、前に滑らない対策をすると、足への負担が軽減されます。

 

靴擦れする原因②歩き方にクセがある

ヒールを履いて歩いている女性の後ろ姿

普段履いている靴の底をチェックしてみましょう。左右対称に減っているでしょうか?非対称であったり、外側だけ減っていたりするなら、O脚やX脚、骨盤の歪みなどが絡んでいることがあります。靴底を見ると足のクセがわかります。

本来、靴は正しい歩き方を想定して作られているものです。正しくない姿勢で履けば、その証拠として靴擦れとなって出てきても不思議ではないのです。

 

靴擦れする原因③個性的な足の形をしている

足と手

足の指が大きかったり、足の甲が出っ張っていたり、全体的にゴツゴツした足であったりすると、靴にその部分があたり、靴擦れが起きやすくなります。

 

靴擦れの対処法

しゃがみ込んでかかとに手をあてている女性の脚

靴擦れの対策について触れる前に、靴擦れを起こしたときにどんな症状が出るのかおさらいしておきましょう。

・水ぶくれができる
・皮がむける

仕事先やデート中、お出かけのときなどに急な靴擦れ。水ぶくれができたり皮がむけたり、痛みを伴う靴擦れを起こしたときには、次の対策で対処してみてください。

■靴擦れ対策①絆創膏(ばんそうこう)を貼る
どこに行くときでも持参していたいアイテム、それは絆創膏です。普段持ち歩いているでしょうか?靴擦れを起こしてしまったときには大活躍の絆創膏。ガーゼ部分に厚みのあるタイプとごく一般的なタイプの2種類が主にありますが、厚みのあるタイプは靴擦れを起こしたときに重宝します。靴と足やかかととのクッションの役割を果たしてくれるので、靴擦れの痛みが軽減されます。

■靴擦れ対策②靴下を2枚履く
靴下を履いて出かけたときに靴擦れになった場合には、患部を絆創膏でガードする他に、もう1枚靴下を履いてさらに足をガードします。

■靴擦れ対策③靴の内側にマットを貼る
靴擦れを起こしたときには、耐震マットなど靴と足との間の摩擦を避けられるアイテムを活用してみましょう。

 

靴擦れを事前に予防する方法

ソファに座っている女性の脚とヒールあれこれ

痛みを伴う靴擦れだからこそ、事前に予防策を取って靴擦れを回避したいところ。靴選びのポイントも靴擦れ防止には重要です。

 

靴擦れ予防①靴はできるだけフィットするものを選んで!

つま先のストレッチをしている女性の足

靴擦れ予防の基本ともいえるのが、できるだけ自分の足にフィットする靴を選ぶことにあります。ただオーダーメイドの靴ではない靴を選ぶことが多いだけに、しっくりくる靴に出逢うのは難しいのかもしれません。

しかしいろいろと試着して、足に合う靴を選ぶようにしましょう。何といっても履いてみて、自分の足との相性を確認することが重要ポイントです。

<靴選びのポイント>
・選ぶなら平均して一日の中で一番移動する時間帯に。
・足幅はぴったりめが◎。もし若干大きいと感じるならワンサイズ下げて購入。
・ただし履き心地がなんだか悪いと少しでも感じて、8時間履いていられないのではないかと思うなら購入を見送る。

今はネットでも靴の購入が自由にできるようになりましたが、レビューや商品説明を読むしかサイズ感はわかりません。そんな中「もしサイズが合わなかった場合には送料無料」で対応してくれるネット通販サイトも存在するので、そちらを利用してみてはいかがでしょうか?

 

靴擦れ予防②かかとに絆創膏を貼る!

靴擦れして絆創膏を貼っている女性の足

事前に靴擦れを防止する方法として安くて手軽にできるのが、絆創膏を靴擦れを起こしそうな場所に貼っておくことです。かかとや親指、小指など、靴との摩擦が起きそうな場所全てに貼ります。

ただしこの方法は他の人に見られると恥ずかしいので、絆創膏が直接見えない靴下履きで靴を履くときに限ります。

 

靴擦れ予防③耐震マットなどのグッズを使う!

ヒールを履いた女性の足

ジェルシートやパッドなど、靴擦れ専用グッズを使用するのも予防策としておすすめです。ただ専用グッズは少々高め。そこでおすすめしたいのが、100均やAmazonでも買える耐震マット!特にこれはヒールを履く機会の多い人にぜひ試してみてほしい方法です。

耐震マットを貼る位置は、かかとの下あたりで靴を履いたときに耐震マットがかかとに少しひっかかるところが◎。ヒールの高さに合わせて耐震マットの位置と大きさを調整してみてください。

 

靴擦れ予防④正しい歩き方をする!

赤いヒールを履いた女性の後ろ姿

重心を真ん中に置き、足先を真っ直ぐ前に向けます。外に力が逃げてしまわないように、親指に力を入れてバランスを保ったまま歩くように意識してみましょう。正しい歩き方をすることで靴擦れを予防でき、靴底の減りも平行かつ左右均等になり、足への負担も軽減されます。

 

靴擦れ予防⑤靴下やタイツ&ストッキングを使用!

靴下

素足で履くと靴との直接との摩擦があり、靴擦れはどうしても起きやすくなります。その日履く靴にもよりますが、靴下やタイツ、ストッキングなどを使用して、足と靴との間にワンクッションおくことも靴擦れ予防に効果的です。

また靴下などを履きたくないときには、ワセリンやリップクリームを靴擦れしやすい部分に塗ってから履くと、潤滑剤となって靴擦れが起きにくくなります。


突然起こることが多く、痛みを避けられない靴擦れ。靴擦れは一度なるとなかなか治りにくく、何日も痛い思いをして過ごすこととなります。もし靴擦れを起こしてしまったら、それ以上ひどくならないように消毒&保護が大切です。靴擦れ対策&予防で楽しい毎日を送っていきましょう。