BEAUTY

女性に多い洋梨体型って?診断方法や原因とおすすめダイエット

下半身が太りやすい洋梨体型は女性に多い体型です。洋梨体型になると、スーツや細身のデニムなどのファッションが似合わないと悩むことも増えてしまうようです。ここでは、洋梨体型の原因と洋梨体型におすすめのダイエット方法をご紹介します。

 

女性に多い!洋梨体型とは?

洋梨

スレンダーな体型に憧れていても、実際は余分な脂肪が付いてしまっている人が多いはず。憧れの体型に近づくためにダイエットをしても、思うように体重が落ちなかったり、全身のバランスが悪くなったりした経験がある人もいるでしょう。

ダイエットで理想のボディをゲットするためには、自分の体型の特徴を知り、それに合ったダイエット方法を実践することが大切。今回は、下半身太りが目立ちやすい洋梨体型のダイエット方法についてご紹介します。

■洋梨体型って?
洋梨体型とは、下腹が出ていたり、お尻や脚に脂肪が付いたりしている体型のこと。上半身よりも下半身の方が太い体型が洋梨の形に似ていることから、洋梨体型と呼ばれています。

■洋梨体型に悩む女性は多い
女性は洋梨体型に悩む人が多いです。これは女性ホルモンが皮下脂肪の合成を促す性質を持っていることや、妊娠や出産の時に、下半身に脂肪が溜めこまれることが関係していると考えられています。

 

あなたはどれ?洋梨体型・リンゴ体型・バナナ体型の診断方法

ダイエットに成功した女性

自分の体型タイプを知りたい人は洋梨体型、リンゴ体型、バナナ体型の特徴を確認し、どれに当てはまるのかを診断してみましょう。

■洋梨体型の特徴
・下半身が太い
・お尻が横に大きい
・太ももの贅肉が多い
・太りやすく、痩せにくい
・骨格ががっしりとしている

■リンゴ体型の特徴
・お腹が太く、くびれがない
・上半身から太り始める
・内臓脂肪が多い
・ダイエット後にリバウンドしやすい
・基礎代謝が低い

■バナナ体型の特徴
・スタイルのバランスが良い
・10代や20代の間は太りにくい
・筋肉が付きにくい
・太ると痩せにくい
・冷え性や胃腸の弱さに悩んでいる

 

洋梨体型の原因とは?

洋梨体型の女性のヒップ

洋梨体型にはさまざまな原因が関係しています。

■脂肪の付きすぎ
糖質や脂質の多い食事を摂っていると、余分な栄養が皮下脂肪として蓄積されて、洋梨体型になります。特に、ご飯やパン、パスタ、スイーツ、揚げ物などを好んで食べている人は、脂肪の付きすぎによる洋梨体型に注意が必要です。

■むくみ
塩分の多い食事を摂っていたり、血行やリンパの流れが悪くなっていたりすると、脚がむくんで洋梨体型になることがあります。

また、血液やリンパを循環させる筋肉の働きが低下した場合も老廃物や水分が溜まるので、運動不足の人もむくみで洋梨体型になりやすいです。

■骨盤の歪み・開き
姿勢や座り方、出産などが原因で骨盤が歪んだり、開いたりしている場合も、洋梨体型になります。骨盤が歪んだり、開いたりしていると、骨盤底筋が衰えて内臓の位置が下がるため、下腹がぽっこりと出て下半身太りしやすいです。

また、骨盤の異常によって下がった内臓は正常に働きません。内臓の働きが弱くなると、代謝が下がって脂肪も蓄積されやすくなります。

 

洋梨体型におすすめのダイエット方法【1】食生活の改善

ビタミンB2を含む食材

食生活の改善はダイエットの基本です。食べ過ぎや栄養の偏りに気を付けて、脂肪の蓄積を予防しましょう。

■糖質や脂質の摂取量を減らす
糖質や脂質を摂りすぎると、下半身太りに繋がる皮下脂肪が蓄積されます。洋梨体型をアプローチしたい人は炭水化物や油っぽい食べ物の量を減らしましょう。

■ビタミンB2を摂る
ビタミンB2は脂質や糖質の代謝を促す栄養素です。ダイエット中も積極的に摂取して、脂肪の燃焼を促進させましょう。

<ビタミンB2を含む食品の例>
落花生、レバー、牛乳、卵など

■塩分を減らしてカリウムを摂る
むくみが原因で洋梨体型になっている人は、体に水分を溜めこむ塩分の摂取量を減らし、余分な塩分を排出するカリウムを摂りましょう。

<カリウムを含む食品の例>
ヒジキ、サツマイモ、大豆、柿など

 

