BEAUTY

“目のクマ”ができる原因は?目のクマをカバーするメイク術

目の下にクマができていると、それだけで、なんだか疲れた顔に見えてしまいます。ちゃんと寝ていてもクマができてしまい、一体何故!?と思うこともありますよね。
実はクマには種類があり、原因も種類によって様々なんです。正しい原因と対策法を知って、目のクマを撃退しましょう!

【目次】

 

目の下のクマ対策法:クマの3つの種類と見分け方

目のクマには3つの種類があることをご存知でしょうか?

原因も対策法もそれぞれ異なるので、まずはじめに自分のクマがどの種類なのかを知っておくことは重要です。

クマができている時、あっかんべーをするように目の下の皮膚を下に引っ張るか、目尻を横に引っ張ってみて、色が薄くなるようなら「青クマ」です。

手鏡を持って上を向いてみると薄くなる、またはファンデーションを塗っても消えないクマは「黒クマ」です。

皮膚を引っ張っても上を向いても薄くならないけれど、ファンデーションで消せるクマは「茶クマ」です。

クマ消しのコスメを買う前に、自分のクマのタイプを確かめてみてください。

 

目の下のクマ対策法:病んだ印象の「青クマ」原因と対策

青クマの原因は「血行不良」です。

目の下の皮膚は大変薄いので、目の周りの毛細血管の血流が滞り、それが薄い皮膚を通して青く見えることが青クマの正体です。

血行不良の原因としては、長時間のパソコン作業などによる眼精疲労・睡眠不足・疲労・ドライアイなどがあります。

対策としては、血行を良くすることが主になります。

体をなるべく冷やさないように気を配り、夜はゆっくり湯船に浸かって体を温めましょう。

目の周りを軽く押してマッサージするのもオススメです。

下まぶたの黒目から親指1本分下の位置には、「四白」というツボがあり、ここを押すと目の周りの血行が促されます。

また、血流を良くする鉄分、葉酸などが含まれている食べ物を意識して摂るようにしましょう。

 

目の下のクマ対策法:青クマ対策にオススメのコスメ

青クマ対策には、クマ改善に重要な役目を持つコラーゲンが含まれた美容液を使うといいでしょう。

保湿成分であるセラミドも含まれていれば、さらにベターです。
二酸化炭素には血管拡張作用があるので、炭酸パックも効果的ですよ。

青クマをメイクで隠す時は、反対色であるオレンジ系のコンシーラーを使いましょう。
固形よりも、リキッドや筆ペンの方が使いやすいです。

<ポーラ>オーガ コンシーラー&ベール

¥3,780

販売サイトをチェック
 

目の下のクマ対策法:ゲッソリして見える「黒クマ」原因と対策

黒クマは皮膚の色が変わっているのではなく、皮膚の凹凸による「影」によって黒く見えています。

皮膚に凹凸ができてしまう原因として、老化によるたるみや、眼窩脂肪を支えている眼輪筋の衰え、むくみなどがあります。

対処法としては、眼輪筋の衰えを解消する表情筋トレーニングが有効です。

普段よりもまぶたを2~3mm下げて、薄目を開けた状態を10秒間キープするエクササイズや、指先で目尻の少し上あたりを斜め上に引っ張ってツリ目を作り、その状態のまま10秒間目を閉じるエクササイズを試してみてください。

目尻の端のくぼみ、こめかみ付近にあるツボを押すのも黒クマに効きます。

また、黒クマの特徴として、むくみがあるとより目立ってしまうので、むくみ防止のために塩分は摂り過ぎないよう気をつけましょう。

お肌の老化を防ぐには、体内で生成される酵素を補う酵素ドリンクを飲むのもいいかもしれません。

 

目の下のクマ対策法:黒クマ対策にオススメのコスメ

黒クマの原因はたるみやハリ不足なので、老化防止やハリを与える効果のある目元専用クリームを使うのがオススメです。

成分としてはレチノール、ビタミンCが配合されているものが効果的です。

黒クマは他のクマよりも色が濃いため、メイクで完全に隠すのは難しく、ファンデーションを厚塗りすると余計に目立ってしまいます。

表情筋トレーニングとアイクリームでたるみ、凹みを取るのが一番の対処法ですが、応急処置としてコンシーラーを使うなら、パールが入ったものを目の下の影になった部分に塗り、ハリ感を出しましょう。

