BEAUTY

身長160cm女子の理想体重は何kg?理想の身体に近付く方法は?

いま自分がどのくらいの体重に分類されているかご存知ですか?今回は160cmの女性の方必見の体重情報をまとめてみました。平均体重をはじめ、理想体重、美容体重をご紹介します。ぜひ自分の今の体重がどの分類に当てはまるかチェックしてみてください。

 

160cmは、どのスタイルも似合う身長!

160cmの女性は高身長に分類されるギリギリのラインと言われています。また160cmの女性は、ヒールをはいても男性の身長を抜かすことが少ないので、おしゃれも楽しめるのもメリットの一つでしょう。

そんな160cm女性の体重はどれくらいが一般的なのでしょうか。体重は人に聞くことができないため、自分が太っているのか痩せているのか分かりにくい部分でもあります。

今回は、そんな160cmの女性の標準体重をはじめ、理想体重、美容体重をそれぞれご紹介します。

 

160cmの標準体重は?BMI数値をチェックしてみよう!

160cmの適正な標準体重はどのくらいのものなのでしょうか?
まず、体重がどの位置に分類されるのか目安になるのが「BMI数値」です。
このBMI数値とは、脂肪指数という肥満度を示す数字です。
このBMIの算出方法は「体重(kg)÷身長(m)×身長(m)」の計算式で調べることができます。

■BMIの数値が22……標準体重
■BMIの数値が20……理想体重
■BMIの数値が18……美容体重

自分の標準体重を知りたいときは「身長(m)×身長(m)×22」という計算をすると標準体重が算出されます。

160cm女性の平均体重は?

それでは、160cm女性の標準体重を上記の計算式を元に検証しましょう。
BMIの計算式で行うとBMIは「22」です。計算すると標準体重は56.3kgです。

標準体重は、人が一番健康的であることができる体重だと言われています。健康が気になる方はこの体重を目指すといいでしょう。
しかし160cmの方がこの体重となると少しぽっちゃりとした印象に見られがちです。スラッとした体型を目指すのであればもう少し減量する必要があります。

 

健康的に女性らしく見える、160cmの理想体重は?

では次に160cmの理想体重を検証します。
理想体重は割と簡単に手に入れることができる体重なので目標体重が分からないという方にはまずこの数字を目標にすると良いでしょう。

160cm女性の理想体重は、BMI数値が「20」のため計算すると51.2kgとなります。

この理想体重は健康かつ美しく見える女性らしいラインを手に入れることができる体重です。また男性目線でもこの理想体重の数字が一番女性が魅力的に見える数字と言われています。

 

モデルのようにスレンダーに見える、160cmの美容体重は?

では、理想体重よりも軽い160cmの美容体重とはどのくらいなのでしょうか?
美容体重はモデルのような細さになることができると言われますが健康面でのトラブルが起きやすいため注意が必要です。

160cm女性の美容体重はBMI数値が「18」のため計算すると46.1kgとなります。

160cmの美容体重は、46.1kgというとても軽い体重となっています。この体重になるためにはかなりの努力が必要となり健康面でのトラブルも起きやすいので、プロの指導のもとでダイエットすることをおすすめします。

体重を減らすには数字にとらわれず、健康的に痩せることが身体にも負担がかかりにくいです。ダイエットする際には過度な食事制限をせずに自分に合う体型を維持することがより魅力的な女性へと導くでしょう。

 

男性から見た160cm女性の理想体型や体重

カップル

女性はモデルのようにスレンダーなスタイルに憧れがちですが、男性はスキンシップをしたときの心地よさから、理想体重くらいの女性を好む傾向があります。男性受けを考えてダイエットをするのであれば、美容体重ではなく理想体重を目標にするようにしましょう。

適度に脂肪が付いている方が、柔らかく女性らしい雰囲気になるので、それも男性からモテやすくなるポイントです。

 

160cmの女性が理想の体重を目指す際におすすめのダイエット方法

スクワット

■筋トレをする
以前はダイエットをするなら、脂肪を燃焼する有酸素運動をするのが効果的、というのが定説でした。しかし、基礎代謝を上げて太りにくく痩せやすい体作りのために、筋肉量を増やすことはダイエットの近道でもあります。そのため、ダイエットのための筋トレが注目されています。筋トレをすることで、気になる部分がキュッと引き締まった印象になるだけでなく、基礎代謝が上がるので特別に運動を頑張らなくても痩せやすくなりますよ。

