LIFE STYLE

アロマディフューザーで癒し空間を演出!選び方のコツやおすすめ商品

置くだけで癒し空間を演出してくれるアロマディフューザー。最近はおしゃれな商品もあり、インテリアとしても楽しめます。今回は、アロマディフューザーの使い方や選び方と共に、おすすめの商品をご紹介します。

 

アロマディフューザーとは?

アロマディフューザーとは、空気や熱、水の力でアロマオイルの香りを拡散するアイテム。他のアロマアイテムと比較すると、より広範囲に早く香りを拡散できるのが特徴です。

おしゃれなデザインの商品も多く、インテリアとしても人気。中には光を有効に使って癒し効果を高めたり、パソコンと接続して使うコンパクトタイプなど様々な種類があります。

 

アロマディフューザーの種類

■超音波式

水にアロマオイルを垂らして、超音波でミスト状にして拡散するタイプ。火を使わないので安全。アロマオイルの使用量が少なく、経済的なのもメリット。

ただし、水を使うためにカビ予防やお手入れが必要になるのがネックです。

■噴霧式

水を使用せずに、アロマオイルの瓶をそのまま本体にセットして使う「ネブライザー式」。ガラスの瓶にオイルを入れて使う「アロマドロップ式」があります。

広範囲に香りが拡散できて、持ちも良いのが特徴。ただし、アロマオイルの消費量が多く、お手入れも手がかかります。

■気化式

フィルターにアロマオイルを垂らして、ファンで空気を送って香りを拡散させる「送風式」。スティックがアロマオイルを吸い上げる「リードディフューザー式」。素焼きの石などにアロマオイルを垂らす「ストーン式」があります。

火も電気も必要なく、お手入れも簡単。音も静かでおしゃれなデザインの商品も多数。ただし、香りの拡散範囲は狭く、フィルターやスティックの交換時期も早いです。

■加熱式

アロマオイルを垂らした陶器のポットを電気で温めて使う「アロマポット」や「アロマライト」。

お値段が安く癒し効果もありますが、火を使うので安全性に注意が必要。また、熱によって香りや効果に変化があるという欠点もあります。

 

アロマディフューザーの選び方【1】ライフスタイルに合うタイプを

テーブルの上のアロマディフューザー

■超音波式

素早く香りを広げたいなら超音波式がおすすめ。水に垂らしたアロマオイルがミストで拡散されるので、加湿効果もあります。

カビが繁殖しないようにお手入れが必要。中には簡単な商品もあるので、購入前にチェックしてみましょう。

■加熱式

香りも穏やかで、ふんわりと光が灯るので癒し効果は抜群!低価格な商品も多いです。

■気化式

とにかく香りを楽しむのが最優先という方におすすめ。アロマミストを噴射する「ネフライザー」は、ダイレクトに香りを感じることができます。

ただし、商品によっては音がうるさかったり、アロマオイルの消費量が多いという欠点もあります。

■リードディフューザー

水も電気も必要ないので、手軽さではダントツ。ペットや小さい子供がいても安心して使えるのが魅力的です。

 

アロマディフューザーの選び方【2】使う場所に合うものを

使用する場所に合うアロマディフューザーを選ぶのもポイント。

アロマディフューザーの拡散範囲は、6~8畳用の一般的なタイプから、60畳対応可能のものまで。ほど良く香りを楽しむためには、部屋の広さと拡散範囲がマッチしているかどうかが重要です。

例えばトイレなどの狭い空間には、リードディフューザー。リビングなどの広い空間には、気化式やネフライザー式が適しています。

 

アロマディフューザーの選び方【3】付加機能で選ぶ

アロマディフューザーには、香りの他にも様々な付加機能がある商品があります。

人気なのが、ライトの代わりになるタイプ。ベッドサイドに置けば、香りとともに優しい灯りがともって癒し効果も抜群。

音楽機器と接続して使ったり、内蔵された曲を流せるタイプもリラックスタイムには役立ちます。

他にも、空焚き防止やタイマー機能など、使い方に合うものを選びましょう。

 

アロマディフューザーの使い方

ウッドのアロマディフューザー

■お気に入りのアロマオイルを使う

アロマディフューザーの一番の特徴は香りを楽しむこと。自分好みの香りを選ばなければ、購入した意味がありません。

アロマオイルは種類が豊富なので、その日の気分や体調に合わせて使うのがおすすめ。お気に入りの香りをいくつか揃えておくと良いでしょう。

■乾燥が気になる時は加湿器と一緒に使う

アロマディフューザーには加湿効果があると勘違いしている人も多いです。ミストタイプで拡散されるタイプには多少の加湿効果はありますが、基本的に加湿機能はついていません。

最近では、アロマディフューザーと加湿器が一緒になった商品も人気。しかし、加湿器を使用しない季節は香りも楽しめなくなってしまうので、別々で購入して使い分ける人もいます。

 

おすすめのアロマディフューザー【1】MUJI(無印良品) ポータブルアロマディフューザー

手のひらサイズの割に、3.5時間の充電で8時間も持続可能なアロマディフューザー。2時間ごとに自動停止する機能があるので、つけっぱなしで寝てしまっても安心。

水なし、コードレスなので、持ち歩きにも便利!オフィスでも、キャンプなどのアウトドアでも使えます。

MUJI(無印良品) ポータブルアロマディフューザー

¥2,990

販売サイトをチェック
 

おすすめのアロマディフューザー【2】生活の木 エッセンシャルオイルディフューザー アロモア  ウッド

広範囲に香りが広がるアロマディフューザー。内部にアロマオイルを内蔵することができるので、こまめに補充する必要がありません。

電源だけでなく、USBポートでも使用可能。見た目もシンプルで邪魔にならないので、インテリアとしても優秀な商品です。

生活の木 エッセンシャルオイルディフューザー アロモア  ウッド

¥11,000

販売サイトをチェック
 

おすすめのアロマディフューザー【3】ニトリ 超音波アロマディフューザー

アロマオイルの香りと共に、優しくて温かい灯りを楽しむことができるアロマディフューザー。デザインもおしゃれで、低価格なコスパ優秀アイテムです。

水がなくなったら自動的に電源が切れる機能や、オフタイマー機能もあり。ただし、お手入れはこまめにする必要があります。

ニトリ 超音波アロマディフューザー

¥1,859

販売サイトをチェック

お部屋にアロマディフューザーがあるだけで、リラックス効果あり!ぜひご紹介した情報を参考にして、自分に合う商品を見つけてください。