HAIR

オールバックポニーテールでクール女子に!基本のやり方やアレンジ

子供っぽくなりがちなポニーテールもオールバックにすることで大人っぽい印象を与えることができます。前髪を上げておでこを出すことで顔周りもすっきり。そこで今回は、オールバックポニーテールのやり方やおすすめのオールバックポニーテールアレンジなどをまとめてご紹介します。

 

オールバックポニーテールの魅力は?

アメリカや韓国など、海外の芸能人の間でも定番のオールバックポニーテール。
かっこいい海外女子に憧れて真似したことがある……という方も多いのではないでしょうか。

オールバックポニーテールは、前髪を上げることですっきりしたクールな雰囲気を出せるのが魅力です。汗などでベタつく夏にもピッタリの髪型ですよね。男ウケはもちろん、同性からも評判が良く、様々なシーンで楽しむことができますよ。

 

オールバックポニーテールの似合う人は?

オールバックポニーテールは、前髪を上げて輪郭を出すため、美人にしか似合わないのでは……と思っている人も多いのではないでしょうか。

【オールバックポニーテールが似合う人の特徴】

・おでこの形が綺麗
・目が大きくはっきりした顔立ち
・大人っぽい顔立ち
・顔が小さい

基本的にオールバックポニーテールは、おでこが広すぎたり狭すぎると似合わない傾向にあります。また、輪郭が目立つためエラが張っていると顔が大きく見えることも。

ただし、前髪の分け目を工夫したり、シェーディングなどのメイク方法を変えることで欠点をカバーすることは可能です。自分に似合うオールバックポニーテールの作り方を研究してみてくださいね。

 

オールバックポニーテールの基本のやり方

オールバックポニーテールの基本のやり方をチェックしていきましょう。

【1】髪全体をカーラーやコテで巻いておく
【2】スタイリング剤を馴染ませる
【3】やや高めの位置で髪を結ぶ
【4】無造作に髪を引き出す
【5】ハードスプレーを全体に振りかけたら完成

襟足の髪がたるむとだらしなく見えてしまうので注意が必要。顔を斜め上に向けながら髪を結ぶと、襟足がすっきりして綺麗に仕上がりますよ。
きっちり結ぶのも良いですが、ルーズにほぐすと今っぽく垢抜けた印象に。丸顔の人は、トップの部分に逆毛を立ててボリュームを出すと良いでしょう。

前髪が短い人は、ピンで留めたり、ヘアバンドやカチューシャを活用するのもおすすめ。

 

オールバックポニーテールのおすすめアレンジ【1】ゴム隠しアレンジ

綺麗なオールバックポニーテールを作っても、ヘアゴムが目立つと残念な印象に。
結んだ髪を少量取り、ヘアゴム部分に巻き付けてピンで留めると、バレッタなどを使わなくても簡単にゴムを隠すことができますよ。髪を結ぶ位置は、低くすれば大人っぽく仕上がるので、自分の輪郭や好みに合わせてくださいね。

面長さんはトップに逆毛を立ててボリュームを出しすぎると、縦の長さが強調されすぎてしまうのでNG。きっちりオールバックにするより、前髪を横に流しつつふんわりおでこをカバーすると良いでしょう。

 

オールバックポニーテールのおすすめアレンジ【2】くるりんぱポニー

普通のオールバックポニーテールにマンネリ……という場合は、くるりんぱを組み合わせてみてはいかがでしょうか。

【1】こめかみの上部分の髪をハーフアップにする
【2】【1】で結んだ髪をくるりんぱする
【3】トップの髪をバランス良くほぐす
【4】残りの髪を全部まとめて結ぶ
【5】毛先をゴムに巻き付けてゴム隠しする
【6】全体を馴染ませ、仕上げにマジェステを付けたら完成

くるりんぱを組み合わせるだけで一気に凝った髪型に見えますよね。ボブやミディアムなど短めヘアの人も、二段階で髪を結べば崩れにくいですよ。

 

オールバックポニーテールのおすすめアレンジ【3】ロープ編みとの組み合わせ

前髪とサイドの髪をロープ編みして、ポニーテールの結び目に巻き付けたアレンジも可愛いですよ。ストレートも良いですが、髪の毛先はコテで巻くことで華やかさアップ。

オールバックスタイルも、センター分けや七三分けなど分け目を変えることで印象がガラッと変わります。

 

オールバックポニーテールのおすすめアレンジ【4】ラーメンマンヘア

オールバックポニーテールをアレンジして、近年トレンドのラーメンマンヘアを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ポニーテール部分にゴムやリボンをグルグル巻き付けるだけなので簡単ですよね。すっきりオールバックにすることで、イマドキっぽいこなれ感を演出できます。

 

オールバックポニーテールのおすすめアレンジ【5】ゴールドピンの重ね付け

オールバックポニーテールの前髪を横に流して、ゴールドピンを留めるアレンジもおすすめ。

ピンで固定すれば、前髪が短い人も気軽にオールバックに仕上げることができます。少し後れ毛を出して、輪郭をカバーしましょう。

 

オールバックポニーテールのおすすめアレンジ【6】ポンパドールヘア

丸顔で童顔に見える……という人は、ぺったりオールバックにするのではなく、ポンパドールでトップにボリュームを出すと良いでしょう。

前髪をふんわりねじってピンで固定すれば、大人っぽさもアップします。ポニーテールはラフに仕上げて抜け感を演出してくださいね。


オールバックポニーテールのおすすめアレンジをご紹介しました。オールバックポニーテールと言っても、アレンジはバリエーション豊富。自分には似合わない……と思っている人も、ぜひこの機会に自分に合うオールバックポニーテールを研究してみてくださいね。