LIFE STYLE

産後に骨盤矯正が必要な理由は?おすすめエクササイズや骨盤ベルトも

産後には骨盤矯正がおすすめ。妊娠すると先輩ママからそんな話を耳にすることもあるかもしれません。でも、どうして産後に骨盤矯正がおすすめなのでしょうか。その理由や注意点、おすすめのエクササイズなど、産後に役立つ情報をご紹介します。

 

どうして産後に骨盤ケアが必要なの?

花と鳥かご

◆出産すると骨盤が緩む

妊娠すると、女性の体の中では「リラキシン」というホルモンが分泌されます。このリラキシンというホルモンは、靭帯をゆるめて骨盤を開く働きをもっています。

最も骨盤が大きく開くのは、出産のとき。骨盤をしっかり開くことで、赤ちゃんがスムーズに産道を通れるようにしていきます。


◆骨盤が元に戻るためには

出産が終わると、時間をかけてゆっくりと骨盤が元に戻っていきます。しかし、このときに日常生活の中で横座りが多い、猫背になりやすいなどの習慣があると、間違った場所に骨盤が固定されていってしまいます。

正しい位置に骨盤を固定するためには、生活習慣を正して骨盤をケアしてあげることが大切です。

 

産後に骨盤矯正をするとどんな効果やメリットがあるの?

笑顔の女性

骨盤は、体のさまざまな筋肉と繋がっているとても大切な場所。骨盤の位置が間違っていると、スタイルが崩れたり体に不調をきたすことがあります。
歪んだ骨盤を矯正することは、こういった不調のケアに繋がります。


◆骨盤矯正でスタイルアップ

骨盤が前や後ろに傾いたり歪んだ状態で固定されてしまうと、骨盤周りの血行が悪くなり代謝が悪くなってしまいます。すると、ぽっこりお腹や下半身太りの原因に。産後太りがなかなか解消されないのは、骨盤の歪みが原因かもしれません。

骨盤を正しい位置に戻すことは、産後に崩れてしまいがちなスタイルをキレイな状態に戻すことにも繋がります。


◆骨盤矯正で健康をサポート

骨盤の位置が歪むと、尿もれや腰痛、肩こり、冷え性など体にさまざまな不調を引き起こす原因に。骨盤を正しい位置に戻すと、こういった不調をケアして健康をサポートすることができます。

 

骨盤矯正は産後いつからいつまでやればいいの?

花

◆産後1ヶ月はゆっくり休んで

出産が終わり緩んだ体に気落ちして、すぐに骨盤矯正をしたい!と思う人もいるかもしれませんね。
しかし、産後すぐは「産褥期」といって、体が必死に妊娠前の状態に戻ろうとしている時期です。子宮が縮み、剥がれ落ちた胎盤や子宮内膜を排出するため「悪露(おろ)」という出血も続きます。この時期に骨盤矯正をしてしまうと、悪露の排出を妨げ、体に大きな負担を与えてしまうことになります。

無理に急いで骨盤矯正をしてもいいことはありません。むしろ、痔や腰痛、尿もれ、産後うつなど体の不調に繋がってしまうため、産後1ヶ月の間はとにかく体を休めることに集中してくださいね。


◆骨盤矯正は2ヶ月目~6ヶ月目の間がおすすめ

産後1ヶ月の間しっかりと体を休ませたら、そろそろ骨盤ケアを始めてもいい頃です。回復の速さは人それぞれ個人差があるので、体の状態に合わせて骨盤ケアを取り入れていきましょう。

産後、緩んだ骨盤が元に戻り固定されるまで約6ヶ月かかると言われています。6ヶ月を過ぎてからは、ある程度骨盤まわりの靭帯が固まってくるため、骨盤矯正にも時間がかかります。
産後の骨盤矯正は、骨盤を矯正しやすい6ヶ月目までの間に行うといいでしょう。

 

産後に骨盤矯正を行う注意点

メモ

◆帝王切開の場合は2ヶ月目を過ぎたころから

出産方法には、自然分娩と帝王切開があります。帝王切開の場合、自然分娩よりも体の回復に時間がかかるため、骨盤矯正は医師と相談のうえ始めるようにしましょう。


◆悪露が続く場合は体を休ませることに集中して

体の回復にかかる時間は、人それぞれ違います。無理に骨盤矯正を始めてしまうと、体に大きな負担がかかり不調を引き起こしてしまうこともあります。
産後1ヶ月目を過ぎても悪露が続く場合や、痛みがあるなど体調がすぐれない場合は、無理せずしっかりと体を休めてくださいね。

