FASHION

細見えもスタイルアップも可能!<体型別>ボトムの選び方

♡ 268

身長が低かったり、ぽっちゃりとしていたり、体型に悩みがある人は多いですよね。
悩みをカバーしてさらに美しくなるためには、ボトムの選び方を工夫するのがポイント。

今回は、ボトムの選び方を体型別にご紹介いたします。

体型別のボトムの選び方①身長が低い人はストライプ柄で縦のラインを強調

zozo.jp

身長が低い人は、縦のラインを強調するボトムがぴったり。

ストライプ柄が入ったボトムやブーツカットのパンツ、縦にウォッシュ加工がされたデニムなどは、体型をすらっと見せてくれます。

FABIAのスカートは、レトロな配色のストライプ柄。ストライプで縦のラインが強調されるので、身長が低い人でも着こなしやすいです。

こちらのスカートを履く時は、トップスはインして着るのがおすすめ。トップスをスカートに入れることによって重心が上がるので、身長を高く見せられます。

足元はパンプスを合わせてスタイルアップ効果を狙ってくださいね。

<FABIA>マルチレトロストライプスカート

¥4,309

販売サイトをチェック

体型別のボトムの選び方②ぽっちゃりさんはボーイフレンドデニムで足首見せ

zozo.jp

ぽっちゃりな体型を隠したい人は、どうしても体のラインが隠れる服を選びがち。

ダボっとしたシルエットのコーデをすると、体型は隠れますが、さらにぽっちゃりと見えてしまうことも少なくありません。

体型を隠しながらも、スタイルを良く見せたいときは、ボーイフレンドデニムをロールアップして履くのがおすすめ。

太めのボーイフレンドデニムをロールアップして足首を見せると、コーデにメリハリが出るので、着痩せ効果を期待できます。

こちらは、IENAのハイライズのボーイフレンドデニム。色が濃いめなので、引き締め効果を期待でき、着痩せできるコーデを作りたいときにぴったりです。

足元はロールアップして高めのヒールを合わせると、スタイルが良く見え、女性らしさも出せますよ。

<IENA>ハイライズデニムパンツ◆

¥14,040

販売サイトをチェック

体型別のボトムの選び方③お尻が大きい人はローライズのスリムパンツ

zozo.jp

お尻が大きい女性は魅力的。
お尻の大きさを生かして大人の色気を出せるボトムを使うと、あなたの魅力をさらに引き出せるでしょう。

大人の色気を出したい人におすすめなのが、ローライズのスリムパンツ。

中でもUngridのデニムは、股上が浅めで足首が見えるデザインなので、カジュアルでありながらも大人の魅力を感じられる着こなしにぴったりです。

お尻が大きめの人はトップスで隠してしまうのではなく、シャツなどをインして着ると魅力を存分にアピールできますよ。

トップスをボトムに入れれば、下着が出ないので、お尻が大きくても安心ですね。

<Ungrid>インディゴフレイドヘムストスリ

¥15,490

販売サイトをチェック

体型別のボトムの選び方④脚が短い人はハイウエスト

zozo.jp

日本人に多いといわれているのが、短足。
「脚が短いと、どんなボトムを履いてもうまく決まらない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

短足に悩んでいる人は、ボトムの選び方を工夫して脚を長く見せましょう。脚が長く見えるボトムとしてぴったりなのが、ウエストを上に見せてくれるハイウエストボトムです。

ハイウエストのボトムを取り入れると視線が上にいくので、ウエストが高く見えて、脚長効果を期待できますよ。

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSのボトムは、ハイウエストデザインの普段使いしやすいアイテム。

わかりやすくハイウエストになっているボトムは幼く見えてしまうこともありますが、このボトムはさりげなくウエストが上にくるので、自然にスタイルを良く見せられます。

ハイウエストですが、9分丈なので、コーデがすっきりとまとまるのも嬉しいですね。

<BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS>BY∴ トリコットテーパード9分丈パンツ

¥10,800

販売サイトをチェック

体型別のボトムの選び方⑤背が高い人はボトムを強調しない

zozo.jp

背が高い人は存在感があり、どんなボトムでもきれいに履きこなせることが魅力の一つです。

その一方で、「あまり体を大きく見せたくない」と思っている人も少なくありません。

背の高い人が体を大きく見せたくないときは、ボトムを強調しないコーデがぴったり。シンプルなボトムを選んで、コーデをスッキリと仕上げると良いでしょう。

GLOBAL WORKのスキニーは、シンプルなデザインが魅力的。ニットやブラウス、Tシャツなどさまざまなコーデに合わせやすいので、着まわしやすいことが特徴です。

背の高い人はVネックのニットやスニーカーなどを合わせると、スタイルの良さが生かされて、かっこよく決められるでしょう。

<GLOBAL WORK>【抜群のストレッチ】カラースキニーパンツ/759716

¥3,780

販売サイトをチェック

体型別のボトムの選び方⑥くびれがない人はフレアスカート

zozo.jp

ウエストのくびれは女性らしさを感じられるパーツ。

くびれがある女性にドキッとするという男性も多いので、くびれを手に入れるためにダイエットを頑張っている人もいるでしょう。

しかし、くびれを作るのは簡単ではありません。腹筋や食事制限を頑張っても、なかなかくびれができないという人は、ボトムの選び方を工夫してみると良いですよ。

くびれがない人におすすめのボトムは、フレアスカート。ボリュームのあるフレアスカートにぴったりとしたシルエットのトップスを合わせ、インして着るとくびれがあるように見せられます。

こちらのスカートは、ウエストがすっきりとしたシルエット。

腰周りはふんわりとしているので、くびれがあるように見せたいときに便利です。ブーツやスニーカーなど、さまざまなタイプのシューズと合わせやすいのも魅力的ですね。

<Spick & Span>リヨセル/C ブロードロングスカート◆

¥13,500

販売サイトをチェック

体型別のボトムの選び方⑦腰が出ている人はペンシルスカート

zozo.jp

腰が出ている人は、女性らしさを感じられる一方で、ボトムの選び方を間違えると実際よりも太く見えてしまいがち。
女性らしさを生かして、スタイルを良く見せたいときは、タイトスカートを選びましょう。

タイトスカートはシルエットがぴったりとしているので、体型がスリムに見え、女性らしさも感じられる着こなしに仕上げられます。

腰が出ている人に特におすすめのタイトスカートは、裾にいくほどシルエットが細くなっているペンシルタイプ。

腰からすとんと落ちるタイトスカートを履くと、スタイルは良く見えませんが、ペンシルスカートを選べばスタイルの良さを引き立てられるでしょう。

こちらのペンシルスカートは、秋から冬にかけて着回しやすいチェック柄。腰が大きい人でも腰周りをスッキリと見せられます。

ダボっとしたニットなどとも合わせやすいので、腰の大きさに悩んでいる人は持っておくと良いでしょう。

<SHIPS for women>Khaju:チェックペンシルスカート◇

¥14,904

販売サイトをチェック
トレンドのボトムも良いですが、体型に合ったボトムを選べばさらに美しく見せることができます。
着痩せもスタイルアップもできるボトムの選び方をマスターして、もっとオシャレを楽しみましょう!