LIFE STYLE

2017-06-19

プレゼンや会議が苦手…。人前での緊張を克服する方法

650

営業成績のプレゼンや、突然の会議での発表等、お仕事をしていると人前に立つ場面がたくさんあります。
特に、それが自分の成績や評価につながるとなると、気が気では無い方も多いのでは!?

そこで今回は、より人前でのパフォーマンスを向上させてくれる、緊張の克服方法をお伝えします。

人前での緊張を克服する方法(1)緊張の原因を考えよう

人前で緊張をしてしまって……という方は、緊張だけでなく、様々な理由から人前に立つ事に苦手意識を持っていることがあります。

そこで、まずは緊張してしまうことではなく、何が原因で緊張してしまうのかを考えてみましょう。

緊張とは、何かが引き金となって引き起こされた反応です。

その元となっているものを考えることで、その後人前に立つ事があっても、「自分はこういう理由で緊張しているんだ」と冷静さを保つことができます。

人前での緊張を克服する方法(2)人前で話す、ということに慣れよう

人前で緊張をしてしまう方には、そもそも人前で話すことに慣れていない方もいらっしゃるかもしれません。

人前で話すのは1年に数える程度……という状況なら、緊張してしまっても不思議ではないですよね。

そんな方は、単純に人前で話すことに慣れましょう。

例えば、身内を相手に、取引先へのプレゼンだと思って商品の説明をしてみてください。もしくは、近々あるプレゼンの予行練習等も良いですね。

身内で慣れたら、次は友達、次は同僚、とどんどん外に向かって練習を重ねれば、本番では緊張を感じながらも、それを克服した自分に出会えるでしょう。

人前での緊張を克服する方法(3)自主的に話したい!というテーマを見つける

人前で緊張してしまうのは、話す内容にも原因があるかもしれません。

例えば、義務感から人前に立っているのと、自主的に人前に立っているのとでは、明らかに姿勢が違いますよね。

そこで、まずは一度「話したい!」と思えるようなテーマを、練習のために探してみましょう。

何の話なら、人前で話したいですか?
好きなアイドルのことでしょうか、それとも政治問題のことでしょうか?

自分が話したいテーマで人前で話す練習をしてみると、思っていることを話すだけなので自然に話せるんです。

そうして、人前での緊張を克服した状態、というのを知ると、他の状況でもこの成功体験を思い出して人前に立つ事ができます。

人前での緊張を克服する方法(4)仕事に関係ない勉強会で、他人から学ぼう

仕事場でのプレゼンというのは、プレッシャーがかかっていたり、欲が出たりとなかなか自然な状態にはありません。
色んな感情が入り交じる中で、他人から学ぶというのも難しいでしょう。

しかし、例えば、仕事に関係ない勉強会ではどうでしょうか?

プレゼンがあったとしても、皆フラットな関係の中なので、お仕事の場面よりは肩の力が抜けているはずです。

そんなベストな環境の中で、他人から人前での立ち振る舞いを学んでみましょう。

人前での緊張を克服する方法(5)発表する内容に自信を持とう

人前で緊張してしまうことには、発表する内容に自信がないから、というのもよくある理由です。

もちろん、いつでも全ての内容を自信満々で発表することなんて難しいです。
ですが、そこは俳優になりきったつもりで、自信を持った役を演じてみてください!

自信のある人は、過度な緊張はしませんよね。
つまり、自信を持った役を演じていれば、いきすぎた緊張はしないんです。

そう自分に言い聞かせれば、「緊張」よりも「自信」に意識を切り替えることができ、緊張の克服に有効ですよ。
人前での緊張から解放されたいのは、全ての人間の目標です。
例えば、毎日舞台に立つ役者さんでさえ緊張はある、という話ですから、私たちが緊張してしまっても悪い事ではないんです。
ですから、緊張した自分を責めるのではなく、克服するための努力をもって緊張に立ち向かってみてはいかがでしょうか。