BEAUTY

仕事先でもパパッと綺麗。時短メイク直しのテクニック

どんなに丁寧にメイクをしても、メイク直しは避けられないもの。
夜まで綺麗を保つために、時短メイク直しのテクニックを学んで、ササっとお直しできるようになりませんか?
今回は、仕事先でもパパっと綺麗にできる、時短メイク直しのテクニックをご紹介します。

 

時短メイク直しのテクニック①化粧直し前のケア

時短メイク直しのテクニックの一つ目は、化粧直し前のケアです。

メイクをした後、しばらく経つと、どうしても汗をかいてしまったり皮脂が浮いていたりするもの。

いくら時間がないからといって、そのまま上にメイクを重ねるようにメイク直ししても、仕上がりは残念な印象になってしまいます。

メイク直しをする前は、まずティッシュペーパーで軽くおさえるようにして、汗や皮脂を取り除くようにしましょう。

あぶら取り紙などを使う人もいますが、必要な皮脂まで取り去ってしまい、乾燥から肌を守ろうとより皮脂が分泌されてしまうので、ティッシュペーパーでおさえる程度がおすすめです。

化粧ポーチには、肌に優しいティッシュなどを常備しておくと良いですよね。

小鼻や額のキワなど、急いでいると忘れがちな場所の皮脂も、しっかりとティッシュでオフしましょう。

 

時短メイク直しのテクニック②ミストタイプの化粧水を使う

ティッシュで汗や皮脂をオフしたら、メイク直しのためのベース作りをしましょう。

ミストタイプの化粧水やポイント使いできる保湿ジェルなどを軽くのせるだけで、後々の化粧崩れもかなり抑えることができます。

夏場や汗をかいたときなど、リフレッシュするのにぴったりです。

また化粧崩れがひどい場合は、一度乳液で汚れを浮かして、ティッシュでオフしてしまうのもおすすめです。

シュウ ウエムラのディプシー ウォーター ローズは、顔や髪、ボディなどマルチに使うことができるミスト。

甘く柔らかいフローラルな香りで、仕事の疲れなども癒してくれるはず。

シュウ ウエムラ ディプシー ウォーター ローズ

¥2,700

販売サイトをチェック
 

時短メイク直しのテクニック③立体スポンジを使う

メイク直しで一番失敗してしまいやすいのが、ついつい厚塗りになってしまうところ。

特に時短でメイク直しをしようと焦っていると、やりすぎてしまうことも多いはず。

そんな時におすすめなのが、立体スポンジです。

パウダーファンデーションでもリキッドタイプでも、立体スポンジに少し含ませて顔に広げていくことで、厚塗りになるのを防いでくれます。

立体スポンジの形をうまく使うことで、目の周りや小鼻など、細かいところまで綺麗にできますよ。

厚塗りを防ぐ方法としては、立体スポンジを使うのがテクニックいらずでおすすめです。

 

時短メイク直しのテクニック④眉毛は眉ティント

時短メイク直しテクニックで面倒なのが、アイブロウではないでしょうか?

眉は顔の印象を決める大事なポイントになっていますが、薄くなったり消えてしまったりもしやすいパーツです。

何度も何度もメイク直しをするのはいくら時短とは言え面倒、そんな時におすすめしたいテクニックが、眉ティントです。

従来のアイブロウとは違い、眉ティントはメイクを落としても数日は消えないので、メイク崩れの心配もありません。

一度家で行うだけで、眉のメイク直しを数日しなくてよくなるのは、何よりの時短ではないでしょうか。

眉ティントであれば、すっぴんの顔にも自信が持てるようになるはずですよ。

フジコ マユティント

¥1,280

販売サイトをチェック
 

時短メイク直しのテクニック⑤アイメイクのヨレなどは綿棒でオフ

アイラインやアイシャドウなどを入れる目元は、化粧崩れもしやすいパーツ。

そんなときの時短メイク直しテクニックが、綿棒を使うことです。

ドラッグストアなどで販売されているメイク直し用の綿棒を使うと、アイメイクのヨレなどを簡単にオフして、キレイな状態からメイク直しができるのでおすすめです。

自宅にある綿棒を使う場合は、乾いたままで使うのはおすすめできません。
乾いた綿棒ではアイメイクは落ちにくいので、どうしてもこすってしまい、目元に刺激を与えてしまいます。

自宅にある綿棒を使う場合は、美容液を染み込ませたものをラップなどでくるみ、化粧ポーチに入れておきましょう。

乳液やクリームなどを綿棒に染み込ませると、油分の多さからさらにメイク崩れが起きてしまうことがあるので注意しましょう。

 

時短メイク直しのテクニック⑥フェイスパウダーでおさえる

アイメイクのメイク直しを時短でする場合、ヨレなどのメイク崩れをオフしたら、フェイスパウダーなどで目の周りを一度おさえることがテクニックの一つです。

“時短で”と考えていると、フェイスパウダーなどを使わずにそのままアイメイクをしたくなるところですが、そのままのせてしまうと発色も良くないうえに、メイク崩れもしやすくなってしまいます。

フェイスパウダーなどでおさえたら、オフしたところを埋めるようにアイシャドウやラインをひいていきましょう。

 

時短メイク直しのテクニック⑦チークを忘れずに

メイク直しをする頃になると、どうしてもくすみが出てきたり透明感が失われてしまうもの。

そんな時こそ、時短メイク直しテクニックとしてチークを使うのがおすすめです。

ベースメイクのメイク直しが終わったらまずは、頬の広いエリアにハイライトを薄くのばすのがおすすめ。

この時、ただ明るい色味のものを入れるのではなく、パープルなどのハイライトであれば一気に透明感を取り戻すことができます。

そのうえからピンクやコーラルのような血色が良く見えるカラーのチークを入れていきましょう。

ハイライトで透明感がしっかりとプラスされているので、メイクしたてのような美しい肌を手に入れられるはずです。

 

時短メイク直しのテクニック⑧リップはベースから

リップを直す場合の時短メイク直しテクニックは、リップのベースづくりです。

職場でとりあえずリップだけでもメイク直ししようとして、そのまま口紅を塗っていませんか?

乾燥していたり口紅のムラがある状態で上に口紅を重ねると、色むらの原因となってしまうので注意が必要です。

保湿用のリップクリームを必ず持ち歩くようにし、しっかりと保湿してからメイク直しするのがテクニックです。

職場などでしっかりとした印象を出したい場合は、ブラシで唇の輪郭を描くのがおすすめ。

そのあと唇全体に口紅を広げたら、一度ティッシュで余分な部分を押さえます。

余分な口紅が取れることで、化粧崩れがしにくくなりますよ。


時短メイク直しテクニックで大切なのは、やはりベース作りです。
どんなに急いでいたとしても、ベースを綺麗にせずにメイクを重ねたところで、またすぐに化粧崩れになってしまいます。

これからは、ササっとベースケアをして、メークを直すようにしてくださいね。