隠すために目の下ばかり念入りにメイクしてしまうと、かえって目立って逆効果なので、アイシャドウやリップに目立つ色を投入するなどして、他人の視線をクマからそらすのも手です。

<北の快適工房>アイキララ

¥3,218

販売サイトをチェック
 

目の下のクマ対策法:くすんで見える「茶クマ」原因と対策

茶クマの正体は色素沈着です。

紫外線によるダメージ、落としきれない化粧品、目をこすることによる刺激などから小さなシミやくすみが増え、定着すると茶クマになってしまいます。

目をこする癖がある人、日焼けをするとすぐに黒くなってしまう人にできやすいです。

茶クマの主な原因はメラニン色素なので、美白対策をしっかり行いましょう。紫外線の強い季節はもちろんですが、一年を通してUVケアを徹底することが理想です。

摩擦による刺激も茶クマの原因になるので、目をこする癖がある人はこすらないよう心掛けるようにしてください。

アイメイクを落とす際も、クレンジングオイルでごしごしこするのではなく、専用のリムーバーを使って優しく落とすことでクマを予防できます。

また、メラニン色素の生成を抑えるビタミンCを含む食べ物を意識的に摂ることもオススメです。果物の他に、パプリカやブロッコリーなどにも多く含まれています。

 

目の下のクマ対策法:茶クマ対策にオススメのコスメ

茶クマ対策は、くすみ、シミ対策と基本的には同じなので、美白化粧品を使うと効果的です。

ビタミンC誘導体やハイドロキノンの入ったアイクリームで集中ケアするのがオススメです。

角質の肥厚も茶クマの原因となるので、その場合は定期的にピーリングを行うことで解消が望めます。

また、毎日のクレンジングのやり方に問題があってクマができている場合もあるので、いつも強めにこすらないとメイクが落ちないという人は、リムーバーを見直してみることも大切です。

茶クマをメイクで隠す時は、イエロー系のコンシーラーを使いましょう。

青クマを隠す時と同じく、リキッドか筆ペンタイプを使い、自分の肌より明るすぎる色は避けてください。

<アンプルール>ラグジュアリーホワイトコンセントレート アイ

¥6,480

販売サイトをチェック
 

目のクマをカバーするメイクのポイント5つ

コンシーラー

目のクマを隠して疲れ顔とお別れするためには、正しい方法でメイクすることも大切です。次は、目のクマをカバーするメイクのポイントをご紹介します。

 

目のクマをカバーするメイクのポイント①青クマはオレンジや赤で消す

青クマをカバーするメイクのポイントは青の反対色であるオレンジや赤のコンシーラーを使うこと。青クマをカバーするためにイエローやベージュのコンシーラーを使えば、かえってクマが目立ってしまう可能性があるので、注意しましょう。

オレンジや赤は肌馴染みが悪そうに感じますが、青と混じり合えば、自然に馴染んで綺麗にクマを隠せます。

 

おすすめコスメ▶「excel」サイレントカバー コンシーラー

「excel(エクセル)」のサイレントカバー コンシーラーはさまざまな肌悩みに対応できる3色のコンシーラーパレット。真ん中のオレンジベージュは青みがかったクマに血色感を与えて、お疲れ顔を解消してくれます。

目元のメイクはよれやすいですが、サイレントカバー コンシーラーは肌へ密着度が高く、ヨレにくいことがおすすめのポイント。動きの激しい目の周りにもぴったりとフィットして長時間化粧崩れを防いでくれるでしょう。

「excel」サイレントカバー コンシーラー

¥1,728

販売サイトをチェック
 

目のクマをカバーするメイクのポイント②黒クマは光で飛ばす

黒クマは影によってできるものなので、色をカバーするコンシーラーを使っても綺麗に隠れません。そのため、黒クマが気になる人は光でクマを飛ばすのがおすすめです。

明るいコンシーラーやハイライトで光を集めると、目の周りが明るく見えます。目の周りが明るくなれば、自然に影が目立たなくなるので、黒クマが目立ちにくくなるでしょう。

 

おすすめコスメ▶「CLINIQUE」イーブン ベター スポッツ コンセントレート コンシーラー

「CLINIQUE(クリニーク)」のイーブン ベター スポッツ コンセントレート コンシーラーはスティックタイプのコンシーラー。色むらやシミ、そばかすなどをカバーしてくれるカラーが揃えられています。