 

産後におすすめの骨盤矯正エクササイズ

親子でエクササイズ

出産を終えると、骨盤の底にある「骨盤底筋」が緩んだ状態になっています。

骨盤底筋とは?
骨盤の底に広がる筋肉で、子宮や膀胱など骨盤内にある内臓を支える働きをもっています。
膣や肛門、膀胱などを締める働きもあるので、ここが緩むと尿もれの原因に。

骨盤底筋の緩みを改善して開いた骨盤を締めるためには、エクササイズが効果的。とても簡単なエクササイズなので、産後1ヶ月を過ぎた頃から少しずつ始めてみましょう。

 

骨盤底筋を鍛えるエクササイズ

ラベンダー

骨盤底筋エクササイズのやり方

1.仰向けに寝る
2.足を肩幅程度に開き、膝を曲げる
3.下腹部に手を置く
4.膣と肛門をぐっと締め、頭の方に向かって引き上げるイメージで力を入れる
5.15秒ほど続けたら、45秒ほどゆるめる
6.1~5を繰り返す

こちらの動画では、骨盤底筋の位置を確認するやり方もご紹介しています。
筋肉を鍛えるときは、どの部分を鍛えているのか意識することがとても大切です。
また、椅子を使った骨盤底筋エクササイズなどもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

産後の骨盤矯正におすすめのアイテム

小物

骨盤を締めて正しい位置に固定してくれる「骨盤ベルト」や「ガードル」は、産後の骨盤矯正におすすめのアイテムです。

ただし、こういったアイテムだけに頼るのはおすすめできません。
最終的に骨盤を支えるのは筋肉です。骨盤ベルトやガードルなどのアイテムは、あくまで骨盤を正しい位置に固定する「サポート」と考え、骨盤底筋エクササイズなどと一緒に取り入れるようにしましょう。

また、間違った位置につけてしまうと歪みや痛みの原因となってしまうこともあります。骨盤ベルトを初めてつけるときは、医師や助産師さんに正しいつけ方を教わるようにしましょう。

 

産後におすすめの骨盤ベルト▷WACOAL(ワコール) 産後骨盤ベルト

補正下着も手がける有名下着メーカー「WACOAL(ワコール) 」が、日本助産師会と共同開発した産後骨盤ベルト。骨盤底筋をサポートするように、ヒップの下から斜め上に向かって支えてくれるベルトです。

体型に併せて締め具合を調節できるのも嬉しいポイント。骨盤はしっかりサポートするのにお腹は押さえつけないから、優しいつけ心地です。

WACOAL(ワコール) 産後骨盤ベルト

¥4,860

販売サイトをチェック
 

産後におすすめの骨盤ガードル▷WACOAL(ワコール) シェイプマミーガードル

こちらもWACOAL(ワコール)が開発した助産師会推奨の産後用ガードルです。骨盤ベルトと同じ骨盤周りの3つのポイントをサポート。骨盤を支えながら、産後に気になるお腹やウエストラインをすっきり見せてくれます。

◆WACOAL(ワコール) シェイプマミーガードル
定価:14,000円(税抜)

 

プロの手を借りるのもおすすめ

チューリップ

より正確に骨盤を正しい位置に戻したいという人は、整体やカイロプラクティックなどでプロの手を借りるのもおすすめです。

どの骨盤ケア方法でもそうですが、骨盤は一度矯正したら終わりというわけではありません。
骨盤は生活の中で日々ゆるんだり歪んだりしていくため、整体やカイロプラクティックを受ける場合は何度か通院する必要があります。

そのため、産後1ヶ月目を過ぎ、無理なく通院できるようになってから通うようにしましょう。往診が可能なところであれば、利用してみるのもおすすめです。

通院を始めるときは、産後どのくらい経過しているか、体の不調や痛みはないかなどをしっかり伝えておきましょう。


骨盤は体を支える大切な部分です。骨盤の位置や形が歪むと、さまざまな体の不調の原因に。出産後なかなか落ちない腰回りのお肉も、実は骨盤の緩みが原因かもしれません。産後半年までの間は、骨盤矯正に最適な期間です。体が落ち着いたら、焦らずゆっくりと骨盤ケアを始めてみませんか。