BEAUTY

フレグランスオイルとは?エッセンシャルオイルとの違いと使い方8選

フレグランスオイルはいい香りが漂うオイルのこと。アロマランプやリードディフューザーを使って香りを楽しめます。ここでは、フレグランスオイルとエッセンシャルオイルの違いやフレグランスオイルの使い方などをご紹介します。

 

フレグランスオイルとは?

フレグランスオイルはいい香りがするオイル。天然香料から抽出した成分にアルコールや添加物を合わせて作られた人工香料で、天然のアロマオイルには存在しないアップルやホワイトムスクなどの香りも楽しめます。

使用用途は空間やものに香りをつけて楽しむのが一般的。キャンドル作りなどのアロマクラフトに活用したり、アロマランプで部屋に香りを広げたりします。

 

フレグランスオイルとエッセンシャルオイルの違いは?

フレグランスオイルはエッセンシャルオイルと混同されることが多いです。これらの違いは何なのでしょうか。

■エッセンシャルオイルとは?
エッセンシャルオイルは自然の植物の花や葉から抽出された純度100%のオイル。「精油」とも呼ばれていて植物の香りが凝縮されていることが特徴です。

■使い方の違い
フレグランスオイルは、基本的には空間やものに香りをつけるもの。「身体に直接使用できる」と書かれているもの以外は香水にしたり、クリームに混ぜたりできません。

一方、エッセンシャルオイルはお風呂に垂らしてアロマバスにしたり、ベビーオイルに混ぜてアロママッサージしたりできます。ただし、エッセンシャルオイルの原液をそのまま肌に付けると刺激を感じることがあるので注意してください。

■効果の違い
フレグランスオイルは香りを楽しむために使うものです。一方、エッセンシャルオイルはアロマテラピーにも使用でき、香りによってさまざまな効果を期待できます。

■価格の違い
フレグランスオイルは比較的リーズナブルなものが多く、100均などでも購入できます。その一方で、植物から抽出された貴重なオイルだけでできているエッセンシャルオイルは高価です。

 

おすすめのフレグランスオイルの使い方【1】フレグランスランプ

フレグランスランプは、ランプを使って空間にいい香りを広げるアイテム。デザイン性が高いものが多いのが特徴で、おしゃれなフレグランスランプを選べばインテリアにもなります。

■フレグランスランプの使い方
1.フレグランスランプに1/3程度フレグランスオイルを入れる
2.バーナーに火をつける
3.2分後に火を吹き消し、外蓋を被せる
4.十分に香りが広がったら消火キャップを被せる

フレグランスランプを使うと、短時間でフレグランスオイルの香りが部屋中に広がるので、急な来客にも対応できるでしょう。

 

おすすめのフレグランスオイルの使い方【2】リードディフューザー

リードディフューザーとは、オイルが入った瓶に木製のスティックを挿し、香りを拡散させるアロマディフューザー。簡単に作れてお手軽にフレグランスオイルの香りを楽しめます。

■リードディフューザーの使い方
1.瓶に2:8の割合でフレグランスと無水エタノールを入れる
2.木の棒でかき混ぜる
3.木の棒を反対に向けて瓶に挿す

フレグランスオイルの香りが強い時は無水エタノール、弱い時はフレグランスオイルの割合を増やすと、香りを調節できます。

 

おすすめのフレグランスオイルの使い方【3】ポプリ

ポプリはいい香りのする花や葉、ハーブ、スパイス、木の実などを乾燥させ、オイルを混ぜ合わせて瓶などに入れたもの。部屋や玄関に芳香を漂わせたい時に使用します。

フレグランスオイルはポプリに混ぜ合わせるだけでなく、香りが減ってきたポプリに垂らして使っても良いでしょう。

 

