LIFE STYLE

キャンドルの効果や正しい使い方は?炎のゆらめきでリラックス!

部屋でのリラックスタイムにキャンドルを使っている、という方は多いのではないでしょうか。暮らしのなかにキャンドルがあるだけで、華やかでおしゃれな雰囲気になりますよね。そこで今回は、キャンドルの種類や効果、キャンドルの効果を高める使い方などをまとめてご紹介します。

 

キャンドルの種類は?

色々なキャンドル

使うだけで癒し効果のあるキャンドル。プレゼントで貰ったり、好きで集めている方も多いのでは?
そもそもキャンドルには、どんな種類があるのでしょうか。

■ベーシックキャンドル

円柱や長方形、スティック型などベーシックな形状のキャンドルは、古くから世界中で愛されています。大きさも種類が豊富なので、燃焼時間に合わせてサイズを選ぶと良いでしょう。使うことで形が変化していく様子を楽しむのもベーシックキャンドルの魅力です。

■フローティングキャンドル

フローティングキャンドルは、水の上に浮かべて使います。フローティングとは、英語で「浮いている」という意味。水よりも軽いロウの性質を利用しつつ、水の上に浮かべやすいように形作られています。そのため、お風呂での使用も可能。

■カップキャンドル

カップキャンドルとは、アルミやプラスチックのカップに入ったキャンドルのこと。そのまま使うのではなく、カップごとガラスや陶器の耐熱容器に入れて使用します。ロウ垂れしないので、初心者さんにも扱いやすいですよ。

■流し込みキャンドル

瓶や缶などに直接ロウを流し込んで作られる流し込みキャンドル。耐熱容器を用意することなく、そのまま使えるのが嬉しいポイント。ドライフラワーなどを一緒に入れてロウを流し込んで固めたキャンドルは、ボタニカルキャンドルと呼ばれ、インテリアとして愛用している人も多いです。

■モチーフキャンドル

キャラクターやお花など、様々な形のモチーフをかたどったモチーフキャンドル。プレゼントや記念品などに良く使われています。そのまま使うとロウ垂れするので、耐熱プレートなどに置いて使いましょう。

他にも、パラフィンワックスやパームワックス、ソイワックス、ジェルワックス、ミツロウなど、原料による違いもありますよ。

 

キャンドルがもたらす効果は?

キャンドルの灯りのなかでリラックスする女性

キャンドルには嬉しい効果が盛りだくさん。

■炎のゆらぎによるリラックス効果

炎がゆらゆら揺れているのを見ていると落ち着く……と感じたことがある方も多いのでは?不規則な炎の揺れは、「1/fゆらぎ」と呼ばれ、心を落ち着かせてくれる効果があります。キャンドルに火をつけ、見つめているだけでリラックスできますよ。

■マイナスイオンによる癒し効果

キャンドルをつけるとマイナスイオンが発生する、と言われています。なんとキャンドルから発生するマイナスイオンの量は、滝や森林浴などで浴びることのできるマイナスイオンの数倍。
家にいてもキャンドルを使えば、大自然にいる時のような癒し効果を得ることができます。部屋の空気を綺麗に清浄してくれるのも嬉しいですね。

■消臭効果

アロマキャンドルは、部屋を消臭してくれる効果があります。良い香りが部屋に広がると、テンションが上がること間違いなし。来客前にアロマキャンドルを使えば、生活臭をごまかすこともできますよ。

 

キャンドルの使い方や注意点は?

キャンドルに火をつける女性

キャンドルの使い方はいたってシンプル。

安定した場所にキャンドルを置き、キャンドルの芯の根元の方に火を付けるだけです。

ただし、キャンドルの効果を長く楽しむためには少しポイントがあります。

キャンドルは1度使ったら表面のロウが溶けるまで1時間以上は火を灯し続けるようにしましょう。すぐに火を消すと、キャンドルが均等に溶けず寿命が短くなってしまいます。また、2、3時間経ったら一度火を消して、芯のメンテナンスを行ってくださいね。ロウが固まるのを待って再度火をつけるとキャンドルが長持ちします。

芯が長い場合は、5ミリから6ミリ程度になるようにハサミでカットして使いましょう。

 

香りによってキャンドルの効果は異なる!

キャンドルとラベンダー

アロマキャンドルは香りによって効果が異なります。

・ラベンダー
緊張などをほぐし、リラックスしたい時

・カモミール
ストレスでイライラするのを抑えたい時

・レモン
集中力や記憶力を高めたい時

・ベルガモット
落ち込みや高揚など、気分のムラが激しい時

・サンダルウッド
高ぶった神経を落ちつかせたい時

ぜひ、お気に入りのアロマキャンドルを探してみてくださいね。

 

キャンドルの効果を高める使い方は?

キャンドルヨガをする女性

キャンドルの効果をより感じるためには、部屋を綺麗にしてリラックスできる環境を整えるのも大切。ヒーリング音楽などをかけるのもおすすめ。

部屋は炎が見えるように少し暗くしておきましょう。

また、キャンドルを灯しながら瞑想したり、ヨガを行うのもリラックスするためには効果的です。

 

キャンドルは癒し以外の効果も!

カップルとキャンドル

キャンドルは、癒し効果の他にも雰囲気をおしゃれに盛りあげてくれる効果もありますよ。料理の周りに飾ったり、部屋のインテリアにするだけでロマンティックで素敵ですよね。

お家デートの時などには、ぜひキャンドルを上手に活用してみてはいかがでしょうか。
マンネリ気味の恋愛関係も修復できるかもしれませんよ。


キャンドルの効果や種類、上手な使い方などをご紹介しました。キャンドルを毎日の生活に取り入れるだけで、気分が上がりそうですよね。ぜひこの機会に、お気に入りのキャンドルを見つけてみてはいかがでしょうか。