洋梨体型におすすめのダイエット方法【2】冷え性の改善

冷え性緩和に役立つ温かいお茶

体が冷えると、血行が悪くなって代謝が低下したり、むくんだりします。女性は体が冷えやすいので、季節に関係なく冷え性対策をして洋梨体型の解消を目指しましょう。

■冷え性のアプローチ方法
・毎日湯船に浸かる
・温かいお茶や白湯を飲む
・体を温める下着を着る

 

洋梨体型におすすめのダイエット方法【3】筋トレ

筋トレをすると、代謝が上がって脂肪の燃焼が促進されます。また、血液やリンパを循環させる筋肉を鍛えると、水分や老廃物の排出がスムーズになるので、むくみも起こりにくいです。洋梨体型の人は、主に下半身を鍛えられる筋トレで理想の体型を目指しましょう。

ジムに行かず、自宅でできる下半身の筋トレをご紹介します。

■洋梨体型を解消するスクワット
1.足をお尻より広めに開いて立つ
2.つま先を外側に向け、手を腰に当てる
3.息を吐きながらお尻を後ろに下げる
4.息を吸いながら戻る

一日10回×3セットを目安に繰り返しましょう。一日おきのトレーニングでOKです。お尻を下ろした時に膝をつま先より前に出さないようにしてください。

■洋梨体型を解消するレッグレイズ
1.仰向けに寝転ぶ
2.足の裏が天井に向くように脚を伸ばす
3.背中が反らない部分まで脚を下ろす

一日10回×3セットを目標に行いましょう。きつくても膝を曲げないように注意してください。

 

洋梨体型におすすめのダイエット方法【4】有酸素運動

ウォーキング中の女性の足

有酸素運動は脂肪を燃焼してエネルギーを作り出す運動です。筋トレで代謝を上げた後に有酸素運動を行うと、効率的に痩せられるでしょう。

■有酸素運動の例
・ウォーキング
・ランニング
・ヨガ
・水泳など

■洋梨体型を改善する有酸素運動のポイント
有酸素運動では、運動開始後20分経った頃から脂肪の燃焼が始まると考えられています。下半身に付いた余分な脂肪を落として洋梨体型にアプローチしたい人は、30分以上運動をするのがおすすめです。

 

洋梨体型におすすめのダイエット方法【5】マッサージ

女性の脚

脚にセルライトができてしまっている人は、マッサージを行いましょう。セルライトは脂肪細胞と老廃物が絡まりあってできたもので、増えると肌の表面がオレンジの皮のようにボコボコしてきます。

■セルライトを解消するマッサージの方法
1.足首から膝までを両手の第三関節の骨で挟んで引き上げる
2.雑巾を絞るようなイメージでふくらはぎをマッサージする
3.膝裏を押す
4.膝から脚の付け根を手のひら全体でさすり上げる
5.雑巾を絞るようなイメージで太ももをマッサージする

 

洋梨体型におすすめのダイエット方法【6】骨盤矯正をする

骨盤の歪みが原因で洋梨体型になっている場合は、エクササイズをしたり、グッズを使ったりするのが良いでしょう。

■骨盤矯正におすすめのエクササイズ
1.脚を伸ばして座る
2.姿勢を正し、つま先を天井に向ける
3.手を振りながら片方ずつお尻を上げて前に進む
4.10歩進んだら10歩下がる

3分間を目安に繰り返しましょう。慣れてきたら運動時間を増やすと、効果がアップします。

■骨盤矯正ベルトを使うのもあり!
出産後に骨盤が開いた人や、姿勢や座り方で歪んだ骨盤を元に戻したい人は、骨盤矯正ベルトを使うのもおすすめです。産後の骨盤矯正を目的にベルトを使う場合は、専用のものを選びましょう。

 

洋梨体型におすすめの骨盤矯正ベルト▶magico(マジコ) 骨盤キュっと!

歪んだり、開いたりした骨盤をキュっと引き締めてくれるベルト。伸縮性が高いので、無理なく快適に装着できます。アウターに響かない薄手タイプなので、外出先でも骨盤矯正をして対策したい人におすすめです。

magico(マジコ) 骨盤キュっと!

¥2,036

販売サイトをチェック

洋梨体型は下半身太りが目立つ体型。脂肪やむくみ、骨盤の歪みなどが原因で引き起こされると考えられています。洋梨体型が気になる人は、自分に合ったダイエット方法で理想のボディを目指しましょう。