BEAUTY

肌をトーンアップさせる方法とは?おすすめのアイテムもご紹介!

乾燥やくすみ、シワなどで肌のトーンが暗く見えている人は多いはず。肌のトーンが暗いと、老け顔やお疲れ顔に繋がります。ここでは、肌をトーンアップさせる方法やおすすめのアイテムをご紹介します。

 

肌のトーンが暗いデメリットは?

肌のトーンに悩む女性

「色白は七難隠す」という言葉がある通り、肌が白いとそれだけで美人に見えます。ところが、「日焼けしていないのに肌色が暗い」「最近、ファンデーションが白浮きする」などと肌の色に悩みを抱えている人も少なくありません。

そんな人は肌のトーンが暗い可能性があります。肌のトーンが暗いと、老けて見えたり、疲れた印象になったりするのがデメリット。肌のトーンが暗い時は肌状態が悪いので、トーンアップさせなければ、シミやシワ、肌荒れなどに繋がる可能性も高いです。

 

肌のトーンが暗く見える原因は?

肌のトーンに悩む女性

肌のトーンが暗く見えるのはどうしてなのでしょうか。

■乾燥
乾燥すると、キメが乱れて肌の表面が凸凹になります。凸凹の部分に光が当たると、影ができるので、肌のトーンが暗く見えやすいです。

■血行不良
血液やリンパの流れが悪くなると、肌に栄養が行き渡らず、老廃物が蓄積します。これによって血色が悪くなったり、ツヤが失われたりすると、肌のトーンは暗くなるでしょう。

■過剰な皮脂
ホルモンバランスの乱れなどの影響で過剰に分泌された皮脂が紫外線に当たったり、空気に触れたりすると、肌にダメージが与えられます。ダメージが原因でシミやくすみなどのトラブルが起これば、肌のトーンが暗くなります。

■紫外線ダメージ
紫外線を浴びると、メラニン色素が過剰に生成されます。メラニン色素が増えすぎてシミやソバカスができれば、肌が暗く見えやすいです。また、日焼けした場合も、肌のトーンが暗くなります。

■不要な角質
ターンオーバーが乱れて古い角質が残ると、肌の透明感が失われます。さらに、古い角質が溜まった肌は乾燥しやすいので、キメの乱れが原因で肌がくすむこともあります。

■肌に合っていないベースメイク
肌に合わない下地やファンデーションを使うと、皮脂が出すぎたり、乾燥したりして肌がくすみます。また、肌色に合わないベースメイク用コスメを使っている場合は、メイク中に肌のトーンが暗く見えやすいです。

 

肌をトーンアップさせる方法は?

 

肌をトーンアップさせる方法【1】角質ケア

トーンアップとは肌のトーンを明るくすること。肌がトーンアップすると、老け顔やお疲れ顔を予防できます。ここからは、肌のトーンを明るくする方法についてチェックしていきます。

肌のトーンアップには角質ケアが効果的。古い角質を除去すると、透明感が高まり、肌が明るく見えます。また、角質除去をすると、化粧水や乳液に含まれる美容成分の浸透率が高まり、乾燥を緩和できるため、キメの乱れも予防できるでしょう。

さらに、角質ケアはターンオーバーの活発化にも効果的。シミやくすみの原因となるメラニン色素の排出も促せます。

■角質ケアの方法
・酵素洗顔
・ピーリング
・スクラブ
・クレイパック
など

■角質ケアの注意点
頻繁に角質ケアをすると、肌にダメージが与えられてくすみや肌トラブルに繋がることがあります。肌をトーンアップさせたい人は週に1~2回の頻度で角質ケアを行いましょう。

 

肌をトーンアップさせる方法【2】保湿

保湿重視のスキンケアをすると、キメが整い、肌がトーンアップします。また、潤いを与えると、皮脂の過剰分泌を予防できてターンオーバーも活発化させられます。

■保湿の方法
セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが含まれた化粧水、保湿美容液、乳液、クリームなどでしっかりと潤いを与えましょう。乾燥が気になる場合は、パックなどのスペシャルケアを取り入れるのもおすすめです。