おすすめのフレグランスオイルの使い方【4】アロマストーン

アロマストーンは、素焼きでできた石膏や石にフレグランスオイルをかけるだけで香りを楽しめるアイテム。材料費は安いので、リーズナブルに手作りできます。

■アロマストーンの作り方
1.石粉粘土を好みの厚さに伸ばす
2.クッキー型などで好みの形を作る
3.爪楊枝で紐を通す穴を開ける
4.2~3日乾燥させ、紐を通す

クッキー型などで型抜きした後、手に水をつけて形を整えたり、乾かした後にやすりをかけたりすると、綺麗に仕上がります。

 

おすすめのフレグランスオイルの使い方【5】アロマキャンドル

アロマキャンドルは芳香を広げるキャンドル。香りだけでなく、ゆらゆらと揺れる火を見ることでもリラックスできます。フレグランスオイルはキャンドルを作る際に混ぜて使用します。

■アロマキャンドルの作り方
1.鍋に水を入れて沸騰させる
2.小さくカットしたキャンドルを入れて溶かす
3.芯を取り除き、容器に注ぐ
4.芯をセットする
5.フレグランスオイルを入れてゆっくりとかき混ぜる
6.1時間程度待って固める

アレンジしたい時はクレヨンを混ぜて色付けするのがおすすめです。

 

おすすめのフレグランスオイルの使い方【6】アロマワックスバー

アロマワックスバーは板状に伸ばした芯のないアロマキャンドル。「アロマワックスサシェ」「アロマワックスプレート」とも呼ばれていて、置いておくだけで香りが広がります。

また、アロマワックスバーは見た目がおしゃれなのも魅力。ドライフラワーやドライフルーツ、貝殻などを使って自分好みのアロマワックスバーを作ると、インテリアとしても利用できるでしょう。

■アロマワックスバーの使い方
1.サラサラの液体になるまで湯せんでワックスを溶かす
2.数滴のフレグランスオイルを入れてしっかりと混ぜる
3.シリコンモールドに流し込む
4.上が固まってきたらデコレーションをする
5.完全に固まるまで待つ

冷蔵庫に入れると、短時間でアロマワックスバーが固まります。

 

おすすめのフレグランスオイルの使い方【7】アロマサシェ

サシェはポプリなどを入れた布製の袋。箪笥の服の間に置いたり、クローゼットに入れたりすると、服に香りが移ります。香水などと比べて匂いがきつくないので、さりげなくいい香りを漂わせたい人に良いでしょう。

フレグランスオイルはポプリを作る時に使います。

 

おすすめのフレグランスオイルの使い方【8】アロマ石鹸

基本的に、フレグランスオイルは肌につけられませんが、化粧水や石鹸などに混ぜると顔やボディにも使えるものもあります。肌につけられるフレグランスオイルでアロマ石鹸を作ると、香りに癒されながらボディケアできるでしょう。

■アロマ石鹸の作り方
1.無添加石鹸をすりおろし、お湯で溶かす
2.サラダオイルを加えて混ぜる
3.数滴のフレグランスオイルを入れてしっかりと混ぜる
4.型に流して1~2日間乾燥させる

アロマ石鹸はエッセンシャルオイルで作るのが一般的。フレグランスオイルを使った場合、エッセンシャルオイルを使った時と比べて香りの持続時間は長くなりますが、人工的な香りに感じる人もいます。

 

おすすめのフレグランスオイル▶無印良品(むじるしりょうひん) インテリアフレグランスオイル

無印良品(むじるしりょうひん)のインテリアフレグランスセットに入っている磁器ホルダーにセットするだけで簡単にいい香りを楽しめるフレグランスオイル。グリーンやハーバル、シトラスなどから好みに合うものを探してみてください。

無印良品(むじるしりょうひん) インテリアフレグランスオイル・グリーン 60mL

¥990

販売サイトをチェック

フレグランスオイルは天然香料にアルコールなどが加えられたオイル。低価格でいい香りを楽しめるのが特徴です。フレグランスオイルを使って香りに癒されてみてはいかがでしょうか。