中でも、03番のホワイトは黒クマが気になる人におすすめ。白いコンシーラーはカバー力が低そうに思えますが、光を集めて目の周りを明るくしてくれるので、黒クマを自然にカバーできるでしょう。

美白有効成分が配合されているので、色素沈着を起こした目元に透明感を与えたい人にもおすすめです。

「CLINIQUE」イーブン ベター スポッツ コンセントレート コンシーラー

¥4,320

販売サイトをチェック
 

目のクマをカバーするメイクのポイント③茶クマはイエロー系のコンシーラーで健康的に

茶クマが気になる人はイエロー系やベージュ系のコンシーラーで肌の色を整えましょう。色素沈着で茶色になった目元にイエロー系やベージュ系のコンシーラーを塗ると、健康的な雰囲気となり、疲れ顔に見えません。

反対に、オレンジ系や赤系のコンシーラーを使うと、目の周りの色素沈着が強調されることがあるので、青クマ用のコンシーラーは使わない方が無難です。

 

おすすめコスメ▶「laura mercier」フローレス フュージョン ウルトラ ロングウエア コンシーラー

「laura mercier(ローラ メルシエ)」のフローレス フュージョン ウルトラ ロングウエア コンシーラーは美容成分を配合したコンシーラー。重ねても厚ぼったく見えないので、茶クマが濃い人でも目元に自然な透明感を与えられます。

「laura mercier」のコンシーラーはくすみにくく、乾燥しにくい仕上がりで、化粧持ちも抜群。フローレス フュージョン ウルトラ ロングウエア コンシーラーを使っていると、夕方にクマが目立ってしまうこともないでしょう。

「laura mercier」フローレス フュージョン ウルトラ ロングウエア コンシーラー

¥3,456

販売サイトをチェック
 

目のクマをカバーするメイクのポイント④保湿力の高いコンシーラーを使う

目の周りの皮膚はとても薄いので、乾燥しやすいです。そのため、保湿力の低いコンシーラーを使うと、肌が乾燥します。乾燥すると、クマが悪化したり、メイク前よりもクマが目立ったりするため、コンシーラーは保湿力の高いタイプを選びましょう。

保湿力が高いコンシーラーを使うと、乾燥を予防できるので、クマの悪化も防げます。

 

おすすめコスメ▶「Kesalan Patharan」アンダーアイブライトナー

「Kesalan Patharan(ケサラン パサラン)」のアンダーアイブライトナーはファンデーションで隠しきれない目のクマやくすみをカバーしてくれるコスメ。

単色を重ねるのではなく、オレンジ系とイエロー系の2色を重ねてカバーするので、厚塗りに見えず、クマを自然にカバーできます。

オイルと保湿成分が配合されていて、乾燥しにくいこともアンダーアイブライトナーのおすすめポイント。肌にしっかりと密着するので、ヨレたり、シワが目立ったりすることもないでしょう。

「Kesalan Patharan」アンダーアイブライトナー

¥3,240

販売サイトをチェック
 

目のクマをカバーするメイクのポイント⑤コンシーラーを塗りすぎない

クマが気になっていると、コンシーラーを重ね塗りしたくなります。しかし、クマをカバーするために、コンシーラーを重ね塗りするのはやめましょう。

コンシーラーを塗りすぎると、メイクが自然に仕上がらず、透明感もなくなります。目元の透明感が失われると、クマが濃く見えたり、老けて見えたりすることも多いです。クマのカバーのためにコンシーラーを塗る時は、薄く広げてナチュラルにカバーすることを心がけましょう。

コンシーラーを塗った後は、境目をパウダーなどでぼかして肌と馴染ませることもポイントです。

 

おすすめコスメ▶「MAYBELLINE」フィットミー コンシーラー

「MAYBELLINE(メイベリン)」のフィットミー コンシーラーはどんな肌にも馴染むカラーが揃っていることが特徴。自分の肌にぴったりと合う色を見つけると、さまざまな肌悩みをしっかりとカバーできます。

クマにおすすめのカラーは10番と15番。明るめカラーを選ぶことで、目元を綺麗に見せられるでしょう。カバー力はありますが、薄付きなので、厚塗りになる心配もありません。


クマができていると、「寝不足?」「疲れている?」と思いがちですが、実はクマの原因は種類によって様々です。
疲れた印象、老けた印象を与えてしまう前に、クマを発見したらすぐに正しい方法で撃退しましょう!