■韓国のウユクリームも効果的
肌をトーンアップさせたい人には韓国のウユクリームもおすすめ。ウユクリームはミルクの成分が含まれたクリームで肌を明るく見せたり、潤いを与えたりできます。全身に使えるため、腕やお腹、脚などを白く見せたい人にも良いでしょう。

 

肌をトーンアップさせる方法【3】UVケア

紫外線は美肌の大敵。透明感のある明るい肌を目指すなら、季節や天気に関係なく日焼け止めを塗って紫外線ダメージを予防しましょう。化粧下地としても使えるトーンアップ効果のある日焼け止めを使うと、自然に肌を明るく見せられます。

日焼け止めと一緒に帽子や日傘、サングラスなどのUVカットグッズを使うのも肌のトーンアップに効果的です。

 

肌をトーンアップさせる方法【4】サプリ

スキンケアや日焼け対策を頑張っても肌のトーンアップに効果を実感できないなら、サプリを服用するのも良いでしょう。肌の土台となるタンパク質や美白に役立つビタミンCなどが配合されたサプリを服用すると、内側から肌をトーンアップさせられます。

 

肌をトーンアップさせる方法【5】ベースメイク

「メイク中に肌が暗く見える」と悩んでいる人はベースメイクを見直してみましょう。トーンアップ効果のあるブルーやラベンダーの下地を塗ったり、ツヤ感のあるファンデーションやフェイスパウダーを使ったりすると、メイク効果で肌が明るく見えます。

なお、トーンアップ系のコスメでも厚塗りすると、透明感が失われて肌のトーンが暗く見えるので、メイクは薄めに仕上げるのがポイントです。

 

肌をトーンアップさせるおすすめのアイテム4選

 

肌をトーンアップさせるおすすめのアイテム【1】肌ラボ(ハダラボ) 白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水

美白有効成分と潤い成分が配合されたプチプラの化粧水。くすみの元になるシミやソバカス、乾燥を予防し、肌をトーンアップさせます。スーッと肌に馴染むため、化粧水のべたつきが苦手な人にも良いでしょう。

 

肌をトーンアップさせるおすすめのアイテム【2】3CE(スリーシーイー) ホワイト ミルク クリーム

「塗ったらすぐに肌がトーンアップする」とSNSなどで話題の韓国生まれのウユクリーム。くすんだ肌を明るく見せるだけでなく、肌の奥に潜んでいるシミもケアします。水分がたっぷりと含まれているため、乾燥対策にもおすすめです。

3CE(スリーシーイー) ホワイト ミルク クリーム

¥3,560

販売サイトをチェック
 

肌をトーンアップさせるおすすめのアイテム【3】TRANSINO(トランシーノ) ホワイトCクリア

シミ対策成分のL-システインやビタミンCを含んだ美白サプリ。メラニン色素の働きを抑え、肌のトーンアップをサポートします。ターンオーバーを正常化させるビタミン類も配合されています。

 

肌をトーンアップさせるおすすめのアイテム【4】LANCOME(ランコム) UV エクスペール トーン アップ n

日常だけでなく、レジャーでも紫外線対策できるSPF50+、PA++++の化粧下地。素肌を守るエーデルワイスエキスが入っています。黄ぐすみしやすい日本人の肌をメイクでトーンアップさせて透明感のある明るい肌を演出します。

LANCOME(ランコム) UV エクスペール トーン アップ n

¥6,380

販売サイトをチェック

肌のトーンが暗いと、老けて見えたり、疲れた印象になったりします。肌が暗いと感じる人はスキンケアや紫外線対策でトーンアップさせましょう。肌を明るく見せるベースメイク用コスメを使うのも効果的です。