基礎代謝を上げるためにおすすめなのが、スクワット。体の中でも特に大きい、お尻と太ももの筋肉を同時に鍛えることができます。「スクワットをすると太ももが筋肉のせいで太くなるのでは?」と心配になる人もいるかもしれませんが、太くなるほど筋肉を付けるにはかなりストイックにやり込む必要があるので、引き締まることはあっても太くはならないので安心して取り組んでください。

【正しいスクワットのやり方】
①足を肩幅に広げ、つま先はやや外側に向けます
②背筋を伸ばして胸を張ったまま、息を吸いながら腰を落としていきます
③床と太ももが平行になるまで下げたら、1秒キープします
④ゆっくりと元に戻していきます
⑤①~④を30回繰り返します
⑥インターバルを30秒挟んで、さらに2セット行います

筋力がまだ付いていない人には30回×3セットはきついこともあるので、10回×3セット、15回×2セットなどまずは1日30回行うことから始めて、慣れてきたら回数を増やしましょう。インターバルを設けずに90回行うよりも、インターバルを設ける方が筋トレには効果的なので、続けて40回、50回とできるような場合であってもインターバルは設けましょう。

腰を落としていくときは、膝がつま先より前に出ないようにしてください。また、背中を丸めてしまうと腰椎に負担がかかってしまうので注意しましょう。

 

160cmの理想体重を目指す注意点

では、理想体重を目指すために注意していただきたいポイントをご紹介します。

■無理な食事制限はしない
目標の体重を目指すためには、普段の食生活の見直しも重要です。食事は身体に必要な栄養をとる手段なため、無理をせずできることから始めてみましょう。

注意点として食べる量を減らすと、空腹感を感じてしまい、ストレスが溜まりリバウンドのリスクや身体へも悪影響を与えます。できるだけストレスを与えずまずは半日ダイエットなど期間を決めて行いましょう。

■適度な運動
ダイエットは食事制限だけだと限界があります。運動もダイエットには必要不可欠です。しかし、アスリート並の運動は必要ありません。寝る前の5分のストレッチでも毎日続けることでボディラインは変化してくるため毎日続けられることから始めましょう。

また、運動が苦手な方にも取り組みやすいのは、ウォーキングです。ウォーキングをすることでストレス発散も期待できるため無理なくダイエットを続けられることができます。

■睡眠時間の確保
睡眠時間を確保できないと脳が休めずに、酸欠を起こし、普段以上に酸素を必要とします。すると、脳がうまく機能せず体の水分不足が起きやすい、老廃物をうまく外へ出せないため便秘や足がむくむといった症状がでます。

むくみや便秘はダイエットの大敵です。むくみや便秘を改善させることで、体重を減らさなくても見た目をスッキリさせることができます。

■ストレスを溜めない
ダイエット中の食事制限は我慢を伴うもの。しかし、そのせいでストレスが溜まると、ダイエットの目標を達成した後にドカ食いしてリバウンドするもとになってしまいます。せっかくダイエットを頑張ったのに元に戻ってしまっては悲しいですよね。リバウンドの原因となるストレスは溜めないようにしましょう。

そのためには、目標の設定を無理のないものにすること。短期間で急に痩せるような目標を掲げると、どうしても無理が生じます。目安は1ヶ月で1~2kgの減量。これ以上早いスピードだと、我慢することが多くなり、リバウンドしやすくなるだけでなく、ダイエット自体も続けにくくなります。

■プロに指導してもらうのもあり
自己流でダイエットをすると、最初に頑張り過ぎて継続できなかったり、太りやすい習慣に自分では気付けなかったりします。また、食事につい偏りが出て不健康なダイエットになってしまうことも。

健康的かつ効率的にダイエットを行うためには、プロの指導を受けることも考えてみましょう。パーソナルトレーナーがいるジムなら、自分の痩せたい部分やダイエット目標に合わせて、運動指導や栄養指導を受けることができます。また、食事や運動の管理ができるアプリを利用することでも、客観的な視点を設けることができますよ。中にはアプリが食生活の指導をしてくれるものもあるので、栄養バランスが崩れがちな人にはおすすめです。


160cmの方の体重をそれぞれご紹介しました。しかし、あくまでも目安となる数字のためこの数字にとらわれないように注意しましょう。大切なことは、健康的な身体を維持することです。健康な身体を維持するためにも日ごろの食事や運動を見直して自分に合う体型を見つけましょう。